最上のわざ 

Home / 週報巻頭言 / 最上のわざ 

最上のわざ

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり 働きたいけれども休み

しゃべりたいけれども黙り 失望しそうな時に希望し

従順に、平静におのれの十字架をになう

若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見つけてもねたまず

人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、

弱って、もはや人のために役だたずとも 親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物

古びた心に、これで最後のみがきをかける

まことの故郷へ行くために

おのれをこの世につなぐくさりを少しづつはずしていくのは、真にえらい仕事。

こうして何もできなくなれば それを謙遜に承諾するのだ。

神は最後に一番よい仕事を残してくださる。それは祈りだ。

手は何もできない。けれども最後まで合掌できる。

愛するすべての人の上に、神の恵みを求めるために。

すべてをなし終えたら、臨終の床に神の声をきくだろう。

「来よ、わが友よ、われ汝を見捨てじ」と。

上記は、ヘルマン・ホイヴェルス(カトリックの神父、上智大学元学長)が書いた『人生の秋に』に紹介されている「最上のわざ」という詩である。「老いの重荷」は「神の賜物」として与えられているという。さらに私たちには、神が最後まで残してくださった「祈り」という「最上のわざ」を捧げることができるという。この一言一言が心に沁みてくる。人生の最終段階において、たとえ何もできなくなったとしても、最後まで祈りを捧げることができるということは、何と感謝なことか。「病気で寝たっきりになっても、私にはやることがあって、これでも毎日忙しいですよ。」と、お見舞いに行った方から言われた。お聞きすると、毎日、御言葉を聴いた後に、信仰の友のために、教会のために、人々の救いのために、一時間は祈るとのこと。「美しく老いる」という言葉があるが、この方の生き方は、まさにそのように年を重ねる姿ではないか。「最後まで合掌できる」私たちも、このように年を取りたいものである。