週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

召天者に倣う

親しい人たちが次々と亡くなっていき、「年を取ると言うことは寂しいことだ」との声を聞く。確かに、同世代が少なくなるのは寂しいことである。しかし、主を信じる者にとっては、天国での再会の日が近づいていることも確かである。『やがて天にて』という賛美の中に、「やがて天にて喜び楽しまん 君にまみえて勝ち歌を歌わん」とあるが、天国は私たちには想像がつかないほど、「喜び楽しむ所」である。その天国を待ち望むと、死ぬことへの恐れも消えていくのではないか。有名な詩編23篇4節に、「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。」とある。主を信じる者にとっては、復活の主が共に歩んでくださることで、死はすでに主によって滅ぼされており、「死の谷」はもはや、「死の陰の谷にしか過ぎない。

ですから、鈴木正久牧師がガンで余命わずかと知らされた時、「私は『死を待つ』のではなく、『キリストの日』に向かって歩みを進めているのです。」、天国の希望を語ったのである。上尾教会の墓石には、フィリピ3章20節のみ言葉、「わたしたちの本国は天にあります。」を取って、「我らの国籍は天にあり」と刻んでいる。この世の国籍や故郷は一時的なものだが、私たちの国籍は天にある。なんという特権、なんという祝福ではないか。天に国籍があるかないかの区別がはっきりとする主の再臨の日が、必ずやって来る。その日、主を信じるものはパウロが言うように、「わたしたちの本国は天にあります。」と告白し、天の御国に凱旋することができるのである。

私たちは、今しばらく、この地上を生きていかなくてはならない。その私たちの道のりにおいて、召天された方々の信仰に倣う必要があるのではないか。パスカルは、「私たちは、天に召された故人から受けたものを、私たちの人生の中に活かすことによって、いわば、故人を自分の内に再び生き返らせることになる。なぜなら、故人の願いが、そのまま私たちの中にあって、今もなお、生きて働いているからだ。」と語る。パウロも「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」 フィリピ3:17と語る。それは、自分を誇るのではなく、一方的な主の十字架の贖いによって救われ、福音宣教の戦いに生かされている自分に倣ってくださいと言っているのだ。召天された方々も、「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」と同じことを、私たちに語りかけているのではないか。信仰の戦いを立派に戦い抜き、本国である天国に帰って行かれた上尾教会の召天者に倣って、私たちも信仰の歩みを最後まで全うさせて頂きたい。

「祈り」という、最後にいちばんよい仕事が残されている

村田久行(京都ノートルダム女子大学教授)は、老年期を三つの喪失として捉えた。一つ目は時間存在の喪失、「もうじき死ぬのだから、何をしてもしょうがない」と、生きる気力も失う喪失。二つ目は関係存在の喪失、「現役を退いて孤独だ、誰も気にかけてくれない」という、他者との人間関係喪失。三つ目は自律存在の喪失、「人の世話になって迷惑かけ、何の役にも立たず、生きている値打ちがない」という喪失。

しかし、聖書は語る。「わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの『外なる人』は衰えていくとしても、わたしたちの『内なる人』は日々新たにされていきます。」Ⅱコリント4:16。体の機能は誰でも低下していく。しかし、「内なる人は日々新たにされていく」とあるように、精神的機能や霊的機能を向上させることは可能である。それは人がどれだけの使命感を持って生きるかにかかっている。信仰が生涯現役であれば、時間存在の喪失、関係存在の喪失、自律存在の喪失は私たちの前から消えていくだろう。

コヘレト書の研究者である小友聡先生は、説教の中で次のように語っていた。

「黒沢明監督の古い映画に『生きる』という映画があります。ある役所に勤める男が定年前に、ふとしたきっかけで自分が末期癌に冒されていることを知るのです。彼はまったく無気力な役人でした。住民が公園を造ってほしいと持ってきた嘆願書も、面倒くさいと握りつぶしていました。けれども、自分の命が短いことを知って、この役人は夢中になって公園建設に奔走するのです。そして、ついに完成した公園のブランコに乗って、彼は満面の笑顔で歌を歌いました。命短し、恋せよ乙女、ゴンドラの歌です。これはおなじみの映画のストーリーです。けれども、これが、実は、聖書が私たちに強く勧める生き方です。」

