週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

豊かな礼拝を目指して

先日「式文を用いた教会形成研修会」に出席して、豊かな礼拝を目指していくために何が必要か、よい学びの機会となった。バプテストの礼拝の特徴は、「自由」「出席者による主体的形成」であると言われる。祈りは自由であり、礼拝形式も伝統型であったり、現代型であったり、教会が独自に選び取っている。さしずめ上尾教会は、プレイズソングを歌ったり、様々な視聴覚も取り入れているので、混合型と言えよう。

自由祈祷には、各自の思いが込められていて良い面と、訓練なしに行うと、主観的になり、紋切型で内容の乏しいものになりやすい。講師の松見俊先生から、「バプテスト教会では、よく奉仕や祈りなどを依頼するが、その為の訓練や教育をしているか」と問われた。そう言われてみると、最初だけで、任せっきりにしてしていることが何と多いことか。礼拝における祈祷の吟味を、牧師と信徒が協働してする必要がある。

松見先生から、バプテスマや主の晩餐では「式文」を作成して、牧師と信徒が協働してきた経験を伺った。「牧師は全部自分でやろうとします。ですから、式の意味の説明はなし。教会もいわゆる“礼典”を牧師に委託するとは言っても、内容は“丸投げ”です。式文があれば、信徒たちが働きを分担する可能性が開けてきます。バプテスマ式の式辞、聖書朗読、祈祷など、その式文に沿って、執事に担当して頂き、私は“父と子と聖霊によってあなたにバプテスマを授けます”ザブ~ンだけの担当です。主の晩餐式も牧師だけが晩餐卓に立ち、司式を独占します。祈祷式文があれば、晩餐式の形態も含めて、牧師と信徒が協働するというバプテスト的な改革の余地が広がってくると思います。」

宣教研究所では、4年の歳月をかけて、「バプテスト教会において豊かな式を形作る言葉と祈りのためにー視点と参考例」(式文)を作成した。礼拝・礼典だけではなく、様々な式典も含まれているが、時代の変化に伴って、「動物の埋葬の祈り」「離婚式」「教会解散式」「牧師退任感謝式」といった項目もあった。バプテストは各個教会主義なので、定まった式文をもたないが、宣教研究所が「式文」を提案したことによって、諸教会が「式文」を教会員みんなで考え、「オリジナル式文」を作ることが期待されている。

上尾教会では、宣教研究所が作成した「式文」を基に、豊かな礼拝を目指して、これから時間をかけて一つ一つのことを吟味していきたい。牧師と信徒が協働して礼拝を捧げていくために、「礼拝の流れ」「開会の祈り」「献金の祈り」「会衆賛美」「信徒説教」など・・多くの課題が与えられている。学び合って、よりよいものを築きたい。

地域に仕える教会

この5月から、三井住宅の自治会館の建て替えに伴い、上尾教会が仮集会所になっているということもあって、毎週、住民の方が上尾教会に入って来られるようになった。先日行われた、歌の会主催のゲストを招いてのコンサートでは130名が、また、子供会では50名近い子供たちが来られた。8月26日(土)には、秋山純子姉が携わっている防災部が、外部から講師を招いて「防災講演会」を上尾教会で行うことになったので、教会員も出席して聞いていただきたいと願っている。

会堂が三井住宅のこの地に建って、今年で18年を迎えるが、上尾教会が目指した「地域に開かれた教会」が実現していることは嬉しいことである。今では、隣の「小松屋」(関戸さん)が、2階の窓の飛散防止シートをボランティアで貼りに来てくださったり、会堂の電球の取り換えには、住民を動員してやぐらを組んで取り替えてくださったり、金庫が開かなくなった時には、息子さんを呼んで開けてくださった。息子さんいわく、「いつも教会にお世話になっているので、無料でやらせてください。何かあったらいつでも呼んでください。」と、なんとも頼もしい限りである。

