週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

他者のために存在する教会になりたい

西日本の広い範囲を襲った豪雨によって、様々な地域に甚大な被害が出ている。家族や家を失った方々、避難所での生活を送らざるを得ない方々の悲しみと不安に思いを寄せ、主の慰めと支えを心から祈りたい。また、中四国連合内の教会においても被害が出ている。愛媛の八幡浜教会は床上浸水、雨漏り、クーラー室外機破損、高知伊勢崎教会・岡山教会は雨漏り、福山教会は床下浸水、呉教会は雨漏れと道が分断され、移動がままならないとのこと。教会が復旧され、安心して礼拝が捧げられるよう、心から祈りたい。また、私たちにできる支援をしていきたい。

上尾教会が建つ三井住宅は、水害の被害は想定しなくてもよいと防災講演会で伺った。しかし、大地震には今から備えておく必要がある。三井住宅では、東日本大震災以後、自主防災会を立ちあげ、秋山純子さんが委員として当初から関わっている。災害が起きた時は、「自助・共助・公助」の連携が大事であるが、その中でも特に、「共助(近所)」が、いざという時は大きな力を発揮する。そのためには、日頃から、ご近所の方と顔を合わせ、声を掛け合っておくことが大切である。ご近所の方に「大丈夫ですか?」と声をかけ、安否確認をする、これを日頃の防災訓練でも行うようになったので、ご近所の方と親しくなったことは確かである。そんな中で、「何かあった時は、頑丈な上尾教会に避難してよいかしら」という声を聞くようになったり、「教会の駐車場が足りない」と話すと、「うちの駐車場を使ってください」と提供してくださる方が現れたり、ご近所の方に親しまれる教会になってきたと思う。

「教会が教会であるのは、それが他者のために存在する時だ。」と語っていたボンヘッファーの言葉を思い出す。しかし同時に、ある画家が現代の教会を風刺して描いた、「教会の周りは火の海となって、人々が苦しみ悶えて死んでいっているのに、教会の中にいる人々は、まったく気にも留めず、自分たちだけで楽しんでいる。」そんな絵を思い出す。私たちの教会はどうだろうか。自分たちのことだけに関心を払ってはいないだろうか。今年度の聖句「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい。ルカによる福音書10章27節」を毎週の礼拝で唱えているが、私たちはどれほど「主を愛し、また、隣人を自分のように愛しているだろうか。」悲しんでいる人、苦しんでいる人、傷ついている人、が私たちの周りにもたくさんおられる。他者のために存在する教会に私たちもなりたい。

 

心を一つにして祈る

はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」マタイ18:19-20

この御言葉を、毎週の祈祷会で、毎月の上尾朝祷会やアシュラムで味わうことができる。集会の最後は、必ず、二人一組になって祈るが、その祈りが叶えられることを経験する。アシュラムで同じファミリーになった方から、「上尾教会の牧師館が与えられるように祈っていますが、どうなりましたか。」というお便りを頂いたので、「お陰様で、最高の場所に与えられました。」と返事をすることができた。離れた所でも、願いが叶えられるように心を一つにして祈ってくださるとは、感謝なことである。

「どんな願い事であれ」と言われても、人間的には無理だと思われることがある。家族の救い、病の癒し、人間関係の回復…、とても一人で祈り続けることは困難なことばかりである。しかし主は、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるならと言われた。どれほど言い難いことでも、心から打ち明けて、二人で父なる神に向かって心を一つにして祈るなら、「わたしの天の父はそれをかなえてくださる。」と、主はハッキリと約束してくださった。それは、祈る通りの解決や結末ではないかも知れない。しかし父なる神は、私たちの願ったことを何らかの形で「かなえてくださる。」

「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」と主が言われた「その中にいる」とは、主が共にいて、私たちの思いを受け止めてくださる。私たちには他人には知られたくない、一人でしか祈れないこともあるだろう。しかしそれとは逆に、皆に祈ってもらいたいこともある。皆の思いと力を結集しなければ実現できないこともある。例えば、子どもたちの健やかな成長やその子どもたちが生きる世界の平和は、皆で祈り、その実現を求めるべきことである。

