週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

8巡目に入る「聖書日課」を新たに始めてみよう!

上尾教会の特徴の一つである「聖書日課」は、今週で8巡目を迎える。1988年、33年前、マタイによる福音書から始めて、旧約のマラキ書まで通読する聖書の旅は、約4年半で一巡する長旅であった。一号から今日まで欠かさず提出してくださっている佐川好子さんは、「聖書日課は私の宝です」と言って、聖書日課に励んでくださっていることは、作成する者としても嬉しい限りである。又、ご夫婦で新たに始めてくださった方もおられ、聖書日課がイスラエルの民を約束の地に導いた「雲の柱」「火の柱」のような存在になっていることに、深い感動を覚えるものである。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」マタイ4:4と主が言われたように、神の言葉は、「日々の糧」として今日生きる力を私たちに与えるのである。私たちは、神の言葉を聖書からいつでも聞くことができる。しかし、御言葉を聞くのは、礼拝の時だけという「サンデークリスチャン」になってしまうことはないか。これでは、神の力に与ることはできない。私たちは本来、神の言葉から離れては生きていけない。私たちが自分勝手に生きる時、そこには混乱が生じ、争いが生まれ、生きがいが喪失し、不平不満が生まれ、平安が失われる。

現代社会が抱えている多くの問題は、まさにこの神の言葉の欠乏から生じているのではないか。預言者アモスはすでにそのことを預言していた。「見よ、その日が来ればと 主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。それはパンに飢えることでもな

く 水に渇くことでもなく 主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。」アモス8:11。ここに描かれていることは、人がパンに飢えることでも、水に渇くことでもない。実に、人が主の御言葉に飢え渇くということである。

「御言葉への飢え渇き」は、私たちの生活のうちにいろいろな形で臨む。聖書を読んでも理解できない。そのうちに読むことすら止めてしまう。礼拝を軽んじるようになり、やがてそれが何の苦にもならなくなっていく。それはすべて神に対する不従順な態度から来る。神が、私たちに心を閉ざされることはない。神の言葉が、神の方から断たれることはない。今日の私たちには、繁栄と豊かさ、一見平和そうに見えるものの、その心の最も奥底において、全く空虚で、霊的に渇き切った姿があるのではないか。神の言葉にひたすら耳を傾け、霊的なものを求めていきたい。そのために、今週から8巡目に入る「聖書日課」を新たに始めてみようではないか。

 

キリストの復活を信じる

私たちにとって、主の十字架は語りやすいが、主の復活は語りにくいのではないか。それは「人間が復活するなんて非科学的で信じられない」と、拒絶する方が多いからである。かつて赤岩栄という牧師は、「復活などは実際に起こったことではない。それは弟子達の幻影にすぎない。大事なことは、復活の事実ではなく、その意味を読みとることだ」と言ったが、いつの時代にもそのような考えを持つ人がいる。

しかし、パウロはⅠコリント 15:3-4 で、「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、私も受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと」と語っている。クリスチャンにとって、何よりも大切なことは、キリストの復活が事実であったと信じることである。キリストの復活は、それがなければキリスト教はなく、それを信じていなければクリスチャンではないと言ってよい。

パウロは、復活の事実がなければ、宣べ伝えていることは、それがどんなに立派で良いことであっても、中味のないものになる、私たちのキリストへの信仰がどんなに真面目で、真剣なものであっても、意味のないものになると語る。そればかりか、「キリストを神が復活させた」というメッセージは、もし、それが作り話であるなら、神に逆らう証言となり、神を冒とくすることになると語る。

実際、パウロがかつてクリスチャンを迫害したのは、復活してもいないイエスが復活したと言い、イエスをキリストだと言っているクリスチャンの偽りの罪を見逃せなかったからである。しかし、パウロは後に復活したキリストに出会い、罪を犯していたのは、キリストの復活を否定していた自分の方だということに気付いた。