教会が「地域に開かれた」場であると共に、教会がその「地域に仕える」姿勢はとても大切である。「地域に仕える」とは地域住民、即ち、聖書が語る「隣人」に仕えることである。教会が地域住民のために、「何ができるか」を模索し、できることを行うことである。例えば、三井住宅は上尾市の中でも最も高齢化が進み、一人暮らしの方も増えている。そうした方たちの話し相手、居場所に、「泉のほとり」がなれたらどんなによいだろうか。先週の「泉のほとり」にも住民の方が来られ、一緒にAEDの使い方を学び、よい交わりができた。伝道の第一歩は、親しくなることである。

聖書に良い地に蒔かれた種の話がある。畑にいきなり種を蒔く農夫はいない。畑を耕して土を柔らかくしてから種を蒔く。福音の種も同じである。いつでも教会が地域住民に仕えている姿勢があれば、教会の集会にも安心して来てくださり、福音の素晴らしさに出会ってくださるのではないか。その隣人に仕える姿勢が、神を賛美することでもある。「神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」使徒言行録2:47。「あたたかく、げんきで、おもいやりのある」上尾教会として、地域の方々に気軽に来ていただける、地域に根ざし、地域に仕える教会を、目指していきたいものである。

心を一つにして祈り合う        秋山 信夫

先週、祈祷会に出席された方が、「上尾教会は、初代教会のようですね。」と言われたので、「どうしてそう思われますか」と尋ねたところ、「彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。」使徒言行録2:42の言葉が、今の上尾教会に当てはまると言われた。その指摘は当たっていると思った。最近、祈祷会出席者が増え、先週も25名、教会員の半数近くが出席して、熱心に祈りが捧げられた。

祈祷会では、賛美を捧げた後、「静聴の時」をその日の「聖書日課」の箇所から持っている。そして、各自御言葉から示されたことを分かち合うが、自分では気づかないこともたくさん示され、御言葉が味わい深い霊の糧となっている。私もその後に奨励をするが、むしろ、各自が分かち合ってくださった内容で十分だと思うこともある。

その後、祈りの課題を出し合う。「家族が救われるように」「求道中の方が救われるように」「牧師館が与えられるように」「教会財政が満たされるように」「開拓伝道の幻が与えれるように」「信仰の継承がなされ、クリスチャンホームが与えられるように」「健康が祝されるように」「教会にたくさんの子供が来ますように」「牧師の働きが支えられるように」「神のみ心に適った政治が行われるように」「平和憲法が守られるように」「辺野古の工事が差し止められるように」・・多岐にわたる祈りの課題を、二人一組になって祈り合う。

新生讃美歌430番に『静けき祈りの時はいと楽し』とあるが、祈祷会はそのことを体験できる時である。一人ではなかなか祈れなくても、兄弟姉妹の祈りに励まされて、祈る力が与えられる。また、祈り合ったことが聴かれた喜びを分かち合うことができる。「また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。」マタイ18:19

大切なことは「心を一つにして祈る」ということである。これは「シンフォニー(交響曲)」の語源になった言葉で、「一緒に音楽を奏でる」という意味である。一人一人がばらばらに音を出していても、それは音楽にはならない。互いの音を聞きながら、指揮者に従って、初めて音楽は生まれてくる。私たちにとって指揮者とは、イエス・キリストである。御言葉によって主の御心を知り、その御言葉に基づいて、心を合わせて祈り合っていく時、その祈りは必ずかなえられるだろう。祈ることはたくさんある。どうか祈祷会に積極的に参加して、「心を一つにして祈り合おう」ではないか。

祈りの家としての教会

私たちのバプテスト教会では、話し合いによる合意形成を大切にしてきた。主の業を進めるためには、よりよい方法であると考えるからである。しかし、それにもまして大切なことは、祈り合うことではないか。使徒言行録には、弟子たちが、一心に祈り合う時に、聖霊が働いて大きな主の御業がなし遂げられたことがわかる。

ペトロが救い出された時もそうである。ペトロが捕えられて牢に入れられた時、教会では救出のために話し合ったのではない。「教会では彼のために熱心な祈りが神にささげられていた。」使徒言行録12:5。絶体絶命の状態の中で、最後の最後まで諦めずに祈ったのである。そしてその祈りが聞かれ、ペトロは救い出されたのである。