バウンズ博士は、「説教がなくてもリバイバルの起きたことはありますが、祈りなくしてリバイバルの起きたことはありません。」と、祈りは、神の御手を動かす最大の奉仕であると語っている。預言者サムエルは、「わたしもまた、あなたたちのために祈ることをやめ、主に対して罪を犯すようなことは決してしない。」サムエル記上12:23と、祈らないことは罪であるとさえ語っている。神は、私たちの祈りを待っておられる。私たちの祈りを通して、御業を進めようとしておられる。心を一つにして祈り合おうではないか。

 

収穫の主に願いなさい

「2015年問題とキリスト教会」という文書を読んで、大変ショックを受けた。そこには、「教職者の年齢構成で言えば、2009年の調査では平均年齢が61.6歳であったが、2015年の調査データーでは67.8歳となり、又、70歳以上が48%近くを占めていることから教職者の高齢化が急速に進んでいると共に、若返りが図られていない現状がうかがえる。」とあったからである。これは、日本バプテスト連盟にも言えることである。20代、30代の教役者はわずかであり、大半は、50代以上が占めている。これでは、あと何年かすれば、牧師は足りず、無牧師の教会はさらに増えていくだろう。

献身者が起こされることを期待したいが、今年、西南大学神学部に入ったのは、一年次からは1名、3年次からの編入は3名、選科に2名、その他の在校生を含めても19名である。又、東京バプテスト神学校の専攻科は11名、九州バプテストの牧師コースは8名と、まだまだ献身者の数は少ない。主は「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」ルカ10:2と言われた。私たち教会は、「働き手が少ない」と嘆くのではなく、「収穫の主に願いなさい」と、献身者が起こされるように、ひたすら祈ることである。

そして、青年たちに献身の道をたゆまずアピールすることである。上尾朝祷会の折、日本基督教団でも献身する人が少ないので、ある牧師が、青年を牧師館にショートステイさせて、牧師の仕事がどんなに意義深いものであるのか、直に触れてもらう取り組みを始めたと伺った。それは、よい試みであると思った。本日、お迎えした杉山望先生も牧師館育ちである。いわば、牧師館にロングステイして、父親から牧師の仕事がどんに苦労があったとしても、それ以上に意義深いものであるかを肌で感じて、献身に導かれたのである。我が家の息子たちもそうであるが、牧師館育ちの牧師が何と多いことか。人は触れているものに似てくると言われる。牧師の生き様を通して、私も牧師になりたいという人が起こされたら、これほど嬉しいことはない。

今日、若くして牧会から退く人を目にすることが多くなった。その原因は、教会員の高齢化に伴い、若い牧師を育てることよりも、その未熟さを非難しがちなこと、又、教会の財政基盤の弱さから牧師を十分に支えられないこと、牧師の対話力や忍耐力の欠如など、教会にも牧師にも原因があると考えられる。それだけに、牧師を支援する助言者の働きや牧師の継続教育、又、牧師を招く教会の責任は極めて大きい。

凱旋の備えをしたい

先週は、終活について学び、その必要性を実感させられることが多かった。死は誰にでも確実にやってくる。全く思いもよらない時にやってくる。しかし、自分の死はまだ先のことだと思い込み、死への備えを怠ったばかりに、周りの人にも迷惑をかけ、全く証にならない、不本意な最期を迎えるということだけはしたくない。

「泉のほとり」では、キリスト教葬儀社「輝」の松崎充彦さんから「凱旋の備え」というテーマでお話を伺った。その中で、天国への凱旋に備え、元気なうちに家族や教会に自分の葬儀に関する希望をしっかりと伝えておくことが、とても大切であることを学んだ。家族が未信者であれば、尚のこと、自分の葬儀は全て教会にお願いしたいと家族に伝えておくことである。又、葬儀に関する希望はもちろんのこと、納骨場所、献金や寄付、献体のことなど、あとで問題にならないようにはっきりと自分の意志を伝えておくことである。特に、財産に関わることは、相続争いが起きやすいので、遺言や後見制度のことを法律の専門家に聞いて、適切に対処すべきである。又、本人は宝物だと思っているものでも、家族にとってはゴミ?としか思えないものもたくさんあるので、断捨離しておくことも、凱旋の備えであると教えられた。

