Author: t-fuji

Home / Articles posted by t-fuji

召天者に倣う

親しい人たちが次々と亡くなっていき、「年を取ると言うことは寂しいことだ」との声を聞く。確かに、同世代が少なくなるのは寂しいことである。しかし、主を信じる者にとっては、天国での再会の日が近づいていることも確かである。『やがて天にて』という賛美の中に、「やがて天にて喜び楽しまん 君にまみえて勝ち歌を歌わん」とあるが、天国は私たちには想像がつかないほど、「喜び楽しむ所」である。その天国を待ち望むと、死ぬことへの恐れも消えていくのではないか。有名な詩編23篇4節に、「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。」とある。主を信じる者にとっては、復活の主が共に歩んでくださることで、死はすでに主によって滅ぼされており、「死の谷」はもはや、「死の陰の谷にしか過ぎない。

ですから、鈴木正久牧師がガンで余命わずかと知らされた時、「私は『死を待つ』のではなく、『キリストの日』に向かって歩みを進めているのです。」、天国の希望を語ったのである。上尾教会の墓石には、フィリピ3章20節のみ言葉、「わたしたちの本国は天にあります。」を取って、「我らの国籍は天にあり」と刻んでいる。この世の国籍や故郷は一時的なものだが、私たちの国籍は天にある。なんという特権、なんという祝福ではないか。天に国籍があるかないかの区別がはっきりとする主の再臨の日が、必ずやって来る。その日、主を信じるものはパウロが言うように、「わたしたちの本国は天にあります。」と告白し、天の御国に凱旋することができるのである。

私たちは、今しばらく、この地上を生きていかなくてはならない。その私たちの道のりにおいて、召天された方々の信仰に倣う必要があるのではないか。パスカルは、「私たちは、天に召された故人から受けたものを、私たちの人生の中に活かすことによって、いわば、故人を自分の内に再び生き返らせることになる。なぜなら、故人の願いが、そのまま私たちの中にあって、今もなお、生きて働いているからだ。」と語る。パウロも「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」 フィリピ3:17と語る。それは、自分を誇るのではなく、一方的な主の十字架の贖いによって救われ、福音宣教の戦いに生かされている自分に倣ってくださいと言っているのだ。召天された方々も、「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」と同じことを、私たちに語りかけているのではないか。信仰の戦いを立派に戦い抜き、本国である天国に帰って行かれた上尾教会の召天者に倣って、私たちも信仰の歩みを最後まで全うさせて頂きたい。

「祈り」という、最後にいちばんよい仕事が残されている

村田久行(京都ノートルダム女子大学教授)は、老年期を三つの喪失として捉えた。一つ目は時間存在の喪失、「もうじき死ぬのだから、何をしてもしょうがない」と、生きる気力も失う喪失。二つ目は関係存在の喪失、「現役を退いて孤独だ、誰も気にかけてくれない」という、他者との人間関係喪失。三つ目は自律存在の喪失、「人の世話になって迷惑かけ、何の役にも立たず、生きている値打ちがない」という喪失。

しかし、聖書は語る。「わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの『外なる人』は衰えていくとしても、わたしたちの『内なる人』は日々新たにされていきます。」Ⅱコリント4:16。体の機能は誰でも低下していく。しかし、「内なる人は日々新たにされていく」とあるように、精神的機能や霊的機能を向上させることは可能である。それは人がどれだけの使命感を持って生きるかにかかっている。信仰が生涯現役であれば、時間存在の喪失、関係存在の喪失、自律存在の喪失は私たちの前から消えていくだろう。

コヘレト書の研究者である小友聡先生は、説教の中で次のように語っていた。

「黒沢明監督の古い映画に『生きる』という映画があります。ある役所に勤める男が定年前に、ふとしたきっかけで自分が末期癌に冒されていることを知るのです。彼はまったく無気力な役人でした。住民が公園を造ってほしいと持ってきた嘆願書も、面倒くさいと握りつぶしていました。けれども、自分の命が短いことを知って、この役人は夢中になって公園建設に奔走するのです。そして、ついに完成した公園のブランコに乗って、彼は満面の笑顔で歌を歌いました。命短し、恋せよ乙女、ゴンドラの歌です。これはおなじみの映画のストーリーです。けれども、これが、実は、聖書が私たちに強く勧める生き方です。」

