あなたが大切                 教会員

Home / 週報巻頭言 / あなたが大切                 教会員

8月最後の日曜日、小羊会のお楽しみ会は「夏祭り」でした。ずっと楽しみに待っててくれた子、朝から「今日はおまつりだよ〜!」ってはしゃいでくれてる子。しかし、小羊会ですからね、夏祭りの前にちゃんと「小羊会標語」「五つの約束」を今回も声に出してみました。五つの約束はリーダーは未だに順番があやふやなのに比べ、ついこの間まで同じくらいあやふやで自信無さげだった小羊達が「1、聖書を読む!2、お祈りをする!…」スラスラっと。「えー!いつの間に⁈」小羊たちの成長に感動し、己があやふやさに内心焦りまくりでした。

そしてもう一つ「世界中の子どもたちが」(詞:新沢としひこ 曲:中川ひろたか)の歌を手話で挑戦しました。♪世界中の子どもたちが一度に笑ったら 空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう♪ 2番は、♪世界中の子どもたちが一度に泣いたら♪

3番は、♪歌ったら♪と続き、サビは♪世界に虹をかけよう♪と、盛り上がりと共に手話の動きも大きく虹を描きます。覚えやすいメロディと単純明快な歌詞は繰り返すほどに深く心に響きます。過去は変えられないけれど、過去の愚かなあやまちを忘れてしまうのではなくしっかりと継承しながら、未来を創っていく子どもたちに「いっぱい笑って、泣いて、歌って、みんなで大きな虹をかけよう!」とメッセージし続けていく役割を、大人たちは神様から託されているのではないでしょうか。

そのメッセージとは。

「未来は君たちの肩にかかっているのだよ」という丸投げではなく、楽しかったな、悲しかったな、嬉しかったな、悔しかったな…たくさんの経験をする中で、どんな時も自分を見ていてくれる大人たちの眼差しそして神様の眼差しを、信じて大丈夫だよという安心と確信を伝え続けることだと思います。神様は「あなたは高価で尊い」と断言されます。世界中の一つひとつの命がその眼差しを知ったら、命を奪い合う戦争を選択しない力を持って歩いていけるのではないでしょうか。

お待ちかねの夏祭りは、的当て、輪投げ、金魚すくいにシャボンスティック屋さん。引換券入りのマイポシェットを下げて「次はどれにしようかな〜」わくわく!

思い思いの場所で遊んでは景品の駄菓子をもらって手提げ袋はパンパン!
引換券を全部使い果たして、締めのおやつは「噴水フルーツポンチ」でした。

楽しそうでしょ? 「平和な人には未来がある。」詩編37編37節