命(ぬち)どぅ宝 絶対に戦争してはいけない

Home / 週報巻頭言 / 命(ぬち)どぅ宝 絶対に戦争してはいけない

5月15日は、沖縄の施政権が米国から日本に返還されて50年になるが、そのことが、沖縄の人々に本当によい結果をもたらしていないと感じる。それは、沖縄の人々が望んでいた内容とは違い、現在も多くの基地が残され(日本にある米軍基地の70%が沖縄に集中し、沖縄本島では総面積の15%を占める)、日常的に米軍基地による環境汚染や騒音、米兵による事件、事故などの被害が後を絶たないからである。沖縄の人々は、日本国憲法で保障される基本的人権や平和的生存権が適用されていないと嘆く。戦時中は、本土防衛のために沖縄は捨て石にされ、今も県民の反対を押し切って辺野古新基地建設が進められ、南西諸島に自衛隊のミサイル基地が配備されていることに、再び沖縄が捨て石にされるのではないかと、大きな不安や憤りを感じている。沖縄では、「日本」復帰ではなく、独立論を唱える人もいる。

かつて沖縄県は、琉球王国と呼ばれた。1429年、尚(しょう)巴(は)志(し)という人物が、首里城を中心とし、中国や日本、アジアの国々と交易し、武器を持たない平和な島として栄えた。しかし、1609年、薩摩藩が兵を琉球に送り込み、270年間、薩摩の支配下に置いた。さらに明治政府は、1872年に琉球藩を設置し、1879年に琉球藩を廃して沖縄県を設置した。いわゆる「琉球処分」と言われるもので、これにより、琉球王国の約450年にわたる歴史は幕を閉じた。侵略の経験を歴史に持つ沖縄の人々にとって、今のウクライナの人々の苦しみを肌で感じるとのことである。

県民の4人に1人を沖縄戦で失うという悲しみを経験しているが故に、「命(ぬち)どぅ宝、絶対に戦争してはいけない」と言って、新基地反対のために毎日座り込んでいる、おばあ、おじいの姿に心を打たれる。そして「沖縄の基地問題は、日本の問題ですよ」と問いかけられる。沖縄の痛みを、自分の痛みにしているのかと問われると申し訳ない気持ちでいっぱいになる。私は今まで沖縄に多少なりとも関わってきたつもりでいた。日本に返還されて3年後(47年前)、沖縄に伝道隊として行った。20年前には、那覇新都心教会の会堂建築のために、何度となく足を運んだ。それ以後も教会組織や上尾教会・瑞穂教会合同伝道隊でも行った。しかし、沖縄の痛みには鈍感であった。そんな折、「沖縄から宣教を考える会」の世話人となり、毎月、沖縄の情報を得ることができ、「命(ぬち)どぅ宝、絶対に戦争してはいけない」という非暴力運動に生きる沖縄の人々と共に声を上げていきたいと、強く示されるようになった。