老いの後に来るものは死である。コヘレト書は、「空」で始まり、「空」で終わる。「なんと空しいことか、とコヘレトは言う。すべては空しい、と。」12:8。しかし、「死を覚えよ」ではなく、「創造主に心を留めよ」と語る。「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。」「青春の日々」とは、若い時だけを指すのではない。私たちの気力が失われない内に、「創造主に心を留めよ」12:1、それは神から与えられた仕事をしなさいとの勧めである。ヘルマン・ホイヴェルス(カトリックの神父)は、「神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。それは祈りだ。手は何もできない。けれども最後まで合掌できる。愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。」と語る。私たちの人生にも、「祈り」という最後にいちばんよい仕事が残されていることに感謝したい。

平和を考える季節に寄せて        教会員

この季節は、皆さんも平和について思いを巡らし、祈りを捧げることでしょう。

戦争はいつの時代にもあり、たぶんなくならない。それでも私たちは「御国がきますように」と祈らずにいられません。天の御国―神が統べ治め、完全な平和があるところ。いつかそこに全員集合しましょう!なんとしても全員で!

イエス様はこの世の終末のしるしとして、「わたしの名を名乗るものが大勢現れ・・・戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。」マタイ24:5-6、「大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴(しるし)が天に現れる。」ルカ21:11と言っています。戦争は起こるに決まっている!?世界平和が実現するとは言ってくださらない。ここは御国ではない。この事実を突きつけられます。この世に罪が入り込んで以来、すべては壊れていて何一つ完全なものはありません。私たちの体も心も、人間関係も、経済も、自然もどれも完全に調和して働いてはくれません。早く御国に行きたいものだと思うこともありますが、何としても全員でそこに集合したいので、この時代にできる限りの私にできることをしてから御国へ行って、主にほめてもらいたいなあと思っています。

イエス様は、終末が来る前に、「御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。」マタイ24:14とも言っています。今日、二千を超える部族、民族はイエス様の福音を聴いたことがないそうです。でもイエス様は「全世界に宣べ伝えられる」と言ってくださっているので、必ずすべての国民が福音を聴く時代が来るということですよね。その一端をこの時代において担いたいです。でもどうやって担いましょう?

パウロはで私たちのためにこう祈ってくれています。「人の知識をはるかに超えるこの(キリストの)愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。」エフェソ3:19。

神様の良い性質である愛、謙遜、優しさ、誠実、寛大。私たちがこれらに満たされたら、周りの人々はそこに、目に見えない神を見るでしょうか?きっと見ると思います!でもそのために私は自分の十字架を負わなければならないでしょう。一日のうちに何度も私の考えを、意見を、自分勝手な自分を十字架につけなければならないでしょう。でもそのようにしてでもイエス様のようになってみたいです。イエス様が見るように周りの物事と人を見て、行動したいです。そうやって目に見えないイエス様を人々に見えるようにしたいです。平和を考える季節にあたり、私の決意です。

あなたが大切                 教会員

8月最後の日曜日、小羊会のお楽しみ会は「夏祭り」でした。ずっと楽しみに待っててくれた子、朝から「今日はおまつりだよ〜!」ってはしゃいでくれてる子。しかし、小羊会ですからね、夏祭りの前にちゃんと「小羊会標語」「五つの約束」を今回も声に出してみました。五つの約束はリーダーは未だに順番があやふやなのに比べ、ついこの間まで同じくらいあやふやで自信無さげだった小羊達が「1、聖書を読む!2、お祈りをする!…」スラスラっと。「えー!いつの間に⁈」小羊たちの成長に感動し、己があやふやさに内心焦りまくりでした。