もし、キリストの復活が事実でなければ、復活の希望を抱く私たちの「信仰はむなしく」「すべての人の中で最も惨めな者」になるだろう。しかし、キリストは復活され、今も生きておられるので、主を信じる私たちは、キリストの復活によって死にさえも打ち勝つ人生の勝利者となり、永遠の命を約束された最も希望に満ちた者になれる。56歳で召された鈴木正久牧師は死の直前、「自分は今、死に向かっているのではない、キリスト・イエスの日に向かっているのだ。それが本当に輝かしい明日なのだ」と語られた。私たちもキリストの復活を信じることによって、「輝かしい明日」を迎えたい。

コロナ禍に看護師として思うこと     教会員

コロナウイルス感染症が私達の生活を一変させたこの一年、感染症の患者さんと直接関わることはない「緩和ケア病棟」に勤務している私が感じる一番の変化は、面会に制限ができたということです。一般の病棟では一切の面会が禁止される中、面会をどうするかは皆悩みました。本来、24時間いつでも、どれだけでも面会が可能で、ボランティアさんが来てお茶を淹れてくれるティーサービスの時間があったりして、もう間もなく死を迎えるであろう患者さんにとって少なからず慰めになっていたはずですが、それができなくなりました。
許されているのは決められた2人の家族の短時間の面会のみ。その他の親戚や友人は面会ができません。患者さんは人生最後の期間、ひとりで食事をしています。電話は可能ですが、体力が落ちて会話が困難になった方はベッドに横たわっているのが精一杯です。寂しくてただ誰かに傍にいてほしいものです。親しい人が、ただ黙って同じ空間にいてくれたらそれで随分安心できるのです。病室に来て雑誌を読んでいても、テレビを観ていてもかまわないのです。面会に来た人同士が普段通りの会話をするのを、もうはっきりしない意識の中で聞いていられたら、それで落ち着くものなのです。
ただ傍に居るということは、死にゆく人に対して私達ができる一番のことです。それはコロナ感染症の人も、がんの終末期の人も、老いて衰えていく人も同じで、そして私達は明日生きている保証などない人間ですから、皆、終末期です。その大切な「傍にいる」ということをコロナは奪っています。「なぜですか?」と神様に問いかけることはもちろん許されていますが、たぶん天の御国まで持ち越すことになるでしょう。
それよりも「なにをしたらいいですか?」と問いかけようと思います。この問いにはいつも誠実に神様は答えてくださいました。“冷たい水が飲みたい”と言われた方にたっぷりの氷を入れようと思い立ち、“あぁおいしい!”という言葉を聞けたとき、“さびしいよ、もう死にたい”と言われた方の部屋にもう5分とどまって話を聴こうと示され、“忙しいのにありがとう”と言われたとき、神様と共に働けた、と嬉しくなります。これでいい、この小さな業を積み重ねていこうと思えるのです。
「平和の神が、御心に適うことをイエス・キリストによってわたしたちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように。」ヘブライ13:20-21

大谷レニー先生と出会って       秋山 純子

32年前上尾教会に来た時、同じ賛美歌を何度も賛美している印象を持ち、東京バプテスト神学校の教会音楽科で学んでみたいと願書を出しました。以前在籍していたことが加味され聴講の道が開かれました。後で知りましたが、机を並べていた皆さんは難しい実技試験をパスされ入学していました。教室は大井教会で、土曜日一日を使い、礼拝学・讃美歌学・指揮法・聖歌隊・ハンドベルを受講しました。

すべての講義を大谷レニー先生がなさっていました。レニー先生との出会いです。聖歌隊練習レポートは毎週提出で、聖歌隊が無いのでと提出したら、「聖歌隊を作れ」とC判定で返されました。厳しいそんな!でも厳しさの中に威厳と温かさのにじみでる方でした。丁度『新生讃美歌2003』の編纂の時で多くのエピソードをお聞きできたのは、私の大きな財産になっています。「バプテストの讃美歌集1冊で礼拝が出来るように」といつも言われ、「次に讃美歌集が編纂される時は、どんな素晴らしい曲でも歌われなかったら選ばれないのよ」と長い経験談を語られました。