先週、上尾教会の墓地に入ることを希望されたTさんを、私と妻と武章子さんで茨城県結城市のご自宅に訪問した。Tさんは今月に入って重い病であることがわかった時、妹のKさんが納骨されている上尾教会の墓地に一緒に入りたいと願われたのである。その願いを叶えたいと娘さんが上尾教会を探し回って、教会に電話をかけてこられた。Kさんの命日には毎年のように上尾教会の墓地に行っておられるので、墓誌に刻まれた教会員の名前も覚えておられた。私が、「墓地に入る以上に天国に入ってほしい、妹さんともそこで再会できますよ。」と言って、イエス様の言葉である、「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」ヨハネ11:25-26とTさんに尋ねと、「信じます」と答えられた。そして、主に全てを委ねて、祈りを捧げた。Tさんは、「上尾教会に伺いたい」と安堵の表情を浮かべて言われた。

もはや老いて病に侵されても、私には何もできないと思ってはならない。私たちには「死ぬ」という大切な仕事が残されている。人生の幕を下ろすまで、主の望みを抱いて、凱旋の備えをしっかりしていくなら、神の栄光を現すことができるであろう。

ど根性信仰

教会の花壇は花盛りであるが、「ど根性ペチュニア」が道行く人の目を楽しませている。それは花壇の中に咲いているペチュニアではなく、花壇の下のコンクリートの裂け目から咲いているペチュニアである。前年に咲いたペチュニアの種が、わずかな隙間に落ちて、花を咲かせるのである。わずかな土と水しかないのに、花壇で咲くペチュニアよりも丈夫で長持ちしている姿を見ると、信仰の世界も似ていると思った。

先週のアシュラムで、ヨハネの黙示録を静聴したが、苦難の後に主の恵みがやってくることを学んだ。迫害や殉教という苦難に耐えることによって、信仰が鍛えられ、信仰の豊かな実を結ぶのである。だからパウロは、「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。」ローマ5:3-5と語った。

苦難それ自体は、決して喜ばしいものではない。誰でも避けて通りたい。生活苦も老苦も病苦も死苦もなければ、どんなに楽だろうかと思うことがある。しかし、それらの苦難がなければ、必死で祈ることも、神により頼むこともせす、自分の好き勝手に生きるのではないか。星野富弘さんが、「わたしはあなたのみおしえを喜んでいます。苦しみにあったことは、わたしにとって、しあわせでした。詩篇119」とボケの花に添えて描いておられたが、苦難がなければ、聖書を手にすることもなかったであろう。

苦しみにあったことは、わたしにとって、しあわせでした。」とは、普通の人ならとても言える言葉ではない。特に、星野さんのように、手足をも動かせず、車いす生活を余儀なくされた人にとって、「苦しみにあったことは、わたしにとって、不幸でした。」と言うことはできても、「しあわせでした」などとは言えないだろう。しかし、その苦難の中で、聖書を手にした時、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人はわたしのところに来なさい。」との主の招きの言葉を、「すでにおれのために、その言葉を用意してくれていたんじゃないかなあ」と思ったそうだ。ここに、「しあわせでした」と言える根拠がある。

「こういう自分でも生きていていいんだな。生きて立派なことをする、いい仕事をする。そういうことが人間にとっていちばん大事なことではなくて、とにかくこの世に生を受けて生き続ける、それを神さまに感謝して生きる、そんことが非常に大事なことなんだ。生きていること自体が、不思議で有り難いことなんだからと思えるようになりました。」この星野さんの言葉に、ど根性信仰に生きることが美しい花を咲かせる人生であると教えられた。

福音を告げ知らせる

ホテルや病院の一室においてある聖書を目にしたことがあるのではないか。あれは、ギデオン協会から贈られたものである。旅行く人に、病気を患う人に、聖書を生きる糧にしてほしい思いからである。そして、中学校や高校の門の前でも聖書を配布している。ギデオン協会の会員として活動している笹川さんもその一人で、近くの学校に配布しているが、「今の生徒はなかなか聖書を受け取ってくれなかったり、学校も配布することに理解を示さなかったり、配布することも大変です。」と感想を述べていた。

しかし、若者への伝道はいつの時代も大切である。配布された一冊の聖書を手にして、信仰に導かれ、信徒として忠実に仕えている人、又、献身して牧師になった人も多い。信仰に導かれる世代は、10代がもっとも多い。それは、心が柔軟で福音を受け入れやすく、又、何のために生きるのか、真剣に人生について探究する年頃でもある。そして、自分の生涯を主のために用いるだけの時間的な余裕もある。献身者としてよい働きをしている人も、10代、20代で献身に導かれた人が多い。