今日捕えられて牢に入れられているのは、ペトロだけではない。主をいまだ信じることのできない人は、サタンに捕えられ、罪の裁きの牢に入れられている。そこから救い出すために、教会では伝道懇談会を開いたりするが、今すぐできる確かな方法は、祈り合うことである。祈祷会では、具体的に「○○さんが救われますように」と、リクエストを出し、祈り合っている。その成果を見せて頂いたのが、先週バプテスマを受けられた岡田愛子姉である。お母さんの吉田ハマ姉が30年前「愛子が救われますように」と祈り始めた祈りが私たちにも引き継がれ、実を結んだのである。

弟子たちはペトロが救出されるようにと祈ってはいたが、そう信じていなかった。彼らは、自分たちの祈りが答えられるという確信がないまま、疑いながら祈っていたが、にもかかわらず神は、彼らの願うところをはるかに越えて叶えてくださった。確信も持てないような弱い者であっても、祈り続けていくのなら、主は祈りに応えてくださる。とは言っても、確信がないままで祈り続けていくことはそんなに優しいことではない。そこで、一緒に祈り合うことが必要なのである。自分が家族の救いのために祈れなくなっても、誰かが自分の家族のために祈ってくれるからである。

「わたしの家は、祈りの家でなければならない。」ルカ19:46。教会は祈りの家として、存在している。私たちの家庭や社会や教会に問題があるなら、祈りに導かれている時であると受け止め、感謝したい。そして、その問題が解決できるという確かな確信がなくても、祈り続けていく中で主が働いて御業を成してくださると信じ、祈り続けていく者でありたい。その答えの意味が今はわからなくとも、あとで分かるようになる。

「親子聖書日課」を分かち合う

今週、「親子聖書日課」は1500号を迎えた。1988年10月から始めたので、約29年間毎週休むこともなく発行することができたのは、聖書日課を霊の糧として用いてくださる多くの参加者に励まされたからである。聖書日課で日々御言葉に養われる方は、心が耕されているので、主の言葉に聴き従いやすい。それは礼拝の宣教を聴く姿勢にも表れている。心を開いて聞いてくださっていることがよくわかる。今年も22名の方が参加してくださっているが、まだの方、休んでいる方は参加してほしい。特に、家族で一緒に聖書日課に励むと、主の恵みを深く経験できる。

私が上尾教会に赴任した時、子供たちはまだ小さかった。子供たちの心に信仰をどのように育んだらよいか、それは聖書を一緒に読むことだとわかっていても続けるとなると難しいことがわかった。そこで「親子聖書日課」を作り、問題を出し、コメント添えて、子供と分かち合うことにした。子供は字が読めれば、聖書はどんな難しい漢字でもふりがなが付いているので読める。字を読み始めた3歳ぐらいになると、聖書をプレゼントし、一緒に読み始めた。最初は、一字一字拾い読みであるが、子供は聖書を読めたという喜びを発見した。次に、問題の答えを見つけた喜びを発見した。そして、最後は、聖書それ自体の中身を知った喜びを発見したのである。

食事をいただくように、霊の糧である御言葉をいただくことは、子供たちの心を成長させていった。歴史に関心を持ったり、命や平和、隣人の事に関心を持ったり、神と人のために生きたいという志が与えられていった。親の願いを押し付けては子供は反発するが、御言葉を通して神の願いがわかると、自然と神に従うように導かれていくから不思議である。御言葉には人を生かす力があることに気づかされた。

詩人アルフレッド・テニスンは、「聖書を読むことその事が教育である」と言ったが、箴言22:6にも、「若者を歩むべき道の初めに教育せよ。年老いてもそこからそれることがないであろう。」と記されている。テモテのように忠実な伝道者が生み出されたのは、祖母ロイスと母エウニケに宿った信仰によって「幼い日から聖書に親しんできた」Ⅱテモテ3:15ことを知ると、いかに家庭での聖書教育が大切であるかがわかる。「わが子は大きくなったので、今からでは無理ですよ」と言われる方がいるが、「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。」Ⅱテモテ4:2とあるように、食事と一緒に霊の糧を分かち合ってみてはいかがだろうか。「親子聖書日課」はその為にある。

