あげおDoing

Home / Archive by category "あげおDoing"

敬老祝福式

9月16日   💕 敬老祝福式💐💕

 

上尾教会では、80歳以上の皆さんのこれまでの歩みを感謝し、そしてこれからもお元気で神様と共に齢を重ねられますよう、お祈りと賛美で祝福式を行いました😊

教会の子ども達から、お花のプレゼント🌹

 

お礼にと、お得意のハーモニカを演奏してくださいました

『里の秋』

どこからともなく歌声が重なり、懐かしく心に沁みるハーモニカの音色に会堂はほっこりムード(*´꒳`*)❤️

 

♫歌いつつ歩まん  ハレルヤ ハレルヤ

歌いつつ歩まん  この世の旅路を♫

どうかどうかお元気で、来年もまたこの素敵な笑顔をよろしくお願いいたしますね(^_-)-☆

 

恒例の記念写真で、はい!ポーズ💝

 

 

8月~平和月間~

8月🌺

上尾キリスト教会では、毎年8月を「平和月間」として大切に過ごします。

今年も毎週の礼拝で特別プログラムを持ちました(*´꒳`*)

 

8月5日

午後のひと時、沖縄 佐敷教会牧師の平良修先生のインタビュー番組 、「こころの時代『イエスと歩む沖縄』」を観ました。きっと今日も、先生ご夫妻は辺野古の基地前で沖縄の平和を訴えていらっしゃるでしょう。沖縄は遠いから何もできないのではなく、本土にあって、本土だからこそできることを考える時でした。

 

8月12日

上尾キリスト教会の牧師館購入からリフォームまでをきっちり面倒を見てくださった、一級建築士のKさん(教会員)。ご自身の生い立ちを軸にだんだんと日常が戦争の色に塗り替えられていく様子、そして戦争が終わりK少年の学校生活も変化していったことをお話くださいました。これは目の前にいるKさんの体験してこられた事実なんだ!と意識していないと、「戦争を知らない」世代の者には、まるで小説を読み聞かせしてもらっているような錯覚に。。。こうして直接 戦争体験を聞くことのできる「戦争を知らない」世代は、もうそれが出来なくなる次世代へ伝えていく使命を感じます。

本当に難しいことだけど。。

 

8月19日

  

絵本読み聞かせ

『世界はいったい 誰のもの?』

小さな子たちは絵本を観ながら。大きな人たちはパワーポイントを観ながら。

 

せかいってなあに?     だれのためにあるの?   森の奥でクマの子がママに、あつい草原でライオンのぼうやがパパに、海の中でクジラの子がかあさんに、人間のぼうやがお父さんに、聞きました。

せかいは きみのためにあるんだよ。

生きとし生けるもののために。。

 

神さまが造られた地球。神さまが与えられた命。何人をもそれを脅かしてはならないのです。

 

8月26日

高校生&青年の皆さんが、それぞれに思う「平和」を聞かせてくれました。一見大きな争いごとはなく平和に過ごしているけれど、例えば、学校という社会の中のクラスに存在する「スクールカースト」(生徒の人気の度合いで立場に階級が自然発生すること)。外国に行って感じる貧困や人種差別。それぞれの取り巻く環境の中で息苦しさを感じながら、一所懸命に考え、過ごしている様子に大人たちはじっと聞き入っていました。

彼らの一人が言いました。

自分の隣にいる「人」と話すこと、簡単じゃないってわかってるけど、それがまず一歩かな。

 

「平和」

8月だけでなく、いつも心に願い求めていたい、大切なこと。。。🌈

 

スイカ割り!

8月最後の日曜日。

上尾市の小・中学校は明日から二学期が始まるので、楽しかった夏休みが終わってしまうお名残惜しい日曜日。

しかし、上尾キリスト教会 幼小科ではどぉーんと楽しい目玉企画が催されました‼️

 

教会玄関ロビーに鎮座ましますのは大きなスイカ!

そう!スイカ割りです!

ザ・夏休み!🌻☀️🍉⛱なこの企画、子どもたちはとっても楽しみにしていました。しかも、紙風船のスイカやトマトがダミーで置かれているという、幼小科の先生の遊び心も光ります😎✨

さてさて、目隠しをして、ちびっこは紙を丸めた棒、大きい子は本当の竹刀を持って、

いざ!我こそは!