「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。『年を重ねることに喜びはない』と言う年齢にならないうちに。」コヘレト12:1。老いていくと、「苦しみの日々」が増えていき、「喜びはない」と悲観的になりやすい。しかし、「青春の日々」には、冒険を恐れず、自分が正しいと思うことに進んでいくことができる。主を信じる素早い決断力は若者の特権であり、それは創造主なる神から与えられた賜物である。その賜物を主に感謝し、神と隣人とのために用いることが大切である

若者を教会に迎えるために必要なことは何か。若者に魅力を感じさせる様々な取り組みも必要であるが、それだけでは教会はただ楽しいだけの場所で終わってしまう。上尾教会のホームページを作成してくださった小牧さんが、「若者が教会に求めているのは、音楽でも交流でもなく、福音の神髄です。」と言われたが、本当に必要なことは、主の十字架と復活、罪の赦しと永遠の命、この福音を告げ知らせることである。

私たちも日々の生活の中で、福音の神髄を聖書から伝えているだろうか。それは、やみくもに聖書の御言葉を伝えるということではない。「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。」Ⅱテモテ4:2。相手の助けとなる御言葉を伝えることである。ギデオン協会の聖書に「おりにかなう助け」として引用されている御言葉を参考にしたいものである。

豊かな礼拝を目指して

今年は礼拝チーム(正式名は「礼拝準備委員会」)が年明けから活動しだした。昨年の式文フォーラムに参加した時、毎月、礼拝の持ち方を何人かで検討して礼拝に臨むことが豊かな礼拝につながると示されたからである。それまでは、礼拝のプログラムは賛美も含めて牧師が決めることが多かったので、偏ったものになりがちであった。

礼拝チームは、音楽委員長・冨岡真奈さんと総務委員長・藤原俊子さん、奏楽者・武章子さん、そして牧師の4名が当たることになった。まず、上尾教会の礼拝の課題を話し合い、礼拝者、奉仕者の心得について学んだ。課題の克服としては、礼拝直前まで私語が見られるので、黙祷を心がけたい、あとから来る方への配慮として前の席から座ることを心がけたい、司会者は礼拝をリードするものなので、事前の準備を心がけたい、子どもと共になる礼拝への工夫をしたい、などが挙げられた。

そして翌月の礼拝プログラムを決めるようになった。5月は、「子どもの日」「母の日」「ペンテコステ」と続いたので、特色を生かしたプログラム作りができた。「子どもの日」では、幼児も賛美や献金の奉仕を担ったり、「母の日」では、お母さんへのプレゼントに加え証しを入れたり、「ペンテコステ」では、紙芝居と天使役の幼児が聖霊の炎を表すキャンドルを配って回った。どれも心に残るプログラムになったのではないか。

「新生讃美歌」には、私たちの教会ではまだまだ歌っていない素敵な賛美がたくさんあるので、6月は、新しい賛美も歌うことにした。また、「沖縄命どぅ宝」を覚える月なので、毎週、今年の全国小羊会キャンプのテーマソング「命どぅ宝」を歌い、旧会堂時代から親しんできた賛美も歌うことにした。「父の日」には、お父さんへのプレゼントと証し、また、第四週には、今年度の主題「主の愛に生きる教会」を掘り下げていくために、証しを入れることになった。毎月、この主題での証しに期待したい。

「礼拝準備委員会」は、時間がないので、お昼を食べながら行っているが、選曲などになると、時間が足りないぐらいである。三人寄れば文殊の知恵」とは、本当だと痛感している。次々とよい案が出てきて、豊かな礼拝が形作られようとしている。もちろん、案を出すだけではなく、平日も教会に来て、リハーサルを行っている。これからは更に、礼拝に参加する皆さんと一緒に豊かな礼拝を目指していきたいので、「礼拝準備委員会」まで、ご意見や感想を寄せていただきたい。「神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」ヨハネ4:24

命は何よりも大切な宝

先週の祈祷会で学んだ出エジプト記19章には、「あなたたちは全ての民の間にあって 私の宝となる。」19:5とあった。イスラエルの民が神から、「あなたたちは私にとって大切な宝の民なんだよ」と言われたのは、律法を守り、よい行いに励んでいたからではない。むしろ「主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自身の宝の民にされた。」のは、「あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。」申命記7:6-7からである。律法を十分に守ることができず、弱さを持つ民だったからこそ、「御自身の宝の民にされた」のである。