老いの後に来るものは死である。コヘレト書は、「空」で始まり、「空」で終わる。「なんと空しいことか、とコヘレトは言う。すべては空しい、と。」12:8。しかし、「死を覚えよ」ではなく、「創造主に心を留めよ」と語る。「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。」「青春の日々」とは、若い時だけを指すのではない。私たちの気力が失われない内に、「創造主に心を留めよ」12:1、それは神から与えられた仕事をしなさいとの勧めである。ヘルマン・ホイヴェルス(カトリックの神父)は、「神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。それは祈りだ。手は何もできない。けれども最後まで合掌できる。愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。」と語る。私たちの人生にも、「祈り」という最後にいちばんよい仕事が残されていることに感謝したい。

平和を考える季節に寄せて        教会員

この季節は、皆さんも平和について思いを巡らし、祈りを捧げることでしょう。

戦争はいつの時代にもあり、たぶんなくならない。それでも私たちは「御国がきますように」と祈らずにいられません。天の御国―神が統べ治め、完全な平和があるところ。いつかそこに全員集合しましょう!なんとしても全員で!

イエス様はこの世の終末のしるしとして、「わたしの名を名乗るものが大勢現れ・・・戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。」マタイ24:5-6、「大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴(しるし)が天に現れる。」ルカ21:11と言っています。戦争は起こるに決まっている!?世界平和が実現するとは言ってくださらない。ここは御国ではない。この事実を突きつけられます。この世に罪が入り込んで以来、すべては壊れていて何一つ完全なものはありません。私たちの体も心も、人間関係も、経済も、自然もどれも完全に調和して働いてはくれません。早く御国に行きたいものだと思うこともありますが、何としても全員でそこに集合したいので、この時代にできる限りの私にできることをしてから御国へ行って、主にほめてもらいたいなあと思っています。

イエス様は、終末が来る前に、「御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。」マタイ24:14とも言っています。今日、二千を超える部族、民族はイエス様の福音を聴いたことがないそうです。でもイエス様は「全世界に宣べ伝えられる」と言ってくださっているので、必ずすべての国民が福音を聴く時代が来るということですよね。その一端をこの時代において担いたいです。でもどうやって担いましょう?

パウロはで私たちのためにこう祈ってくれています。「人の知識をはるかに超えるこの(キリストの)愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。」エフェソ3:19。

神様の良い性質である愛、謙遜、優しさ、誠実、寛大。私たちがこれらに満たされたら、周りの人々はそこに、目に見えない神を見るでしょうか?きっと見ると思います!でもそのために私は自分の十字架を負わなければならないでしょう。一日のうちに何度も私の考えを、意見を、自分勝手な自分を十字架につけなければならないでしょう。でもそのようにしてでもイエス様のようになってみたいです。イエス様が見るように周りの物事と人を見て、行動したいです。そうやって目に見えないイエス様を人々に見えるようにしたいです。平和を考える季節にあたり、私の決意です。

あなたが大切                 教会員

8月最後の日曜日、小羊会のお楽しみ会は「夏祭り」でした。ずっと楽しみに待っててくれた子、朝から「今日はおまつりだよ〜!」ってはしゃいでくれてる子。しかし、小羊会ですからね、夏祭りの前にちゃんと「小羊会標語」「五つの約束」を今回も声に出してみました。五つの約束はリーダーは未だに順番があやふやなのに比べ、ついこの間まで同じくらいあやふやで自信無さげだった小羊達が「1、聖書を読む!2、お祈りをする!…」スラスラっと。「えー!いつの間に⁈」小羊たちの成長に感動し、己があやふやさに内心焦りまくりでした。

そしてもう一つ「世界中の子どもたちが」(詞:新沢としひこ 曲:中川ひろたか)の歌を手話で挑戦しました。♪世界中の子どもたちが一度に笑ったら 空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう♪ 2番は、♪世界中の子どもたちが一度に泣いたら♪