 

「もうちょっと右!そうそう!」お兄ちゃんの声に導かれて…えい!

 

 

今度はお兄ちゃん。大真面目に3周回ったら、あれれ(^◇^;)

周りの声は軌道修正させよう大盛り上がり!弟クンも一所懸命!

えい!!

 

まぁね、スイカだってそう簡単には割れてくれません。さぁ!ちびっこ総出で挑みます٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

  

  

う〜〜ん💦💦   びくともしないスイカに、再度挑戦!

  

  

何回目かともなると、叩きっぷりも堂に入ってd( ̄  ̄)

お!スイカにひび割れが出来てきましたよ!

 

ここいらで一気に仕留めようと、大きなお兄さんお姉さんが竹刀を握りました!

  

さすが!構えはなかなかキマっています✨✨これは期待できるか!

  

おりゃ‼︎         。。。。。

大きなスイカはなかなか抜けません… ん?いやいや、割れません(^◇^;)

 

そろそろ割れてくれないと、スイカを食べる時間がなくなってしまいます。と、いうわけで真打ち登場👏👏

 

みんなの声を頼りに狙いを定めて…

  

バシュッッ‼️

果たしてスイカの運命やいかに!

 

  

フッ…  一件落着。

と言ったかどうかはさておき(・∀・)   スイカには見事な亀裂👍👍

 

この後子どもたちは、礼拝が始まるまでの残り少ない時間まで大急ぎでスイカをいただきました(o^^o)

もちろん、大人もお昼ご飯のデザートに🍉🍉

 

今年2回目の献児式♡

7月22日、とても嬉しいことに、今年2回目の献児式が行われました💝

 

聖書

「幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みにつつまれていた。」 ルカによる福音書2章40節

お祈り

Babyの頭にそっと手を添えて、牧師による祝福のお祈り

 

  

教会は、Babyが礼拝に来られるようになる日を今か今かと楽しみに待っておりました(*^^*)       そんな思いを代表して、女性会から絵本のプレゼント🎁💕💕

 

  

27年前、自分もこの上尾教会で献児式をしてもらって、今度はこうして娘の献児式ができて皆さんに祝福してもらえたことが本当に嬉しいです、とママ。

お互いクリスチャンホームに生まれ、奇しくも同じ家訓の中で育ってきました。僕たちもその家訓を引き継いで、神様に仕える家族として歩んでいきたいです、とパパ。

 

同じ家訓に育まれたニューファミリー。神様の祝福いっぱいの三世代ショット✨💖✨💖

 

最後に、イエス様の愛に包まれて元気で大きくなぁれ!の思いを込めて「主われを愛す」を賛美して献児式は無事終了(^^)〜♫

 

 

サニーホーム

上尾教会には、毎年7月になると必ず出かけていく所があります。

北本市にある特別養護老人ホーム「サニーホーム」。

サニーホームとは、もうかれこれ30年来のお付き合いになります(*´꒳`*)   いつの間にやらずい分と長い年月を重ねましたが、その頃ちびっ子だった子たちが大人になって、ママやパパになり、ちびっ子二世がちょこまか走り回る、そんな歴史を刻みつつ、2018年もサニーホームを訪問してきました。

 

♫グー チョキ パーで  グー チョキ パーで  なに作ろ〜   なに作ろう〜♫

  

♫夏も近づく 八十八夜♫   ❗トントン❗

 

  

聖書のお話の紙芝居や「ふるさと」の歌。

♫うさぎ追いし  かの山    小鮒釣りし  かの川♫

永遠の大ヒットソングは今年も大合唱になりました♪( ´▽`)/

 

そしていよいよクライマックス(*≧∀≦*)‼

みんなで風船ポンポン ターイム٩( ᐛ )و!

  

ふわぁん 🎈 ぽょん🎈 ホワン🎈ふよょん

カラフルな風船がホールいっぱいに飛び交い、入居者さん達も思わず手を出して…

  

中には身体いっぱいに「えぃっ!」と投げ返してくださる方も(≧∇≦)

 

ワイワイと賑やかな歓声の中、静かに目を閉じていらっしゃるお一人の方。

「音楽を聴いてるの。。(*´꒳`*)」

風船遊びの間、キーボードから流れていた♫しゃーぼんだーまー  とーんーだー♫のメロディに身を委ねていらっしゃいました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎて、最後に今度は賛美歌の大ヒットソング「いつくしみ深き」を歌いました。

…と、どこからともなく手拍子が(⊙ω⊙)!