子ども達もそれぞれお世話になりましたが、献一夫妻には、「理不尽な事でも頼まれたら一度はやってみて、私にはできます、できませんと断るようにしてきた」とアドバイスしてくださったと聞きました。スチュワードシップの姿と思います。

レニー先生から、壇上で何が起きてもパニックになって指揮を止めてはならないと教えられましたが、新生讃美歌629番を壇上で独唱された時すべて主にささげて、すべて主にゆだねて、すべてカルバリの主に、この命ささげようと賛美する先生の目に大粒の涙を見ました。これが先生の原点、献身と心に響いてきました。先生の蒔かれた礼拝音楽や賛美の種は世界中で花咲いています。微力ですが持ち帰った種は上尾教会でも蒔かれ、花咲いていると思っています。

コロナ危機のせいか、最近自分の事ばかり考えている自分に出会います。しかし人は神を思い、他者を思う生き方の中に充足を与えられるのだと感じます。小さい事ですが、近所の方に出会ったら、「お変わりありませんか?」と声をかけるようにしています。長話になりそうな時は、「1メートルあけましょうか」と笑い合います。

「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい。」ルカ10:27

 

スチュワード(管理者)シップの重さ    教会員

世界的なコロナ感染禍で、感染が猛威を振るっていたイタリアで、治療にあたっていた多くの医師たちが感染して亡くなった(222名)。それを知った時、大変衝撃を受けた。それにもまして、医療従事者の不足を補うため、国のほうで、退職した医師に300人のボランティアを募集したところ、25倍の8000人の応募があったという。「高齢の重症リスク」をものともせずにである。医師たちの死に動かされ、国民が徐々に闘う勇気が出たイタリアは、ボランティアが盛んな国だそうだ。

コロナ禍の中で、私たちの教会も若い人たちにより感染予防対策をしながら、礼拝、祈祷会を守り、その他できる範囲内の活動を続けることがゆるされ、感謝である。昨年七月から、二回の礼拝の合間を使って始まった女性会では、御言葉中心にコロナ禍での感想を証し合い、分かち合ってきた。不思議に、コロナ禍の苦難や、暗闇や、先の見えない状況下にも関わらず、皆さんの言葉には『希望』が感じられ、また、「お花のお当番ができ感謝です」と講壇のお花を用意する感謝の声もあった。

医療現場で、保健所と患者の対応で、「あっちを立てればこっちが立たず、何をしたら良いか分からない。患者へのしわ寄せと、保健所も入れてあげられないことのストレスが医療関係者の疲弊の一番多い原因である。神様に使ってもらいたい」という声もあり、一人一人が主につながり、御言葉によって励まされ、キリストの体としての霊的闘いの日々を送っていると分かり、感謝でした。「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。~シオンで主は布告された。祝福と、とこしえの命を。」詩編133:1,3

スチュワード(管理者)シップ(=主の財産を預かって管理する)を考える時、僕として預かった賜物を生かして主に仕えて奉仕することは、恵みであり喜びである。“「僕のかたちをとり、人間の姿になられた。その有様は人と異ならず、おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順であられた。」ピリピ2:7-8。イエスさまだけが完全なるスチュワード”『神の同労者』16-18頁に倣いたい。

コロナ禍の中でスチュワードシップは重くのしかかり、弱さから逃げられない。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」Ⅱコリント12:9。弱さこそ、最大の賜物』であると分かった。残りの人生、弱さを誇る!