3番は、♪歌ったら♪と続き、サビは♪世界に虹をかけよう♪と、盛り上がりと共に手話の動きも大きく虹を描きます。覚えやすいメロディと単純明快な歌詞は繰り返すほどに深く心に響きます。過去は変えられないけれど、過去の愚かなあやまちを忘れてしまうのではなくしっかりと継承しながら、未来を創っていく子どもたちに「いっぱい笑って、泣いて、歌って、みんなで大きな虹をかけよう!」とメッセージし続けていく役割を、大人たちは神様から託されているのではないでしょうか。

そのメッセージとは。

「未来は君たちの肩にかかっているのだよ」という丸投げではなく、楽しかったな、悲しかったな、嬉しかったな、悔しかったな…たくさんの経験をする中で、どんな時も自分を見ていてくれる大人たちの眼差しそして神様の眼差しを、信じて大丈夫だよという安心と確信を伝え続けることだと思います。神様は「あなたは高価で尊い」と断言されます。世界中の一つひとつの命がその眼差しを知ったら、命を奪い合う戦争を選択しない力を持って歩いていけるのではないでしょうか。

お待ちかねの夏祭りは、的当て、輪投げ、金魚すくいにシャボンスティック屋さん。引換券入りのマイポシェットを下げて「次はどれにしようかな〜」わくわく!

思い思いの場所で遊んでは景品の駄菓子をもらって手提げ袋はパンパン!
引換券を全部使い果たして、締めのおやつは「噴水フルーツポンチ」でした。

楽しそうでしょ? 「平和な人には未来がある。」詩編37編37節

 

平和を祈る                 教会員

私は今まで戦争と聞いても、”日本の戦争は終わった””広い世界の一部で起きていることだ”と、どこか遠くの話のように感じていました。しかし、現在は身近なことと感じてきました。戦争の映像がテレビで取り上げられ、日常が一瞬で奪われる現実を目の当たりにし、自分の生活もいつ変化が起きてもおかしくないのだと自分事として考え始めました。目的のためならば人の命や自由を奪ってよいのか、他に方法がなかったのか、認め合うことができないものかと疑問もやみません。また、戦争で犠牲になる人や家族、日常を奪われた人々が何を希望に生きていけばよいのか絶望感を覚えます。戦争に恐怖を感じたというより、”戦争をしてしまう人間の心や力”に恐怖を覚えました。そんな時、私は神様に祈ることしかできません。

子どもの頃、77年前の戦争について学び、“人の命を奪ってまで得たいものは何なのか”とても疑問に思ったことを覚えています。もう戦争はしてほしくないと多くの人が学んだはずなのに、人間はまた同じ罪を犯しています。実際に戦争を体験した方も減ってきており、戦争の恐ろしさが薄れてしまっているのかもしれません。日本が戦争をし、たくさんの命が奪われたこと、たくさんの方が今も苦しんでいることを決して忘れてはいけないし、子どもたちに正しく伝えていかなければならないと思っています。

戦争や人々の争いを見る度、私たちは何のために生きているのか、神様はなぜ人間を造られたのか、と考えさせられます。創世記には、”人がそこを耕し、守るように住まわせた。””人が独りでいるのはよくない。助ける者を造ろう。”と書かれています。私たちは争い合うためでも誰かを支配するためでもなく、「助け合うために造られたのだ。」と神様は話しておられました。私はそのことを多くの人に伝え、一日も早く平和を実現できるようにと祈ります。

「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』」マタイ22:37~39

私たちの罪を赦し、一日も早く慰めを与えてください。みんなが神様の平和を求めますように。

 

平和の本質          教会員

昨年の八月の平和月間には、コロナ感染危機の中でも平和月間の学びが続けられ感謝したが、半年後にロシアによるウクライナ侵攻が始まり戦争となり、話し合いによる解決を望む世界中の願いとは裏腹に武器援助をする国もあり出口が見えなくなっている。そんな中、77年前の広島、長崎の被爆がリアルに感じられ、沖縄を再び戦場にしてはならないと思いを深めている人も多いと思う。

