週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言" (Page 2)

キリストの平和         教会員

例年八月の平和月間は、争いのない世界が実現しますように、また、隣人と平和に共存していくことができますように、皆で祈りを合わせる時と思ってきた。今年はコロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、世界が先の見えない不安におびえている。改めて平和とは何か問われている。

聖書には、「実に、キリストはわたしたちの平和であります。」エフェソ2:14と書かれている。平和の土台はキリストである。どういう事だろうか。自分の信仰生活を振り返ってみる。信仰生活の初めにおいては罪を悔い改め、キリストを救い主と信じ、神の赦しを実感した。年月を経て、「キリストの十字架わが罪のためなり」の思いが軽く弱くなってきたのではないのか、日々悔い改め、十字架を仰ぐことが形式化しているのではないのか示された。天地の創り主なる神の存在も、時として自分の願いを叶えてもらう小さな存在にしているのではと思わされた。神は全知全能であり、歴史を貫きその御業をなしたもうお方、私たちはその御業のために用いていただく存在である。神の偉大さ、清さ、十字架の死を通して、神と罪人たる私たちを和解させてくださったキリスト。その十字架の広さ深さを思わずにはいられない。

教会は、キリストをかしらとするキリストのからだである。私たち一人ひとりはその肢体である。十字架の恵みを安価な軽いものにしてはいけない。キリストを土台として平和を祈る者でありたい。教会はこの世のただ中にあって世に属さず、クリスチャンもこの世のただ中に遣わされているが、キリストのものとされている。

私は礼拝には出ています、祈禱会にも出ています、毎朝聖書を読み祈っています、それだけでは自己満足の信仰生活ではないのか問われているように思う。仕事も退職し、今、さまざまに問い直す機会が与えられ、感謝である。そういう中で改めてアシュラムの働きにすごさを覚えている。御言葉への聴従、御言葉に聴き従うこと。自己中心的な信仰から神中心の信仰生活へと転換をしていきたい。主に希望をおき、キリストの平和の実現のため祈っていきたい。

わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」

エレミヤ書29章11節

石を投げてはならない            教会員

皆さんの記憶にも新しいと思いますが、7月に母親が3歳の娘を家に残して旅行に行き、残された娘が餓死をするという事件がありました。あまりにも可哀そうで胸が引き裂かれそうでした。当然、ネット上ではこの母親に対して誹謗中傷の言葉が溢れ、まるで悪魔のように取り扱われていました。私もこんな人に母親になる資格はないと思いました。しかし、自分の母親っぷりを思い返してみたとき、私は決して彼女を責めることはできないと思いました。もし私もたった一人で子供を育てていたとしたら、どうなっていたかはわかりません。何度「ママ」でいることから逃げたいと思ったことでしょう。一人になりたい、自由な時間が欲しい、これは子育て真っ最中のお母さんなら、誰でも思うことではないでしょうか。もちろん彼女が犯してしまったことは、取り返しのつかないことです。しかし、彼女を責めるだけでは何も解決しません。

近年、こうしたネット上での誹謗中傷は社会問題になっています。場合によっては相手を死に追いやることもあります。私たちの言葉は剣よりも鋭い凶器になる可能性があるのです。顔見知りであれば言わないようなことも、相手が誰だかわからないのをいいことに、精神がボロボロになるまでひどい言葉をあびせ続ける。ここには人間の罪深さがよく表れていると思います。

現在、日本は、基本的人権が憲法で保障されています。しかし、私たちはハラスメントや差別、誹謗中傷など、手でつかむことができない空気や言葉による攻撃に怯えながら生きているように感じます。冒頭でお伝えした事件について色々と考えたとき、イエス様の言葉がふと頭に浮かびました。ヨハネによる福音書8章は、「姦淫の罪を犯した女」の箇所です。周囲の人々が石打の刑を望む中、イエス様はこう言われます。「あなたがたの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」このイエス様の言葉に、平和を創り出す者として生きるヒントが隠されているように思います。自分のことは棚に上げ、何か気に食わないことがある度に相手を責めていては、いつまでたっても平和な世界は訪れないでしょう。まずは自分自身の行いに目を向け、投げかける言葉をよく吟味し、相手の気持ちに寄り添う。そういう人になりなさいと、イエス様は今日も語り語りかけてくださっていると思います。