父なる神が私たちに与えてくださるもの

皆さんにとって、「父」とはどのような存在か。一昔前は「地震、雷、火事、親父」と怖れられる存在であった。私も子供の頃、悩み事があると、父には相談せず、母に相談した。父は煙たい存在であった。「父なる神」もそんな存在だと思っている人はいないか。だから遠藤周作は、神とはそのような厳格な正義の神ではなく、ひたすら優しい母なる神であると、異を唱えた。近年、フェミニズム神学が起こり、この「父なる神」が問題になっている。「もし神が男性なら、男性が神となる」それが性差別を助長していると指摘している。確かに、神も神の子も男性だったという理由で、聖職者を男性に限るという伝統は、カトリックでは「神父」は存在しても、女性司祭「神母」は認められず、プロテスタントにおいても女性牧師が少数であることからわかる。

「父」「子」「聖霊」の三位一体の神は、キリスト教の大きな特徴である。イエスも神を「わたしの父」と呼び、旧約においては数回しか神は父と呼ばれていないが、新約では、ヨハネ福音書だけでも100回以上も呼ばれる。イエスが神を「わたしの父」と呼んだとしても、それが今日の教会に何をもたらしたのか、真剣に問いかける必要はあるが、「父なる神」が私たちに何をもたらしたのか、しっかり捉える必要がある。

「あなたがたの天の父は、これらのものがあなたがたに必要なことをご存じである。」マタイ6:32。天の父である神は、子である私たちに何が必要なのかを十分に知っているので、それを与えることができる。けれどもこの言葉は同時に、私たちが願い求めたものがその通りにすぐに与えられるわけではないことをも示す。私たちが必要と思うことと、神が私たちに必要だと思っておられることとが食い違っていて、願っても与えられなかったり、願ったものとは違うものが与えられることもある。

この事は、子供を育てることの中で私たちも体験する。子供は色々なものを欲しがるが、その欲しがるものを全て与える親がいたとしたら、それは子供をダメにする。本当に子供を愛し、しっかり育てようとするなら、子供の成長の様子を見ながら、必要なものを与えるだろう。それでは、父なる神は私たちに何を与えてくださるのか。「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」同6:33。天の父の子として生きることをまず第一に求めていくことこそ、本当に必要なものによってしっかりと養われ、守られ、導かれるのである。「父なる神」「わたしの父」として信じる信仰こそ、神が私たちに与えてくださるものである。

 

 

危機は伝道の好機

今、使徒言行録を学んでいるが、使徒たちの姿に大変励まされる。それは、順風満帆な中で伝道したのではない。むしろ、危機の中で伝道の働きが拡大していった。最初、神の言葉が広まる範囲はエルサレムに限定されていたのに対して、9章では、ユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方に広がっていった。この成長をもたらしたのは、ステファノの殉教の死であり、それをきっかけにして起った迫害によって信者たちが散らされ、その行く先々で伝道して、主を信じる人たちが各地で多く起こされていったからである。危機は、一転して伝道の好機となったのである。

新生宣教団から毎月ニュースレターが教会に送られてくるが、その中に、「現在中国のクリスチャン人口は1億6千万人を超えただろうと言います。その数は毎年1200万人ずつ増えているとのことです。当局は何よりも聖書を恐れています。キリスト教の急速な成長は社会主義体制にとって最大の脅威であると現に言われています。従って、規制が緩和されることは期待できません。迫害や嫌がらせが止んだり、圧力が緩むことは期待できません。しかし、私たちはリバイバルが続くことを祈る必要があり、沢山の人たちに御言葉を提供するためになすべきことをする必要があります。」と記されていた。そして、聖書が足りないので、大量の中国語聖書がこの埼玉の地で印刷され、中国にいるクリスチャンに届けられている。そのような厳しい状況の中で、むしろ主を信じる人たちが多く起こされている。危機は、伝道の好機となっているのである。