奉 仕            教会員 

自分が経営していた学習教室に、7名のスタッフが与えられた。其々のスタッフが各パートを補ってくれて、様々なところで助けてもらった。仕事場では、絶えず条件が変わり、それに応じて自分たちも動きを変えざるを得ない。私は、「個別で子どもの能力を引き上げる」ことを第一の目標にし、また、念頭には大きな理念を持っていた。スタッフとは、「何を目標に業務を行うか」を常に共有していたつもりである。それにより、自ずからするべき事が決定する。絶えず「言葉」が大切だ。子どもたちにも、保護者にも絶えず学習の意味と目標を「言葉」にすることで一つに繋いだ。

教会では、まさに皆が神様と繋がる。教会員は、教会組織の一部になって、適したパートを担う。また、その土台になっているのが、神のみ言葉「聖書」である。このコロナ禍、総務としては、特に念入りに掃除を行うことを奉仕者にお願いした。今まで当番制にしていたが、密を防ぐため、礼拝を二部に分けたこともあり、奉仕者が限られたが、動ける有志が自然と備えられた。負担はあったが、限られた時間を工夫し、自主的に進んで掃除をしてくださる。

奉仕者は、「礼拝と祈祷会は、コロナ禍だからこそ必要である」という想いを一つにして心から献身する。そのために、奏楽、送迎、教育の奉仕や各会等いくつかを兼任しながら皆が動いている。子どもたちのOHPのご奉仕は、日に日に成長をしていく。礼拝をライブで届けたり、Zoomで会議をしたり、ITの知識も必要である。先生は、道行く人の心を少しでも和ませるために、教会の花壇の手入れをされている。絶えず草を引いてくださる兄弟は、暑い時も寒い時も欠かさず教会に足を運んでくださる。窓に貼られたみ言葉にも、姉妹の込められた想いがある。そして、教会員は、他者のため、全世界のために祈る。礼拝では、会衆も応答することで、教会は一つになる。

今、コロナという試練を与えられ、多くのことに気づく。秋山牧師のメッセージや、讃美歌に込められた意味の深さをしみじみと味わい、聖書のみ言葉が乾いた心を潤してくれる。このみ言葉を一人でも多くの人に届けるために、奉仕を通して生かされることの意味を想う。

『わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。』ヨハネによる福音書15:5

共に担う幸い    瑞穂キリスト教会牧師  秋山 義也

昨年4月から、瑞穂教会は「聖書日課」を始めました。コロナで会堂礼拝に集まれる人が減って行く中で、「礼拝とは何か?」を問われ、祈りの内に「毎日が礼拝!」という思いが与えられました。1日1章ずつ毎日の聖書箇所と牧師の短いメッセージ、祈りの課題、それに新生讃美歌を1番から順番に歌えるようにしたB5版のものを週報に挟んでいます。オンライン礼拝の方用にPDFでも送っています。7月から聖書通読にチャレンジ。2/22現在、士師記からルツ記に入るところです。聞くところによると、瑞穂教会で聖書通読に取り組んだことは初めてのことらしく、「コロナのおかげ」と何人かの方々は嬉々として取り組んでいます。教会季刊誌において「聖書日課に取り組んでみて」を特集し、数名の方が寄稿してくださったので、上尾教会にも数部お分けします。
毎週の聖書日課作成はもう大分ルーティンになってきましたが、上尾教会の「親子聖書日課」をよく思い起しています。毎日、毎週、毎年。何十年にも亘る聖書通読の取り組みに、作成者(牧師)に対しても、それに取り組む皆さんにも頭が下がる思いです。まだ始めて間もないのですが、今、新しい発想を与えられています。コロナ危機の中で再読する恵みの与えられた1冊に『断片の神学』(関田寛雄著)があります。その中で、礼拝説教の個所(書簡)を、牧師が一人で決めてしまうのではなく、執事会で話し合って決めることにより、神の言葉であり、教会の言葉となる説教をより豊かに体験できたことが記されてありました。「御言葉」に関わることを、牧師と信徒が一から話し合う。本当に豊かです。
瑞穂教会では、2019年度から礼拝の中で子どもメッセージを始め、今年度からは、教会学校奉仕者にも加わってもらいました。「子どもメッセージ」の全体での学びの機会や、個別に「どんな話しをする?」と計画する時間は本当に面白かったです。本日、瑞穂の礼拝宣教を担う執事と一か月前に原稿を見ながら共に準備をしました。「どうしてこの個所にしたのですか?」「誰に届けるイメージでこの言葉を選びましたか?」と問いかけ、応答を重ねる時間は御言葉を聴くことと語ることが一つとなる珠玉の時です。共に準備する中で牧師として、自分の説教も新たに問われ、学ぶ姿勢をいただきます。ですから聖書日課もいつの日か、信徒と牧師が協働して作ってみたら面白いと思っています。上尾教会の「親子聖書日課」のこれからを伺えることも、楽しみにしています。