♫いつくしみ深き  友なるイエスは〜(ハァーどっこい!)♫     みたいなノリ!

入居者の皆さん、何とも楽しそうに賛美歌に手拍子を合わせ、宴もたけなわ今年のサニーホーム訪問は幕を下ろしました。

 

「元気でね!またね!」

この小さなハンドパワーに、大人は全くかないません❤(*´꒳`*)❤

 

 

泉のほとり~7月~

西日本豪雨災害の被害の大きさに驚き、被災された方々の今は、私たちの持てる想像力のありったけをかき集めても、その現実に及ばないことを突き付けられます。そんな力ない者達であることを自覚しつつ、上尾キリスト教会は全能なる主のお守りと慰めがありますように心からお祈りしています。

 

 

 

7月の泉のほとりは「書に親しむ」と題して、思い思いに筆をとり、書道のひと時です。

 

  

着々と準備が整えられていきます。颯爽とマイ硯(すずり)とマイ墨で準備万端な方も!

 

  

本日のリーダーは我らが親愛なるOさん✨✨

毎週の説教題をずっとお一人で書いてくださっています。今もなお師についてお稽古に励んでいらっしゃるそうです。ちなみに右の写真は、Oさんの書かれた来週7月15日の説教題。教会前の掲示板に貼られています(^-^)

 

  

Oさんが準備してくださったお手本を見たり、聖書から自分の好きな言葉を見つけたりしながら、皆さん一心不乱に半紙に向かいます。

 

  

昔わんぱくクン達。   今わんぱくクン達。

それぞれの時間を満喫中٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

  

一時間半、まぁ~~皆さん夢中で書いておられました。

聖書の言葉を「読む」のではなく「書く」というのは、そういえばあまりしないかもしれません。どの作品もその方にしか書けない、味わい深いものばかりでした(*´꒳`*)

 

この後は、恒例のティータイム❤

無心無言の一時間半の後のお喋りですから、それはそれは…楽しかったです!(≧∀≦)!

 

 

上尾教会 バーベキュー

☀関東甲信地方観測史上初!6月の梅雨明け宣言

そんな、喜んでいいのかどうかよくわからない記録の出た翌6月30日(´⊙ω⊙`)

 

❗2018年 早くも半年を終え、明日から7月 折り返し地点❗

これも、喜んでいいのかどうか ただただびっくりの6月30日┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

上尾教会は、毎年恒例のバーベキューに繰り出しました!!

 

さぁ〜〜て!\(*^ω^*)/

ちびっ子達も野菜を洗ったり、椎茸の茎をハサミで切ったり、みんなでサクサク準備万端!

 

梅雨明けした陽射しが容赦なく照りつける中、参加した面々は負けじと太陽と火の暑さに挑みます🔥\\٩( ‘ω’ )و //🔥

 

それにしても 暑いです😵💦💦

 

たらふく食べて!

 

おしゃべりに興じ🎶 ダンゴムシとも戯れ🎶

  

 

2018年の上尾教会バーベキューは無事終了‼

 

 

 

 

 

泉のほとり 〜6月〜

6月の泉のほとりは「終活のおはなし」でした。

6月=梅雨=雨☔☔。。このお約束を裏切ることなく、朝からけっこうな雨でしたが、教会近隣の方々も足を運んでくださり、約30名の皆さんでお話を聴くことができました。

 

 

本日の資料と講師の松崎氏。

   

キリスト教専門葬儀社の方ですが、たくさんのご経験と知識の中から、キリスト教のお葬式にとどまらず、一般的なお葬式、また、地域によるお葬式の違い、お葬式に見る時代の移り変わりなど、知っているようで意外と知らないお葬式事情に一同「ほう〜〜(‘ω’)」

 

「その日」に向けて自分が準備しておくべき、まずは断捨離。自分にとっての思い出の品は、家族にとってはただのゴミ!…一同「ちーん( ̄▽ ̄;)」

 