私たちにとって、危機は決してマイナスではない。カール・マイケルソンという神学者の書いた『危機に生きる信仰』という本がある。人生には七つの危機があると言う。「不安の危機、罪責の危機、疑惑の危機、職業の危機、結婚の危機、苦難の危機、死の危機」。しかし、危機はまた好機でもあるという。生きる勇気を失わせる、これら一つ一つの危機が、実は神への信仰に目覚めさせる好機となり、信仰を奮い立たせてくれる願ってもないチャンスにもなるという。これと同じようなことを、富田敬二先生も語っていた。「伝道するのに困難である時、それは実は福音を語るのに最もふさわしい時だ。世の中がどんどん悪くなっていく、何と恵まれたことではないか。今こそイエス・キリストの物語を伝える好機なのだ。」パウロも「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。」Ⅱテモテ4:2と勧めている。私たちも内憂外患の時代を迎えているが、この危機の時こそ伝道の好機として、御言葉を宣べ伝えていきたい。

宣教する教会の誕生

本日の「ペンテコステ」には、ギリシャ語で「50」という意味がある。主が復活された日から50日目の日曜日の朝、主の弟子たちの上に聖霊が降ったことによって、弟子たちは主の救いの出来事を大胆に語り出し、そこに集まった人々が主を信じ、教会が誕生したのである。しかし、このペンテコステの日よりも前から、教会が存在していたというのは事実である。「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。」エフェソ1:4。ということは創造の初めから教会はあったということになる。教会は地の基の置かれる前から、神が創設し、神が召し出してくださった者の集まりである。

ペンテコステとは、「教会の誕生」というよりも、「宣教する教会の誕生」を意味する出来事である。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリヤの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」使徒言行録1:8と主は言われた。この世に向かって主を宣べ伝える力が弟子たちに与えられ、その働きを直ちに開始した日である。世界宣教のために教会が誕生したのであり、そのために必要なことは、聖霊の力をいただくことである。

日本のクリスチャン人口は未だに100万人ほどで、1%以下である。当然、国内宣教の必要や優先が叫ばれる。確かに日本にある地域教会が十分に成長していなければ、国外に宣教師を派遣するのは容易なことではない。しかしながら、神の計画はつねに「世界中に福音を伝えよ!」ということであった。教会は、家族、隣人から宣教をスタートさせながらも、つねに世界に目を向けていなければならない。もし、教会が自分の周辺だけにしか宣教の重荷を負わなければ、今日、世界中に宣教師は遣わされなかったであろう。そして私たちの教会も誕生しなかったであろう。

主イエスは全人類の救い主として、この世界に来られ、十字架において贖いの業を成し遂げてくださった。ですから、私たちは、自らの教会を拠点として世界中に福音が伝えられることを使命としていきたい。すでに女性会では、世界祈祷で宣教師の働きを覚えて祈り、経済的に支援していることは、大きな働きである。本日、バングラディシュで27年間、主の福音を宣べ伝えて来られた冨岡昌宣教師からお話を伺うことによって、世界宣教の働きの大切さに新たな目が開かれ、積極的に関わる教会になっていきたい。そして、上尾教会から働き人を送り出していきたい。

地域のコミュニティとしての教会

18年前、会堂を建てた時、「地域に開かれた教会」を目指すことを掲げた。しかし、教会は三井住宅の中では新参者であり、宗教施設と言うことで、警戒心があったことは確かである。しかし今は、様々な機会に地域の人々が来られるようになった。5月より三井会館の建て替えに伴い、上尾教会が仮集会所となり、様々な活動のために用いられている。住民と親しくなる内に、教会が三井住宅の一角に建ってよかったという声を聞くようになった。歩いていると向こうから挨拶をされるようになったので、身だしなみも気をつかうようになった。6月12日には歌の会がコンサートを、8月26日には秋山姉が属する防災部が講演会を、ゲストを招いて行う。