スチュワードシップ~奏楽編~      教会員

昨年から上尾教会の奏楽グループに新メンバーが加わってくれた。私の「そういえば、ピアノ弾けたよね?奏楽やってみない?」との無茶ぶりに、「いいですよ」と即答してくれた。感謝である。現在、さらに1名が常連奏楽者になるため準備中である。期待しつつ、皆さんにはぜひ祈りに覚えていただきたい。

奏楽者にとって一番大事なことは、神様への賛美を心からささげる姿勢だと思う。もちろん最低限の技術は必要だが、奏楽にチャレンジしてみることで、神様はその賜物をさらに豊かに用いてくださる。ソロで弾くのとは違って、皆さんの声を聴きながら弾くのは少々コツがいるが、やればやるほど会衆の呼吸が分かるようになってくる。これが奏楽の楽しいところである。

先日、名古屋の瑞穂教会から奏楽者研修の講師依頼があり、zoom(オンライン)で開催した。まず奏楽者としての心得を話し、その後実践とアレンジ紹介をした。コロナ禍ということもあり、直接会ってというわけにはいかなかったが、カメラで鍵盤を映し出してなんとか共に学ぶ機会を持つことができた。遠く離れた場所にも、教会音楽にこんな熱い思いをもって取り組んでいる仲間がいるのだと、とても励まされた。また、オンラインであれば、距離の問題をクリアできるので、今後は教会の垣根を超えた奏楽者の学び会や懇親会も可能なのではないかと思った。今まで私が培ってきた技術や、上尾教会での経験が奏楽者の育成に役立てるとなれば、それは本望である。ぜひ、神様には私の賜物を存分に使っていただきたいものだ。

奏楽はなにもピアノやオルガンといった鍵盤楽器に限定されるものではない。聖書の中にも琴、ラッパ、シンバル、角笛など様々な楽器が登場する。現に、上尾教会でも深沢姉がデジタルホーンで奏楽を担ってくださっている。先ほど紹介した瑞穂教会でもハープやトロンボーンが礼拝の中で用いられていると聞いた。もちろん私たちの声も教会音楽には欠かせない。歌声のいいところは、なんといっても「言葉」を表現できることである。現在はコロナ対策でマスク着用のため、なかなか声が響かない状況であるが、神様のところにはしっかりと私たちの歌声が届いていることだろう。以前のように、通称「心の中のメロディー」の時間を復活させて、コイノニアコンサートやクリスマスの行事を再開できる日が待ち遠しい。コロナの収束を祈りつつ、賛美で溢れる毎日を過ごしていきたい。

コロナ禍の中で part Ⅱ           教会員

「お元気ですか?」とりあえずの挨拶の定型文、何気ない会話の始まり…だと思っていた。この一言がこんなに重く大切な言葉だったとは。昨年の今頃、コロナ騒動の火蓋が切って落とされたのだと、誰が想像しただろう。そして、まぁ一年も経てばいろいろ落ち着いて、泣く泣く延期した行事もできるだろうと考えていたことが、とんでもなく甘い考えであったと思い知るのである。