そしてもう一つ「世界中の子どもたちが」(詞:新沢としひこ 曲:中川ひろたか)の歌を手話で挑戦しました。♪世界中の子どもたちが一度に笑ったら 空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう♪ 2番は、♪世界中の子どもたちが一度に泣いたら♪

3番は、♪歌ったら♪と続き、サビは♪世界に虹をかけよう♪と、盛り上がりと共に手話の動きも大きく虹を描きます。覚えやすいメロディと単純明快な歌詞は繰り返すほどに深く心に響きます。過去は変えられないけれど、過去の愚かなあやまちを忘れてしまうのではなくしっかりと継承しながら、未来を創っていく子どもたちに「いっぱい笑って、泣いて、歌って、みんなで大きな虹をかけよう!」とメッセージし続けていく役割を、大人たちは神様から託されているのではないでしょうか。

そのメッセージとは。

「未来は君たちの肩にかかっているのだよ」という丸投げではなく、楽しかったな、悲しかったな、嬉しかったな、悔しかったな…たくさんの経験をする中で、どんな時も自分を見ていてくれる大人たちの眼差しそして神様の眼差しを、信じて大丈夫だよという安心と確信を伝え続けることだと思います。神様は「あなたは高価で尊い」と断言されます。世界中の一つひとつの命がその眼差しを知ったら、命を奪い合う戦争を選択しない力を持って歩いていけるのではないでしょうか。

お待ちかねの夏祭りは、的当て、輪投げ、金魚すくいにシャボンスティック屋さん。引換券入りのマイポシェットを下げて「次はどれにしようかな〜」わくわく!

思い思いの場所で遊んでは景品の駄菓子をもらって手提げ袋はパンパン!
引換券を全部使い果たして、締めのおやつは「噴水フルーツポンチ」でした。

楽しそうでしょ? 「平和な人には未来がある。」詩編37編37節

 

平和を祈る                 教会員

私は今まで戦争と聞いても、”日本の戦争は終わった””広い世界の一部で起きていることだ”と、どこか遠くの話のように感じていました。しかし、現在は身近なことと感じてきました。戦争の映像がテレビで取り上げられ、日常が一瞬で奪われる現実を目の当たりにし、自分の生活もいつ変化が起きてもおかしくないのだと自分事として考え始めました。目的のためならば人の命や自由を奪ってよいのか、他に方法がなかったのか、認め合うことができないものかと疑問もやみません。また、戦争で犠牲になる人や家族、日常を奪われた人々が何を希望に生きていけばよいのか絶望感を覚えます。戦争に恐怖を感じたというより、”戦争をしてしまう人間の心や力”に恐怖を覚えました。そんな時、私は神様に祈ることしかできません。

子どもの頃、77年前の戦争について学び、“人の命を奪ってまで得たいものは何なのか”とても疑問に思ったことを覚えています。もう戦争はしてほしくないと多くの人が学んだはずなのに、人間はまた同じ罪を犯しています。実際に戦争を体験した方も減ってきており、戦争の恐ろしさが薄れてしまっているのかもしれません。日本が戦争をし、たくさんの命が奪われたこと、たくさんの方が今も苦しんでいることを決して忘れてはいけないし、子どもたちに正しく伝えていかなければならないと思っています。

戦争や人々の争いを見る度、私たちは何のために生きているのか、神様はなぜ人間を造られたのか、と考えさせられます。創世記には、”人がそこを耕し、守るように住まわせた。””人が独りでいるのはよくない。助ける者を造ろう。”と書かれています。私たちは争い合うためでも誰かを支配するためでもなく、「助け合うために造られたのだ。」と神様は話しておられました。私はそのことを多くの人に伝え、一日も早く平和を実現できるようにと祈ります。

「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』」マタイ22:37~39

私たちの罪を赦し、一日も早く慰めを与えてください。みんなが神様の平和を求めますように。