「教会」の語源であるギリシャ語の「エクレシア」には、「集まり」という意味があり、主を信じる人々が集まる共同体、又、キリストの体として、様々な賜物を持った人々が共に形成する共同体である。上尾教会も、福音のためにプログラムやイベントを沢山導入して、教会というコミュニティを築こうと頑張ってきたのではないか。それは決して悪いことではないが、それだけに頼り、この地域にある教会という存在にも関わらず、教会の主義に合わないということで、地域の人々と距離を置き、地域から孤立したコミュニティにしてしまっていたのではないか、と気づかされた。

教会という存在は、礼拝や祈りを捧げるだけの単なる宗教施設ではない。教会は地域につながってこそ、「地域教会(ローカルチャーチ)」となる。歴史的にもヨーロッパやアメリカなどでは、多くのコミュニティは、教会を中心に形成されてきた。教会は、地域のコミュニティとして、社会的立場の弱い人、特に孤児などを保護して養育する中で宗教教育を行ってきた。セーフティネットの意味合いを持っていた。

そしてこれは新しいことではなく、実は使徒言行録で描かれている。「信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」使徒言行録2:44-47。教会には、全年齢層が集える。子供や高齢者の居場所がある。「世の光」として、地域に良い影響を与える存在になりえる。地域の人々が、一緒に教会を築いていける仲間として、今後加えられることを大いに期待したい。

「クリスチャンホームの形成」と「信仰の継承」

「中長期計画」の最重要課題である、「クリスチャンホームの形成」「信仰の継承」について執事会で懇談の時をもった。「お題目のようになって、内容が深まっていないのではないか。」「これから家庭を持つ若い人たちの課題に見られがちだが、実は年配者たちの課題ではないだろうか。未信者の配偶者や子供が信仰に導かれるという大きな希望があるのだから。」「これから結婚を考える人には、是非、クリスチャンを配偶者に選んでと勧めます。未信者と結婚すると、教会に来れなくなるケースが多いから。」「クリスチャンホームと言っても、信仰の程度はバラバラで大変なこともあります。」「未信者の配偶者との生活の中で、どのように信仰を勝ち取っているのか聞きたいと思います。」「信仰の継承についても、失敗経験なども含めて、具体的に聞きたいと思います。」・・様々な意見が出された。これは執事会だけではなく、教会全体で分かち合うことが大切だと感じたので、今年の伝道懇談会は、この二つのテーマについて語り合いたいと思った。

先日、ある教会に伺った時、教会員は40代以上で子供はいなかった。すでに、少子高齢化の波が教会にも押し寄せ、子供がいない教会も珍しくはない。全年齢層へ開かれた教会に、子供の声が聞こえないのは、なんと寂しいことか。私たちの信仰は、一代限りで終わるものであってはならない。神がアブラハムを召された時、「祝福の源となるように」創世記12:2と言われ、「あなたを豊かに祝福し、あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。」同22:17と約束された。また、看守がパウロとシラスに、「先生方、救われるためにはどうすべきでしょうか。」と尋ねた時に、二人は、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」使徒言行録16:31と答えた。主を信じるということは、祝福の源になることであり、救いが家族にも及ぶことである。但し、自動的に、放っておいて、そう成るものではない。

「クリスチャンホームの形成」「信仰の継承」について、家庭で出来る事と教会が出来る事があるのではないか。オランダの改革派教会では、年に2回、牧師と執事がペアになって、各家庭を訪問し、聖書を読み、祈り、短い勧めをし、その後、両親や子供にも様々な質問を投げかけ、家庭における霊育を励ますそうだ。聖書教育を教会内の事とせず、家庭内の事とする取り組みは、異教社会に生きる私たちの教会にも求められているのではないか。教会形成は、家庭形成でもある。「クリスチャンホームの形成」「信仰の継承」のために、家庭と教会が協力して取り組むことは沢山ある。