世界中の人がもれなく見舞われているコロナウィルスの恐れだが、そんな中で世の中のオンライン化は目覚ましく、その浸透ぶりに人間のたくましさを感じる。私自身、北関東連合の教会音楽委員会も、神学校の公開講座もその他諸々、zoomで参加している。最初はおっかなびっくりだった私が、今やそれなりに使える成長ぶりだ。

先日、その教会音楽の公開講座で大きな気づきが与えられた。今、飛沫感染防止のために讃美歌を歌うことについて様々な工夫がなされている。歌わずに奏楽を聴きながら歌詞を味わう、または司式者が歌詞を読む、讃美歌の節を減らす、小さな声又はハミングで、等々。教会に行くこともままならず、思い切り賛美できない寂しさを訴える声がある中で「コロナ禍における賛美」の講義では

・賛美は自分が楽しむため? ・賛美は声で歌うことだけ?

・歌う事が苦痛な人もいるのではないか? という視点が示された。

讃美歌は歌うことが大前提、歌って主を賛美することはみんなが求めるうれしい事と思っていた。しかし讃美歌の大前提は「神様を讃える」ことであって「私の満足」のためではないのだった。そして私の中に歌う事が苦痛な人への思い至りが全くなかったことに愕然とした。オンリーワンの個性は神様からの贈り物。だとしたら「賛美」一つとってもいろんな捧げ方があって良いのだと気づかされた。これは今まで「歌う」事が辛い人を置いてきぼりにしてきたということだ。

コロナ禍を肯定的には捉えられないけれど、変化を恐れずなんとか礼拝を捧げよう、神様を賛美しようと手探りでやってきた足跡と置いてきぼりの事柄に気づけたのは、これからの礼拝をより豊かにいろんな人と繋がっていく大切な一歩の種であり、この種の「良い管理人」になる使命が私たちにはある。

「神はこの歴史の流れをみこころのうちにおいておられるのである。(略)われわれにとっては生き方、処し方が問題である。」榎本保郎著『一日一章』より

コロナ禍の中で          教会員

コロナウイルス感染拡大が、依然として止まらない。自覚症状のない軽症者も多いが、在宅治療者があっという間に死亡に至るケ-スもある。私たちにできる対策として三密の回避、マスクの着用、こまめな換気、手指消毒、ソーシャルディスタンスの実施等が奨励されている。これらのことを実行しながらも、感染の恐怖、いつ終息するのか予測できない不安に怯える。一緒に食事をしたり、思いっきりおしゃべりをしたり、笑いあったり、人間としての基本生活が制限され、人間関係の希薄化が生じているように思う。

一月のミニアシュラムで、講師の岩波先生はマタイによる福音書2章から、イエス・キリストの誕生の出来事を通して、人間は二つの心に分かれると話された。一つはヘロデ王の心。自己保身に固執し、不安と恐れから悪事を遂行してしまう生き方。もう一つは神の言葉の真実に従う生き方。占星術の博士たちのように御子との出会いを求め、旅の不安や恐れを乗り越え神の導きに従った時、そこには、感謝、喜び、賛美があふれていた。両者の何という違い。しかし、現実の私たちは神を信じつつも、時として不安や恐怖にかられる。神の言葉に聴くよりも自分の努力で何とかしようと思ったり、様々な情報に惑わされてしまう。感染者の日々の数だけに関心がいくと絶望か諦めしかないように思ってしまう。

光を創造し、闇を創造するのは神である。すべてを創造し御業をなすのは神である。神のご計画の中では人間は小さな有限の存在にすぎない。このような状況の中でも教会で礼拝をささげ、祈禱会で祈りを合わせ、日々聖書のみ言葉に聴くことのできる幸いに感謝したい。ウイルスを恐れず、神を畏れ、現実を受け入れつつ、いつも通りの信仰生活を全うしたい。恐れや不安に右往左往するのではなく、真実の神を畏れ、神の御業を待ちつつ、希望をいだいて歩みたい。

「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」                   ヨハネによる福音書16章33節