できるかぎりのことをする

Home / 週報巻頭言 / できるかぎりのことをする

先週 NHK総合「おはよう日本」で、「さだまさし・中村哲医師にささげた曲“私に出来る事を為せば良い”」という番組を見た。さだまさしさんは、コロナ禍について、「心が倒れかかっている。あまり厳しく自分を追いつめないこと、大きく深呼吸する事。中村医師のように“20年がかりで水を引けば良い”くらいの気持ちで人生を考えながらきょうを生きられたら、足元ではなく遠くを見る事ができるのではないか」と話す。そして、中村哲医師の生き方に感銘を受けて、下記のような「一粒の麦~Moment」という歌を作詞作曲する。

ひと粒の麦を大地に蒔いたよ ジャラーラーバードの空は蒼く澄んで
踏まれ踏まれ続けていつかその麦は 砂漠を緑に染めるだろう
戦に疲れ果てた貧しい人達には 診療所よりも一筋の水路が欲しい
水があればきっと人は生きられるだろう 諍いを止める手立てに
薬で貧しさは治せない 武器で平和を買うことは出来ない
けれど決して諦めてはならない
ひと粒の麦の 棺を担う人に 伝えてよ悲しんではいけないと
この星の長い時の流れの中で 百年など一瞬のこと
ペシャワールの山の向こうの見果てぬ夢以外に 伝えたいことは他にはあまり無い
珈琲カップに夕日が沈む頃に ふと思い出してくれたらいい
いつか必ず来るその時まで 私に出来ることを為せば良い 私に出来るだけのことを
薬で貧しさは治せない 武器で平和を買うことは出来ない
夢はきっと引き継がれるだろう 私に出来ることを為せば良い 私に出来るだけのことを

*サビの部分の「Moment」という言葉は、省略

「私に出来ることを為せば良い。私に出来るだけのことを」という言葉に励まされた。聖書の中にも、「この人はできるかぎりのことをした。」マルコ14:8と、主がナルドの香油を注いだ女性に対して言われた。「私には、これもできない、あれもできない」と、失望することはないか。それは、人と比べるからである。しかし、神は私たちの人生に、それぞれにふさわしい賜物を与えてくださった。その賜物を見出すなら、「これなら私に出来る」と、喜んで神と人のために用いることができるだろう。中村哲医師の生き方は、「一粒の麦」となって、私たちの心を豊かなものにしてくれる。