Author: t-fuji

Home / Articles posted by t-fuji (Page 2)

父と母を敬う

母の日は、100年以上前に、米国の教会から生まれた。アン・ジャービスさんが20数年間、教会学校の教師として、常々「父と母を敬え」という十戒の中にある教えを子どもたちに教えていた。その彼女が1905年に召天し、娘のアンナ・ジャービスさんが、母親の記念会で、母を敬う気持ちで白いカーネーションを参列者に配った。その話に感動したジョン・ワナメーカーさん(百貨店王)が、自分のデパートで母の日のイベントを行い、これが全米に浸透していくことになり、1914年の連邦議会で、5月の第二日曜日を母の日と定めた。ちなみに日本には、宣教師から伝えられ、森永製菓が1937年、豊島園で母の日のイベントをしたのが全国的に広まるきっかけになった。ともかく母の日は教会から始まり、しかも「十戒」の第5番目の戒めである「あなたの父母を敬え。」出エジプト記20:12という教えがその基になっていた。
「十戒」には、人が神を愛し、人が人を愛して生きていくための方法が10の戒めにまとめられている。昔ユダヤにおいて、家庭という場所は神の言葉を教える所で、「父と母」は子どもたちにとっては、神から与えられた教師であった。ユダヤ人は「父と母を敬うことを通して、神を敬うことを学ぶ」という考えを持っていた。だから、「父と母を敬う」ということは、現代の私たちが考えている以上に大切なことであった。
現代は、「父と母を敬うことを通して、神を敬うことを学ぶ」という側面が軽んじられているのではないか。しかし、母親は、生まれて最初に出会う人間関係であるので、しっかり抱きしめて、愛情を注ぐなら、「母親が大事にしている信仰を、私も大事にしたい」という子どもが育つのではないか。「父と母を敬う」ことによって、子どもは愛を知る。子どもは、父と母を愛することを通して、神と他者への愛を学んでいく。
聖書は、両親を敬うばかりでなく、年老いた両親を世話することも命じている。「自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。」Ⅰテモテ5:8。神を敬っていれば、両親の世話をしなくてよいということではない。父と母というのは、自分の両親だけにとどまらず、広い意味では、周りにいる年長者をも含む。教会は神の家族である。地上では肉親はいなくなっている方も、教会には神の家族がいる。そういう意味では、教会の中には敬うべき方々が、世話をすべき方々が大勢いる。母の日をきっかけに、両親を敬い、年長者を敬う心を新たにし、家族の絆をよりいっそう深めていきたいものである。

 

信仰の継承のために何が必要か

クリスチャンの親にとって最大の願いは、わが子への信仰の継承ではないだろうか。信仰さえあれば、どんな境遇の中にあっても、喜びと感謝をもって生きていくことができるからだ。しかし、信仰の継承ほど難しいものはないことを私たちは経験する。たとえ受浸したとしても、生涯信仰生活を全うする子どもは少ないからだ。

アシュラムで奉仕してくださった山下萬里先生が、『信仰は教えこむことも、譲り渡すこともできません。私たちは、これが信仰だと思っているものを、自分で持っていると考えます。そこで「信仰のことは、私が教えてあげます」などと言うのです。しかし、どんなに偉い牧師であれ、先輩であれ、教えることのできるのは、知識であって、信仰ではありません。又、この信仰だけが私の財産だからこれを譲りたいと言っても、そうすることはできないのです。ですから、信仰者の子どもは必ず、信仰者になるとは限りません。私は、「子どもを信仰に導くことができなかったから、私の信仰は駄目なんだ」と落ち込んでいる人に、「そんなに落ち込んだりしなくてもよいのです」と申し上げたいのです。信仰は、主イエス・キリストから与えられるものです。ですから、問題は、私たちが主イエス・キリストに出会っているかどうかです。又、出会いの機会を備えることが大事なのです。』と語られたことに励まされる。

本日の「子ども礼拝」は、まさに子どもに主との出会いの機会を備えることである。主のために、司会や奏楽や祈りの奉仕をすることによって、緊張感は伴うだろうが、主は子どもたちの心に「よくやったね」と語りかけてくださるだろう。

上尾教会には、信仰の継承のために「親子聖書日課」という良いテキストがある。我が家でも5人の子どもたちと一緒に、聖書日課に親しんできた。子どもたちは、最初は一緒に聖書を読めたという喜びを見いだし、次に問題の答えを見つけたという喜びを見いだし、最後は聖書それ自体の中身を知る喜びを見いだしていった。子どもにはこんな出来事は知らせたくないという聖書箇所はいくつもあるが、子どもなりに受け止め、人間は罪深い者であることを悟っていった。

アルフレッド・テニソンは、「聖書を読むことそのことが教育なのである。」と言いったが、本当にそうだと思う。子どもたちが聖書に親しむことによって、思考力や判断力が身に付き、歴史にも興味を抱くようになり、何よりも豊かな心が育っていくのである。家族で食卓を囲むことが楽しいように、家族で御言葉を聴くことは楽しいひと時である。その醍醐味を味わいたい。さぁ「親子聖書日課」を始めてみよう!