イエスは再び言われた.。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩まず、命の光を持つ。」ヨハネによる福音書8章12節

 

 

平和月間を迎えて―平和を作る試み    教会員

コロナ感染は増えたのだろうか?と不安を感じながらスマホやネットで確認するのが日課になった。オンライン授業をしている大学等を除いた小・中・高校とも再開されている最近では、各自が意識しながら感染を防衛している。

戦後75年過ぎて、世界は平和を願いつつ歩んでは来たものの、経済中心の競争社会が頂点に達して混沌とした有様でもがき行き先を見失っている気がする。結果、自然破壊も頂点に達し人間性喪失に支配され誰もが孤独に過ごし、『戦争』と名付けられなくても内実的に冷え切った世界を生きているのかも知れない。はからずも新型コロナ感染症で世界中が試練の中に置かれ始めたが、そんな中、教会では平和月間が設けられて、今を見つめなおす時が与えられて感謝である。

世界中の感染状況に胸ふさぎながらも身近なところでは、感染を経験しなかった近所や教会に繫がる家族などでも、自粛生活や様々な不安感からくるストレスから逃れるのは困難を極めた試練だと思う。しかし薄々ではあるが、多くの人は身近な人々との共存を願い、物に支配されない人間性の回復を模索し始めていると思う。すっかり孤独になって寂しい社会から、生身の体・心・魂をさらけ出していいのだと気づき始めてはいないだろうか。孤独をスマホやネットで埋めるのではなく、しばらくは「三密」を避けるスタイルでも生身の体・声・言葉を交わし始めることが必要である。それは共存とか、助け合い、隣人愛ともいえる。ぶつかり合いもあってもいい。

ただし、最も見失っていけないのは「自分」である。一人一人が神様に創られた人格である。特質も弱さもある素晴らしさは、一緒に・共に生きれば活かされると思う。一人一人が「自分」を持ち、各々心に「自分の領域」を与えられている。「自分の領域」は「自分」しか分からない。話す相手やコミュニケーションをとる相手にお互い誤解を感じたら(「自分」の領域を踏みにじられたと感じたら)きっぱりと違うと伝える。伝えないと、例えば足を踏んづけている相手に痛いですよと言わないのと同じで伝わらないし、「自分を曲げる」結果になり、痛みから解放されることはない。一人でできなければ大声出して他に助けてもらってもいい。話し合いなど繰り返し助け合う時、平和の主が助けて解決してくださる。

「戒めを守る人は魂を守る。自分の道を侮る者は死ぬ。」箴言19章16節

 

 

神の栄光のために

私がバプテスマを受けた時、教会の方々からお祝の言葉が記された色紙を戴いた。その言葉の中に、「恥はわがもの、栄光は主のもの」とあった。私はこの言葉にいたく感激して、「私の人生は、恥をかいてでも、主に栄光を現していこう。」と決意した。あれから、半世紀が経ったが、今もその決意は変わることはない。神は、私の罪深さや過ち、失敗や弱さを用いて、栄光を現してくださるのである。なんと感謝なことか。

私たちの人生の目的は何か、『ウェストミンスター小教理問答書』では下記のように記されていた。「人のおもな目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことです。」と、人間の生きる目的を、「神の栄光をあらわすこと」「永遠に神を喜ぶこと」であると語る。そして、「旧新約聖書にある神の御言葉だけが、私たちに神の栄光をあらわし神を喜ぶ道を教える、ただ一つの基準です。」と、聖書の御言葉こそ唯一の指針であると語る。

「神は御自分にかたどって人を創造された。」創世記1:27。「わたしの栄光のために創造し、形づくり、完成した者。」イザヤ43:7。私たち人間は、自分の栄光を現すためにではなく、神の栄光を現すために創造された。つまり、神がいかに偉大であり、聖く、力強く、慈しみ深いお方であるかを、私たちの人生を通して現し、神を喜びとし、主を賛美していくことである。「あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。」Ⅰコリント6:20。つまり、主の十字架の贖いによって救われた人生を用いて、神の栄光を現す生き方をすることである。それは自分の力だけではできないが、私たちの内に働いてくださる主の力によってできるのである。