この神の言葉は、そのまま日本国憲法にも当てはまるだろう。この憲法の出発点にあったのは、かつての侵略戦争によって起こした名状しがたい惨禍を二度と繰り返してはならないという真摯な反省と決意である。個人の基本的人権を大切にしたいと第13条では、すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」と謳っている。誰も個人の自由権を奪ってはならない。

しかし、最近の様々な出来事を見る度に、個人が大切にされていないことに憤りを感じるのである。アメフトの試合で無防備な相手選手を、重大な反則行為でけがをさせた事件で、「反則の構造」と題して、斎藤美奈子氏が東京新聞のコラムで語っていた。「①監督が全体的な方針や方向性を示し、②コーチが「相手のクオーターバックを一プレー目でつぶせ」などの具体的な指示を出し、③他の選択肢がないところまで追い詰められた選手が、悩みながらも「つぶしにいくから(試合で)使ってください」と申し出る。悪質なタックルに及んだ日大アメフット選手の会見は、旧日本軍の上官と兵士の関係を連想させるものだった。・・・追い詰められた兵士の立場と心情を図らずもあぶり出した。」

来月23日には「沖縄命どぅ宝の日」を迎えるが、命は何よりも大切な宝である。主が私たちに伝えてくださった福音も「命どぅ宝」である。「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。」マルコ8:36-37。命を大切にしない、経済優先主義、効率主義、勝利至上主義が、又、性差別が、様々なハラスメントを引き起こし、人の命や体や心を奪っていくのである。一人ひとりの命は、全世界よりも重いのである。その一つ一つの命が、「かけがえのないもの」であることを伝える使命が、私たち教会にはある。

霊的呼吸をしていますか?

「聖霊降臨」は昔の出来事ではない。今日も主を信じる全ての人の上に、聖霊が降る。聖霊が降ると、主を大胆に証し、人々を主の下に導くだけではない。「キリストの思いを抱く、霊の人」Ⅰコリント2:15-16に変えられるのである。「霊の人」は、神の言葉を実践し、祈りが応えられ、神に信頼して歩むことができる。そして「愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」ガラテヤ5:22-23と言った御霊の実を結ぶ。

しかし、残念ながら、「肉の人」のなんと多いことか。彼らは「キリストとの関係では乳飲み子」であり、「ただの人(未信者)として歩んでいる」Ⅰコリント3:1-3「肉の人」は、神の愛と赦しの素晴らしさに気づかず、自分の努力で信仰生活を送る。聖霊の力を拒む結果、神と人への愛の欠如、無力な祈り、聖書の学びへの欠如、律法的な態度、罪責感、敗北感、争い、ねたみ、破壊的批判、欲求不満、無関心、無目的など、肉の業に支配されて、喜びのない、感謝のない、希望のない信仰生活を送るのである。

私は以前、「霊の人」「肉の人」を経験してからなるものと思い込んでいた。しかし、「イエスを主」と告白して、バプテスマを受けた時、誰もが「霊の人」になることを悟った。パウロがコリント書で、「霊の人」のあとに、「肉の人」を記したのは、折角「霊の人」になったのに、「肉の人」に成り下がる信者を見たからである。聖霊の働きによって、人は主を信じ、聖霊はその人の内に住んでくださる。聖霊なる神は、「内住のキリスト」とも呼ばれる。しかし、全てのクリスチャンが聖霊の力に与るわけではない。それは聖霊に満たされていないからである。では、どうして満たされないのか。

それは一言でいえば、「不信仰のせい」である。イスラエルの民が荒れ野をさ迷い、安息に与ることができなかったのも、「不信仰のせいであった」ヘブライ3:19。この「不信仰」は、神に背くというよりも、神の言葉に聴き従わず、自分の都合を優先させるところから起こる。聖霊に満たされるには、この「不信仰」を解決することである。それには、「霊的呼吸」(吐き出すー自分の罪を告白、吸うー聖霊の満たしを求める)を始めることである。「霊的呼吸」をしなければ、霊的死を招く。「霊に満たされ」エフェソ5:18とは現在進行形で記されているので、一回限りのことではなく、継続的なこと、聖霊に満たされ続けることである。それは、感情的な高まりや異言を伴うということではない。「霊的呼吸」を続ける上で大切なことは、神の言葉に、「いいえ」ではなく、「はい」と言って従うことである。神の言葉に従う時、神の言葉は出来事になる。