八月に入って、たまたま目にしたNHKのドキュメンタリーで、沖縄ひめゆり記念館で証言していた学徒隊で、生き残られた方のリアルな証言を聞いた。前後は分からないが、―いざ手りゅう弾を手渡され、「伸管を抜いたらしっかり胸に抱いて」と言われた。死ぬのはこわくなかった!ところが、いざ伸管を抜くと「シュー、シュー」と煙が出てきた瞬間、「あっ!私の手がなくなるー!いやだ!!」と思わず手りゅう弾を投げ飛ばしたそうだ。死ぬつもりなのに何故か、自分の手がなくなるのが嫌だと思ったと言うのである。そして助かった!―それこそ、命自身があげた叫びであり、本音だったのだと強烈に思わされた。

また先日NHKで、ピカソの「ゲルニカ」の絵を見た。8Kカメラで映写したもので細部まで詳細に見える。1937年、スペインのバスク地方の町、ゲルニカは、反政府軍に手を焼いた時の将軍が、ヒトラーと結託したため、ドイツ空軍によって爆撃された。パリにいたピカソは、その悲惨な爆撃を知り、2日後に描き始め一ヶ月で完成した3m×7mの大作で、スペインの門外不出のものである。私は、そこに描かれている、人や動物(牛・馬・翼のない白い鳥)などを見て、涙を禁じえなかった。戦争の悲惨への憎しみが、線だらけの手のひら(死)や悲痛を叫ぶ姿の中に見えるが、同時に、生々しい人間の生への愛しさがにじみ出てきて目が離せない。丸木夫妻の絵を見た時と同じだ。特に、「灯ろう流し」の絵から、目が離せない。(教会で丸木美術館に何度か8月6日に訪れ、絵を鑑賞した)

死が描かれた姿から、逆に、愛しい生の命が浮かび上がる。体と魂を持つものとして創造された被造物全体は、個々に命の叫びに、そしてエネルギーに満ちている。死してなお叫ぶ「命こそ宝である」と、そして平和の本質であると。それ以外に何が欲しいのであろうか、戦争よ!!

「見よ、わたしはあなたを わたしの手のひらに刻みつける。」イザヤ書49:16

 

 

平和月間に思う          教会員

八月は平和月間である。普段、深く考えることの少ない平和について思い巡らしたい。今年は特にロシアのウクライナ侵攻によって、戦争の悲惨さを改めて知ることになった。なぜ戦争や争いが起きるのか?話し合いや外交努力によって解決できないのか?いつも疑問に思う。

4月から東京バプテスト神学校の公開講座、山口里子さんの「虹は私たちの間に」を受講している。虹は平和の象徴である。イエス・キリストが生きた時代、その社会はどんなものだったのか、「イエス運動」がどのように誕生していったのか、めざすものは何だったのか、いろいろ考え思い巡らす機会を与えられている。

当時はロ-マ帝国が広大な領土を所有し皇帝の権力も絶対であった。帝国の支配下にあるユダヤでイエスは誕生した。皇帝を頂点とするピラミッド型の家父長制度の下では支配層は一部の男性エリ-ト達だった。女性を含む一般庶民は差別、抑圧に苦しんでいた。また、奴隷制度も存在していた。「イエス運動」といわれる最初期のキリスト教共同体(エクレシア)は民族、身分、性別の違いに関わらず、誰でも共同体に参加し、発言権を持つというラジカルな平等主義を実践する集まりだったという。それ故に差別や抑圧に痛みや憤りを感じ、また、そのような状況に抵抗して生きようとする人々にとって共同体は大きな支え、励ましだった。「イエス運動」は小さな集まりからキリスト教に発展し、帝国の国教となっていく。(ただし、内容はかなり変えられていく)