私たちは教会生活で、神の栄光を現そうとしてはいないか。礼拝を捧げ、祈りを捧げ、献金を捧げることは、神の栄光を現すことであるが、それだけでは不十分である。「だから、あなたがたは食べるにしろ飲むにしろ、何をするにしても、すべて神の栄光を現すためにしなさい。」1コリント10:31「食べるにも、飲むにも、何をするにも」とあるように、生活の隅々にまで、神の栄光を現して生きることが求められている。飲食が普通にできるならば、神の栄光を現すことも普通にできる。日々の生活のただ中で、家庭で、職場で、地域で、人々との関わりの中で、神の栄光を現すことが求められている。神の栄光のために、私たちにできることは沢山ある。神を喜ぶとは何か、真剣に求めたい。そして、神の栄光のために、人生を明け渡していきたい。バッハが楽譜の最後に「ただ神の栄光のために」と記したように、私たちの人生もそう記したいものである。

 

イエスこそ私たちの主

アシュラムでは、「イエスは主なり」という挨拶をよく交わすが、この挨拶は、アシュラムの専売特許ではない。初代教会では、「すべての舌が、『イエス・キリストは主である』と公に宣べて、父である神をたたえるのです。」フィリピ2:11と言って、「イエスは主である」と呼んだ。又、「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。」ローマ10:9と言って、救いにあずかるために最低限必要な信仰告白の内容が、「イエスは主である」であった。

「イエスは主である」とは、私たちとってどんな意味があるか。第一に、私たちに希望と慰めを与える。『ハイデルベルク信仰問答』「生きている時も死ぬ時も、あなたのただ一つの慰めは何ですか。」の問いに対して、その答えとして、わたしがわたし自身のものではなく、身も魂も、生きるにも死ぬにも、わたしの真実な救い主、イエス・キリストのものであることです。とあった。人間の最大の問題は、聖書によると、罪と死である。罪は死という結果を招き、誰も死から逃れられない。しかし、主は天と地の一切の権能を持っておられるので、罪も死も私たちを神の愛から引き裂いて滅ぼすことはできない。生きている時も死ぬ時も、主は私たちを捉え、私たちを何ものにも渡されない。

第二に、私たちは主イエス以外の何ものをも主とせず、それに従わない。イエスを主と告白することは、私たちの身も魂も主のものであり、主イエス以外に私の主人はいないという意味である。しかし、この世には、私たちを支配し、私たちの主になろうとするものがいっぱいあるのではないか。気をつけないと、仕事や趣味や娯楽が方が主になり、いつの間にか時間も体も心も奪われ、信仰生活が二の次になることが起こり得る。「イエスは主である」とは、「イエスこそ主である」という告白であって、「イエスも主である」という告白では決してない。「イエスは主なり イエスは主なり 仕えまつらん ひたすら 主なるイエスに」新生讃美歌287を、わが信仰告白として賛美したい。

第三に、「イエスが主である」との告白が、教会の正しいあり方を教える。『使徒信条』では、「私の」主イエスではなく、「我らの」主イエスと語る。私たち一人一人は主を信じても、意見の相違が起って、誤解を生んだり、対立することがある。しかし、主イエスに対する信仰を失わない限り、トラブルが起きても、修復できる。一番大切なことは、「イエスこそ私たちの主である」という信仰である。これさえあれば、少々のことがあっても、教会は立ち続ける。「我らの主イエス・キリストを信ず」を大事にしたい。

 

心を一つにして祈り合おう!