「その日」、大いなる悲嘆の中で遺族の決め事は容赦なく起こってくる。冷静な判断力は…まず持てない。そんな中、必要以上の葬儀費用にならないために、自分の葬儀はどうしてほしいのか、普段からよく家族と話しておく。一同「…なるほど(˙-˙)」

 

何となくタブー視されがちな「死」についてのお話ですが、考えてみれば誰にももれなくやってくる「その日」。自分の思いや願いを話したり形にしたりする事は、自分のためには勿論、周りの人たちのためにもとても大切な事なのだとあらためて気付かされました。

 

❤泉のほとりのもう一つのお楽しみTea Time☕❤

手作りカステラとコーヒーをいただきながら、質問タイムです。

様々なケースに出会う牧師からの質問や、最近聞く「生前葬」、お墓のお引越しなどが話題に出ました。

 

 

やはり、自分の事として「死」を捉えるのはなかなかハードルの高いものかもしれません。

でも。。。

「その日」にどう備えるかは、言い換えれば 私は「今」をどう生きるか、に繋がるのかな…

そんな風に思えた「終活のおはなし」でした🕊

 

 

さてさて、次回の泉のほとりは…

 

7月11日(水)  午後1時〜

書に親しむ🎐(参加費無料)

 

初夏のひととき、皆さんで静かな和の時間を楽しみましょう〜(^^)/

 

 

 

父の日礼拝

6月17日は「父の日」礼拝でした。

「母の日」に比べてちょっと影の薄い「父の日」ではありますが(^^;) 上尾教会では「母の日」同様、今年も「父の日」礼拝の中で子ども達からの可愛いプレゼントや証の特別プログラムがありました。

 

👔父の日👔💐👔💐👔

1910年アメリカ、ワシントン州のジョン・ブルース・ドット夫人が、妻に先立たれ男手一つで6人の我が子を育てあげた自身の父親を思い、その労苦をねぎらい尊敬する日として、既にあった「母の日」に倣って「父の日」を教会に嘆願。それを受けて1934年頃、6月の第3日曜日と決められてアメリカの年中行事の一つになった。

のだそうです。

 

「父の日」もキリスト教会から生まれたのですね!

知らなかった〜〜f^_^;

 

さてさて、今年のお父さんへのプレゼントは…

色付き貝殻で縁どられた台紙に思い思いに描かれた絵と、聖書に挟むのにぴったりフィットのしおり♡

 

 

単身赴任中のパパに作ったプレゼント、パパの代わりにママがしっかりと2人の愛娘の作品を受け取りました。そして、インドで頑張っているパパに届け!と超恥ずかしがり屋シスターズ渾身の「パパ、ありがと!」

 

続きまして、こちらの愛娘はパパから離れず(^◇^)💦💦

でも、プレゼントと「パパ大好き❤」の心の声は、ちゃーんとパパに届きました。

 

そしてそして‼

二日前にBabyが誕生したばかりの、なりたてホヤホヤのパパです\(*^ω^*)/

 

Babyと なりたてホヤホヤのママはまだ病院ですが、記念すべき初めての「父の日」をちゃっかり教会で先取りしちゃいました!(≧∇≦)

 

そして「わたしの父」と題しての証。

お父様の葬儀式が上尾教会で行われて早や10年。あらためてお父様がバプテスマ(洗礼)を受けた時の信仰告白を読まれ、「イエス・キリストをわたしの救い主と信じる」決心に導かれたその告白は、25年経ってもなお力強く聴く人の心に深く沁みわたりました。

 

 

生まれたばかりの命から、天国に還った命まで、神様の祝福に溢れた「父の日」礼拝でした⛪(*´꒳`*)⛪

 

 

☂本日のお花☂

紫陽花がひときわ存在感を放っておりました。いっぺんに「6月」と「梅雨」を連想させてくれるお花です。桜と同様、期間限定で季節を代表してくれるお花には、何とも惹かれる魅力がありますね(^^)

 

予告〜泉のほとり 6月〜

場所は教会。

講師はキリスト教専門葬儀社の方。

ではありますが、「そこ」にこだわること無く、広〜く終活のことについて伺います。

人に聞くに聞けないことも、何でもご質問なさって下さい。豊富な知識とご経験からいろんなお話が飛び出してくると思います👍

 

6月20日水曜日  午後1時から

あなたのお越しをお待ちしております💐m(_ _)m💐