大丈夫感覚 松原 宏樹(奈良キリスト教会牧師)

人間には持たなければならない大切な感覚が二つあります。

一つは、「自分のことを大切」と思う感覚です。

自分のことを大切と思うのか、逆にいらない人間と思うのかで、その人の人生に大きく影響を及ぼします。

ある少年鑑別所に入っている少年が「俺は両親の避妊の失敗で生まれた」と言ったそうです。

彼は自分のことを「失敗」と受け止めているのです。

聖書は、「あなたは私の目には高価で尊い」と書かれています。

生産性があっても、生産性がなくても、早くても遅くても、健常でも障がいがあっても、神の目には高価で尊い存在なのです。

二つ目は、「どんな時も大丈夫」と思う感覚です。

聖書に「万事相働きて益となる」と書かれています。

人生、右に転んでも左に転んでも神の大いなる手の中での出来事にすぎません。

渡辺和子先生が、幸せのありかと言う本の中で「大丈夫の小石」と言うことを書かれています。

自分の病気が治るかどうかと悩んでいる人に、「大丈夫と書かれた小石」を握らせてあげるそうです。すると、患者さんはとても喜んで「私の病気は治るのですね」と口々に言うそうです。

それに対し「これは、あなたの願っている通りになる、大丈夫の小石ではなく、どちらにころんでも大丈夫と言う小石なのです。」

聖書には、私たちの計画や人生が行き詰まっても、神の計画と神の道は開かれており、大丈夫どころか益になるとまで書かれています。

この二つの感覚は、人生においてなくてはならないものなのです。

 

この町には、わたしの民が大勢いる

私が青年時代、神奈川県の南林間駅の近くにあるカンバーランド長老高座教会を訪問し、牧師先生からお話を伺ったことがあった。当時、まだ人口の少なった町であったが、教会の皆さんがビジョンを抱いて果敢に伝道し、千人近くが礼拝に集う大教会になっていた。すると、スーパーや町の中でも教会員同士がよく出会い、選挙カーからは「キリストの町の皆さん」という呼びかけがあったという。「この町には、キリストの民が大勢いる」ことに、なんとも羨ましく感じたのを憶えている。

しかし、神は、私たち上尾の町にもキリストの民が大勢いることを約束している。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」使徒言行録18:9-10。この御言葉は、パウロがコリントの町で伝道に苦闘していたある夜、主が幻の中でパウロに語られた励ましの言葉である。伝道が進展しないことに、恐れてはならない。「語り続けよ。黙っているな。」とは、時が良くても悪くても福音を語り続けること。教会は沈黙することなく福音を語ることによって、教会となるのである。

主は続けて、「この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」と言わた。「この町」とは、私たちの住んでいる町である。まだ現実に見てはいないけれど、キリストの民が大勢いる。伝道の実りを約束する希望に満ちた言葉である。ここに神の予定を読み取る。予定とは単なる教理ではない。神の恵み深い決意であり、神の慈愛のご計画を表す言葉である。神が、主権をもってキリストに属する者を選び定めておられる。

今日の日本は、物質主義的な考え方、生き方が支配的である。だから日本の伝道は難しいと言われている。事実クリスチャンの数は人口の1%にも満たない。それどころか教勢は低下し続けている。これが目に見える現実である。しかし、主は、実は多くの人を信仰に導こうとされている。すでに神のご計画では、多くの民を教会に加えようとされている。ただそれが、私たちには見えないだけである。

主はパウロに「わたしがあなたと共にいる」と言われた。人を救いに導くのは、私たち人間の力では不可能であるが、共におられる主の力によって可能である。この日本には、この上尾の町には、「わたしの民が大勢いる」と言われる。だとしたら恐れずに、黙していないで、語り続けたい。まずこの町の人々のために祈りたい。そして「神はあなたを愛しておられ、人生に素晴らしいご計画を備えておられます」と伝えたい。

8巡目に入る「聖書日課」を新たに始めてみよう!

上尾教会の特徴の一つである「聖書日課」は、今週で8巡目を迎える。1988年、33年前、マタイによる福音書から始めて、旧約のマラキ書まで通読する聖書の旅は、約4年半で一巡する長旅であった。一号から今日まで欠かさず提出してくださっている佐川好子さんは、「聖書日課は私の宝です」と言って、聖書日課に励んでくださっていることは、作成する者としても嬉しい限りである。又、ご夫婦で新たに始めてくださった方もおられ、聖書日課がイスラエルの民を約束の地に導いた「雲の柱」「火の柱」のような存在になっていることに、深い感動を覚えるものである。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」マタイ4:4と主が言われたように、神の言葉は、「日々の糧」として今日生きる力を私たちに与えるのである。私たちは、神の言葉を聖書からいつでも聞くことができる。しかし、御言葉を聞くのは、礼拝の時だけという「サンデークリスチャン」になってしまうことはないか。これでは、神の力に与ることはできない。私たちは本来、神の言葉から離れては生きていけない。私たちが自分勝手に生きる時、そこには混乱が生じ、争いが生まれ、生きがいが喪失し、不平不満が生まれ、平安が失われる。

現代社会が抱えている多くの問題は、まさにこの神の言葉の欠乏から生じているのではないか。預言者アモスはすでにそのことを預言していた。「見よ、その日が来ればと 主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。それはパンに飢えることでもな

く 水に渇くことでもなく 主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。」アモス8:11。ここに描かれていることは、人がパンに飢えることでも、水に渇くことでもない。実に、人が主の御言葉に飢え渇くということである。

「御言葉への飢え渇き」は、私たちの生活のうちにいろいろな形で臨む。聖書を読んでも理解できない。そのうちに読むことすら止めてしまう。礼拝を軽んじるようになり、やがてそれが何の苦にもならなくなっていく。それはすべて神に対する不従順な態度から来る。神が、私たちに心を閉ざされることはない。神の言葉が、神の方から断たれることはない。今日の私たちには、繁栄と豊かさ、一見平和そうに見えるものの、その心の最も奥底において、全く空虚で、霊的に渇き切った姿があるのではないか。神の言葉にひたすら耳を傾け、霊的なものを求めていきたい。そのために、今週から8巡目に入る「聖書日課」を新たに始めてみようではないか。