6月より、祈祷会も再開され、熱心に祈りが捧げられている。祈りは「神との対話である」と言われるように、御言葉を聴き、祈りの課題に添って祈り合う。ただ、密にならないように、組祈祷は避けて、一斉に各自で祈り、最後に「主の祈り」で閉じる。祈祷会は、教会にとって、礼拝と並ぶほど大切なものである。それは船の機関室のようなものである。機関室は、奥まった小さな部屋にあるが、それによって船が動かされるように、教会の働きも祈祷会によって動かされる。祈祷会の盛んな教会は、生き生きとした働きを生み出すが、祈祷会の衰えた教会は、教会の働きも衰退していく。

祈りは力である。神が私たちの祈りを聞いてくださり、その祈りに対して神が働いてくださる。私たちは、祈ることによって、力を与えられる。祈りこそ力の源であることに気づく。そして祈祷会の必要性を感じる。祈祷会に参加したくてもできない方から、「自分も含めて祈祷会に参加できない人が大勢いるけれども、教会がそういう人々を覚えて祈りを捧げてくれていることが、それぞれの場で生活している一人一人を支え励ます大きな力となっています。」という声を聞いた。執り成しの祈りを必要としている人々が沢山いる。教会は、その場にいない人のためにも祈る使命が与えられている。

パウロも、「兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストによって、また、“霊”が与えてくださる愛によってお願いします。どうか、わたしのために、わたしと一緒に神に熱心に祈ってください。」ローマ15:30と言った。私たちは、お互いのために祈り合うことである。それだけではなく、自分のことも祈ってもらうことである。聖書協会共同訳では、「どうか、私のために神に祈り、私と一緒に戦ってください。」とあった。「私と一緒に戦ってください。」とは、祈りが戦いであることを示す。ヤコブが神の使いと組み打ちした場面(創世記32章)では、ヤコブが神の使いと戦ったのは、祈りであったと言われる。ヤコブは、「祝福してくださるまでは離しません。」と言って、神の使いから離れることをしなかったので、神の祝福にあずかった。私たちも神にしがみついて祈っていきたい。

祈祷会に参加することによって、教会や教会に集う方々の様々の課題を知り、そのために心を合わせ祈ることができる。祈り合うことによって、周りの人や世界のために執り成し、教会でなくてはできない大切な使命を果たしていくことができる。御言葉によって主の御心を知り、祈り合っていく時、その祈りは必ず叶えられるだろう。祈り合うことは沢山ある。祈祷会に参加して、心を一つにして祈り合おうではないか。

 

いつも通りの礼拝

コロナ感染症の対応で、礼拝の持ち方は大きく変わった。賛美が少なくなった、主の晩餐式が御言葉だけになった、礼拝時間も短かくなった、挨拶も控えめになった、座席数を少なくしたので礼拝を二回行うようになった、マスク着用で声を出しづらくなった、礼拝後の食事を共にすることがなくなった。本来の伸び伸びした礼拝からするなら、寂しさやもどかしさを感じるが、礼拝の本質的なことは変わってはいない。

東日本大震災後の最中、礼拝を捧げてきた、ある牧師の言葉が印象的であった。「互いの命を喜び合うこと。弱さを大切にすること。支え合って生きること。共に祈ること。私たちが大切にし、目指してきた、“いつも通り”のことを、より確かに、より真摯に、より深く、多くの人たちと共になしていくことを確かめ合うことができた礼拝でした。それから、被災支援の働きがあり、お葬式があり、多くの悲しみの中を教会の歩みは“いつも通りに”重ねています。教会の歩みはいつの時代にも、様々な困難の中を“いつも通りに”聖書のメッセージに導かれながら、命を守り育て、命を共に生き、命とお別れする時を重ねてきたのです。時に涙し、時に笑いながら、私たちの命に働かれる神の御業を発見し続けてきたのです。」

震災前も後も、コロナ感染症の前も今も、礼拝の本質的なことは変わることはない。大事なことは、どんなに困難と思える時でも、「いつも通り」のことが行えるかどうかである。上尾教会は、緊急事態宣言の中でも、「いつも通り」の礼拝を、休止したり、中止することはなかった。むしろ、そのような時にこそ、命の言葉に与る大切さを感じて、礼拝を粛々と捧げてきた。それによって、一人一人の信仰が強められ、教会の存在意義と使命を再確認させられた。神が私たちを礼拝へ招いてくださるのだから、自分の都合を優先させることなく、これからも「いつも通り」の礼拝を捧げていきたい。