イエス・キリストによって示された神様の愛は、抑圧された人たちと共に歩み、共感し、共に苦しみ、あらゆる人々(女性や性的少数者を含む)を受け入れるものだった。イエスにおいては差別も偏見もない。現代の私たちは、この最初期のキリストが示された神様の愛から、遠く離れてしまったように思う。もう一度キリストの愛を心に深く受け止めたい。最初期のエクレシアには多くの女弟子がいた。男性編集者が聖書を編集する過程で、いつのまにか変えられていったらしい。マグダラのマリアは優れた女弟子であったにも関わらず、悔い改めた売春婦にされている。

神様の愛の広さ、高さ、深さを思い、ささやかであってもキリストに倣う生き方をしていきたい。それが平和を実現する道であると思う。

「そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。」ガラテヤ3:28

 

 

 

2022年の平和月間     教会員

例年8月は平和月間として守り、かつては実際に戦争の時代を体験された方々からお話を伺う機会もあった。8月は広島長崎への原子爆弾投下があり、日本の終戦(敗戦)があった月で、実際にその時を体験された世代の方々には感慨深いものがあるに違いないと思う。

今年で1945年から77年目の夏となった。私のような“もうすぐ高齢者”世代ですら実際に戦争の時を経験せず、映像、本、伝承をもってしか知らない。戦後の平和な国に生まれた世代として、「平和でない」世界というのは何か他人事に近いような感覚が自分にも今まであったのではないかと思う。

ウクライナへのロシアの侵略が起きてもう半年となる。現代のようにデジタル技術が進展し、個人が目の前で起きている事実をそのまま瞬時に世界に伝えられる時代では、技術は争いをも抑止できるのでは?との期待も持っていたが、独裁者の愚かな暴力の下には、それも幻想であったことを思い知らされた。

何のために争うのか?自国の領土のため?自国の経済が脅かされるから?自分の力を誇るため?自らが食べられない、生きていけないから?…おそらくそこには、本当に最低限必要なもののためでは無く、「共に生きる」ことを忘れた人間が、自らの中に存在する「欲望」「悪」のために争うのではないか?と思う。

脱線するが、昨年より畑を借り有機農業の真似を趣味で始めたが、時として目にも見えない程の小さな種から作物が実り、人間の食物となるとは、何という神の恵みであり、また平和の礎なのだと感じることもあり、感謝して頂いている。

私たちに与えられているものを主に感謝し、主に依り頼むとき、そこから自からの内なる平和、また他者、他国との間の平和が与えられるのではないだろうか?

先の戦争の犠牲により与えられた、この国が守り続けている平和憲法、争いをすべて避け、武力を放棄し、平和を求め続ける…ということは簡単ではない。単なる理想、絵空事、という声も特に今年になってから社会で強まったかもしれない。しかし、歴史において強大であった帝国の殆どが、歴史の下で滅びたことを思えば、己が力、己が知恵のみを頼みとすることの浅はかさが想像でき、聖書の語る「主にある平和」の大切さが理解して貰えるのではと思う。

福音書でイエス様は「あなたがたに平和があるように」と何度か語られ、パウロも書簡の中で「(イエスキリストからの)恵みと平和があるように」と語っている。キリストにある平和を常に受けて日々を歩みたいと思う。

マインド・コントロールとは

今月、連合牧師・主事会の折り、参加していたある牧師が青年時代に統一教会に入り、40万円もする印鑑を借金してまで買わされたことを話された。その時は、これが神の喜ばれることだと不思議に思わなかったが、今にして思えば、自分でも気がつかないうちに他の価値観をすべて否定し、教祖だけを全面的に信頼してしまうマインド・コントロールの恐ろしさに陥ったとのことである。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は、マインド・コントロールを巧みに利用して勧誘する。まず「あなただけに伝える」「せっかくいい先生が来ているから」「月にたった1回しか会えない人だ」などと希少性を強調して「1時間だけどう?」などと声をかける。そこから団体名を言わないうちに、教義が教え込まれていく。それでも怪しいと感じて誘いを断ると、今度は「あの時、こう言ったよね」「約束したよね」と持ちかけて、話が違うことを責める。こうして人間の心理を巧みに利用した挙げ句、「恐怖説得」を仕掛けてくる。「せっかく宗教的指導者に会えたのに」「こんなに大事な教えを知ったのに」という、いかにもおもんばかる言葉から「ここで辞めたら地獄に堕ちる」「○○さんはここで辞めて事故にあった」などと脅して、抜け出せなくする。そして、偉い先生が推薦していると宣伝する。9月に安倍氏の国葬が決まったが、「日本の国葬になった人も教祖様に敬意を表しているのよ」「だから家や土地を売ってでもお金を寄付しましょうね」と言って勧誘してくるに違いない。安倍氏の国葬でもっとも得をするのは旧統一教会かもしれない。