「神の愛への応答として私たちが行う礼拝とは何でしょう。それは神をほめたたえることであり、その憐れみと恵みに感謝することです。またそれは神が創造された世界を愛し、神が創造された隣人を愛することです。私たちが毎週、礼拝の中で行っていること、感謝の祈り、賛美の歌、執り成しの祈り、神への捧げもの、祝福を受けること、そして祝福を隣人と共に分かち合うこと、そのためにこの世に派遣されること・・・。これらすべては礼拝の中に常に備わっているものです。“いつも通り”の礼拝の中に、キリスト教の信仰、キリスト者の生き方の本質が込められています。私たちはそうしたことを礼拝の中で、また日々の生活の中で、“いつも通り”に行うのです。」『今、礼拝を考える』(越川弘英著)

神学校が教会に来る時代

日本バプテスト連盟には現在三つの神学校がある。教派神学校である西南学院大学神学部、そして、3地方連合立(北関東・東京・神奈川)の東京バプテスト神学校、また、九州4地方連合の支援による九州バプテスト神学校である。神学校週間に捧げられる神学校献金は、上尾教会の場合は、全国壮年連合を通して、この三つの神学校で学ぶ神学生の奨学金と、東京バプテスト神学校の運営費して用いられる。

現在、牧師の高齢化と共に、無牧師の教会が30近くあり、伝道者養成は益々重要になってきているが、神学生の減少は著しい。西南学院大学神学部の入学者は2年連続ゼロという現状である。その理由は、献身者を生み出す諸教会の力が弱くなってきていること、又、牧師をフルタイムで支えることができる教会が減少し、退路を断ってまで献身しようという決断に至らないケースが増えてきていることが考えられる。このままでいくと、「牧師」という職業は、消えていくのでないかと心配される。

しかし、御言葉を解き明かして、信徒を整えて奉仕ができるように助け、キリストの体である教会を造り上げるために、牧師の働きは、いつの時代にも重要である。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」との主の声を聞いて、イザヤのように、「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」イザヤ6:8と応答して、神学校に行く方が一人でも多く起こされることを期待したい。それは、牧師としての召しを受けた人だけではない。東京バプテスト神学校では、伝道者の養成だけではなく、信徒リーダーの養成も行っている。今日の教会は、多様な働き人を求めている。教会音楽や教会教育のリーダーが養成されることによって、豊かな礼拝や教会学校が造り上げられていく。神学校は牧師になる人が入るところだと思い込んでいる人が多いが、教会に仕える人であれば、誰でも神学校で学ぶことができる。そして、その学びを通して、主の働き人としての召しを頂く人も起こされるに違いない。

今年は、コロナ感染症の影響で、神学校もオンライン授業が主流となり、家庭だけではなく、教会でも学べる。神学校に行く時代から、神学校が教会に来る時代になった。東京バプテスト神学校「夏期公開講座」は8月13~14日、上尾教会ではオンラインで受講する。テーマは「現代に創世記をどう読むか」、講師は、旧約学が専門の月本昭男先生である。神学校と神学生を支えるだけではなく、自ら神学校で学び、それを教会を造り上げるために、用いて頂きたいと願っている。

今日における教会の使命

新型コロナウイルスは、世界中に潜在的にあった格差や貧困、差別や分断を明るみにさらけ出したのではないか。非正規雇用者への雇止めや解雇も、アメリカで起きた黒人男性の暴行死を受けての抗議活動も、人権を無視した不当な差別がそこにはある。このような時代の中で、教会の使命はどこにあるのか。教会の使命は、ただ主を礼拝することだけではない。主を信じる者は、主と共に生きることが求められている。
「イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた。」マタイ4:23。主がなさったことは、大きく分けて2つ、「御国の福音を宣べ伝える」ことと、「病気や患いをいやす」ことであった。「御国の福音」とは、主が十字架と復活において成し遂げてくださった救いの御業である。人は、自分の犯した罪を贖うことはできない。だから罪責感に苦しむのである。しかし、主が十字架で私たちの罪を贖うことによって、罪の赦しを与えてくださった。又、人は必ず死を迎える。だから死に怯え、絶望する。しかし、主は3日目に復活して、死に勝利してくださった。この主を信じることによって、永遠の命が与えられ、死を越えて生きる希望が与えられる。「御国の福音を宣べ伝える」使命は大きい。
「病気や患いをいやす」ことも、主の使命であり、教会の使命である。主は、病人を癒されただけではなく、抑圧された人々や弱い立場に追いやられた人々と共に生きられた。それによって、体と心の病や痛み、様々な試練や問題を癒してくださるのである。社会的弱者と共に生きることが、この地上に神の救いを実現することであった。下記の世界教会協議会(WCC)「教会の役割に関する声明」がそのことを表している。
「ウイルスの⼤流⾏は、世界的に影響を与えているという点において、ある意味では平等でしたが、私たちの社会における根深い分断、不正義、経済的不平等、⼈種差別を露呈させ、悪化させてもいます。慢性疾患に苦しむ⼈々、⾼齢者、貧しい⼈々、⼈種的マイノリティ、先住⺠、障害を持っている⼈々、移⺠、避難⺠、そして社会の周縁で⽣きている全ての⼈々など、ウイルスは最も弱くされた⼈々をことさら脅かしているのです。教会と信仰共同体は、最も弱くされた⼈々や共同体に同伴し、互いに連帯するように神から招かれています。私たちの主イエス・キリストは、気遣い、ケア、思いやりがあらゆる境界を超えるということを、彼の⼈⽣、教え、⾏動をもって私たちに⽰しました。危機と恐れと分断の時期にあって、社会の変⾰のために希望と癒しをもたらすことがキリスト者としての私たちの使命です。」

真の平安をもたらすもの

「コロナ」という言葉は、ラテン語で「王冠」を意味する。コロナウイルスには、王冠のような球状の表面突起があるので、そう付けられた。聖書の中には、たくさんの王冠が記される。その中で、イエス・キリストは黄金の冠を戴いた王ではなく、茨の冠を戴いた王として登場する。十字架につけられた主の頭には、輝かしい栄光に満ちた王冠ではなく、血まみれになった茨の冠がかぶせられた。そして、主の遺体は直ちに墓に運ばれた。これで万事休すと思えたが、三日後には、主が墓の扉を一気に開かれたのである。誰もが想像することができない死を克服する出来事を、主は三日目の復活によって成し遂げられた。それによって、死に完全に勝利されたのである。

その勝利について、パウロは、「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。『わたしたちは、あなたのために一日中死にさらされ、屠られる羊のように見られている』と書いてあるとおりです。しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。」ローマ8:35-37と語る。復活の信仰に生きるということは、ただ単に将来の死後の事柄ではない。それは他ならぬ、「今、この状況の中で、いかに生きるか」という事柄である。たとえ『わたしたちは、あなたのために一日中死にさらされ、屠られる羊のように見られている』という不安と恐怖心にさらされていても、その状況の中で耐えることができるのは、復活の力によって、死に打ち勝って勝利を収められた主が、今も私たちと共にいてくださるという確信があるからである。

イタリアの医師ジュリアン・アーバンさんはその確信を得た一人である。「私は2週間前まで無神論でした。しかし、自分たちにできることはもはやなく、人々は次々に死んでいき、同僚2人も亡くなりました。ようやく、神に助けを求めなければいけないということに気づき、今は、日々主の平安を求め、病気の人を助けることが出来るように医療行為を続ける力を与えてくださいと、主に祈っているのです。昨日召された75歳の牧師は、自分が大変な状態にも関わらず、希望を失っていた私たち医師に平安をもたらしてくれました。」この証を読んだ医療従事者からのお便りに、イタリア人医師の手記は、非常に心に迫るものでした。このような惨状にならないようにと考えていましたが、そこに医師としておかれたことを考えると、どれだけ辛い状況か、その中にあって信仰の力を知ることができました。」とあった。真の平安は、今も主が共にいてくださると信じるところから生まれる。