聖書は、人の心を恐怖心で支配するマインド・コントロールは否定するが、マインド(心)をコントロールすることについては語っている。それは、神の霊において悔い改めて新しくされること、罪に支配された人生に代わり、キリストによってもたらされる自由と喜びと希望に満ちた生活に変えられることである。「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」マルコ 12:30この「精神を尽くし」という言葉は、聖書協会共同訳では「知恵を尽くし」と訳す。つまり「考え、理解し、判断する知力の全てを尽くして神を愛しなさい」という意味である。このように見てくると、知性は信仰生活上、重要な要素の一つである。「知識がなければ信仰は迷信に移りやすく、信仰がなければ知識は冷淡に終わる」と内村鑑三は言う。知性を欠く時、信仰は迷信に落ち入りやすいことを肝に銘じたい。

希望に満ちた慰めの書「イエス・キリストの黙示」

「聖書日課」は新約聖書の最後の「ヨハネの黙示録」に来た。黙示録を読み始めると、難しい、分かりにくいという印象を持つのではないか。その主な原因は、黙示文学というわかりにくい形式で書かれているからである。「黙示」とは、覆いを取り去って、隠されていたものを明らかにするという意味である。人間が直接知ることのできない世界の始まりや終末、神の意志を、例え話で説明する形式である。

著者のヨハネは、当時迫害に遭い、エーゲ海の孤島パトモス島に流されていた。ある日、ヨハネは神の啓示によって未来の出来事を目にし、あらゆる災い、戦乱や飢饉、大地震などを記し、天使と悪魔の戦いや最後の審判の様子も記す。又、象徴的な数字や生き物が幾つも出てくる。最も有名なのは、獣の数字とされる「666」(13:18)。映画や小説で悪魔を指すとされるこの数字が、「ヨハネの黙示録」では具体名の記述はないものの、人間を指していると記される。その筆頭候補は、暴君として有名なネロ帝(在位紀元54~68年)。ネロの名前をヘブライ文字で表し、それを置き換えた数字を全て足すと「666」になると言われる。ほかにも、淫乱な女性の姿で表された「大淫婦バビロン」は、首都ローマを示しているとも言われる。

「ヨハネの黙示録」が、当時迫害を強めていたローマ帝国から各地の信徒を励ます目的で書かれたとすれば、信徒にはわかるが、ローマ人にはわからないようにするために、黙示文学が使われたのである。しかし一方で、「ヨハネの黙示録」に書かれていることは文字通り全て真実で、書かれている通りに世界の終末が遠からず来ると信じる人々が今でも後を絶たない。核兵器やテロの恐怖、新型コロナウイルスなどの疫病、地球温暖化などの環境問題、現在、世界が抱える問題は、その証拠だと考えるのだが、そのような文字主義に陥ることは、正しい理解とは言えない。

この書の目的は、苦悩する同時代の人々の「私たちの苦しみに意味があるのか」と言う問いに答えようとしたのであり、多難な出来事は決して無意味な悲劇ではなく、歴史の背後にあって、それを必ず完成させる力のある神の摂理の鎖の一環であること、各自には救いの歴史の完成に寄与する生き方があることを教え、主への信頼のうちに、その愛に踏み留まるように励ますことである。このことを私たちの中に留めることが出来た時、「ヨハネの黙示録」は、恐怖の終末を告げる予言書ではなく、希望に満ちた慰めの書「イエス・キリストの黙示」(1:1)であることがわかる。