週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

霊的呼吸をしていますか?

「聖霊降臨」は昔の出来事ではない。今日も主を信じる全ての人の上に、聖霊が降る。聖霊が降ると、主を大胆に証し、人々を主の下に導くだけではない。「キリストの思いを抱く、霊の人」Ⅰコリント2:15-16に変えられるのである。「霊の人」は、神の言葉を実践し、祈りが応えられ、神に信頼して歩むことができる。そして「愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」ガラテヤ5:22-23と言った御霊の実を結ぶ。

しかし、残念ながら、「肉の人」のなんと多いことか。彼らは「キリストとの関係では乳飲み子」であり、「ただの人(未信者)として歩んでいる」Ⅰコリント3:1-3「肉の人」は、神の愛と赦しの素晴らしさに気づかず、自分の努力で信仰生活を送る。聖霊の力を拒む結果、神と人への愛の欠如、無力な祈り、聖書の学びへの欠如、律法的な態度、罪責感、敗北感、争い、ねたみ、破壊的批判、欲求不満、無関心、無目的など、肉の業に支配されて、喜びのない、感謝のない、希望のない信仰生活を送るのである。

私は以前、「霊の人」「肉の人」を経験してからなるものと思い込んでいた。しかし、「イエスを主」と告白して、バプテスマを受けた時、誰もが「霊の人」になることを悟った。パウロがコリント書で、「霊の人」のあとに、「肉の人」を記したのは、折角「霊の人」になったのに、「肉の人」に成り下がる信者を見たからである。聖霊の働きによって、人は主を信じ、聖霊はその人の内に住んでくださる。聖霊なる神は、「内住のキリスト」とも呼ばれる。しかし、全てのクリスチャンが聖霊の力に与るわけではない。それは聖霊に満たされていないからである。では、どうして満たされないのか。

それは一言でいえば、「不信仰のせい」である。イスラエルの民が荒れ野をさ迷い、安息に与ることができなかったのも、「不信仰のせいであった」ヘブライ3:19。この「不信仰」は、神に背くというよりも、神の言葉に聴き従わず、自分の都合を優先させるところから起こる。聖霊に満たされるには、この「不信仰」を解決することである。それには、「霊的呼吸」(吐き出すー自分の罪を告白、吸うー聖霊の満たしを求める)を始めることである。「霊的呼吸」をしなければ、霊的死を招く。「霊に満たされ」エフェソ5:18とは現在進行形で記されているので、一回限りのことではなく、継続的なこと、聖霊に満たされ続けることである。それは、感情的な高まりや異言を伴うということではない。「霊的呼吸」を続ける上で大切なことは、神の言葉に、「いいえ」ではなく、「はい」と言って従うことである。神の言葉に従う時、神の言葉は出来事になる。

父と母を敬う

母の日は、100年以上前に、アメリカの教会から生まれた。アン・ジャービスという婦人が20数年間、教会学校の教師として、常々「父と母を敬え」という十戒の中にある教えを子供たちに教えていた。その彼女が1905年に召天し、娘のアンナ・ジャービスさんが、母親の記念会で、母を敬う気持ちで白いカーネーションを参列者に配った。その話に感動したジョン・ワナメーカーという人が、自分のデパートで母の日のイベントを行い、これが全米に浸透していくことになり、1914年の連邦議会で、5月の第二日曜日を母の日と定めた。ちなみに日本には、宣教師から伝えられ、森永製菓が1937年、豊島園で母の日のイベントをしたのが全国的に広まるきっかけになった。ともかく母の日は教会から始まり、しかも「十戒」の第5番目の戒めである「あなたの父母を敬え。」出エジプト記20:12という教えがその元になっていた。

「十戒」には、人が神を愛し、人が人を愛して生きていくための方法が10の戒めにまとめられている。昔ユダヤにおいて、家庭というのは神の言葉を教える所で、「父と母」は子供たちにとっては、神から与えられた教師であった。ユダヤ人は「父と母を敬うことを通して、神を敬うことを学ぶ」という考えを持っていた。だから、父と母を敬うということは、現代の私たちが考えている以上に大切なことであった。

現代は、「父と母を敬うことを通して、神を敬うことを学ぶ」という側面が軽んじられているのではないか。しかし、母親は、生まれて最初に出会う人間関係であるので、しっかり抱きしめて、愛情を注ぐなら、「母親が大事にしている信仰を、私も大事にしたい」という子供が育つのではないか。「父と母を敬う」ことによって、子供は愛を知り、幸せを得る。子供は、父と母を愛することを通して、神と他者への愛を学んでいく。

聖書は、両親を敬うばかりでなく、年老いた両親を世話することも命じている。「自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。」Ⅰテモテ5:8。神を敬っていれば、両親の世話をしなくてよいということではない。父と母というのは、自分の両親だけにとどまらず、広い意味では、周りにいる年長者をも含む。教会は神の家族である。地上では肉親はいなくなっている方も、教会には神の家族がいる。そういう意味では、教会の中には敬うべき方々が、世話をすべき方々が大勢いる。母の日をきっかけに、両親を敬い、年長者を敬う心を新たにし、家族の絆をよりいっそう深めていきたいものである。

子供たちと一緒に礼拝を献げる恵みと喜び

私たちの上尾教会では、「ABCキッズクワイア」がかつて大活躍していた。ABCとは、「Ageo Baptist Church」の略である。礼拝の中で幼児や小学生が歌って踊って、賛美を捧げた。その賛美に、どれほど励まされ、希望と喜びをいただいたことであろうか。今、幼児が少しずつ与えられているので、「ABCキッズクワイア」の復活が待たれる。

上尾教会のミッションステートメントに、「わたしたちは、神の栄光をたたえて、こどももおとなも一緒に礼拝を献げます。」と掲げた。それは子どもが礼拝にただ出席するということではなく、子どもも賜物を用いて礼拝に参与することである。礼拝に参与することによって、子どもたちの信仰が養われてきた。OHP係を担ったきた子どもが、「もし、この奉仕がなければ、礼拝に行かなくなったかもしれない。」と言った言葉を思い出す。子どもなりに、自分が礼拝の一部分を担っているという自覚が信仰生活を支えている。

「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」詩編133:1。この詩は「都に上る歌」とあるので、礼拝者の心境を歌ったものである。「見よ、子どもたちが共に礼拝を献げている。なんという恵み、なんという喜び。」と読み替えることもできる。子どもたちと一緒に礼拝を献げることによって、他では経験することができない恵みと喜びを経験することができる。その恵みと喜びを、ここでいくつか紹介したい。

まず、子どもの成長を祈り、見ることができる。献児式に始まって、子ども祝福式、成人祝福式、そして様々な証しを通して、たくましく成長している姿に深い感動を覚え、成長させてくださった主に感謝を捧げる。また、主の御前で、和解の福音に共に与る時、赦し合う者へと変えられる。子どもたちにとって、親(大人)は煙たい存在かもしれない。自分のことをわかってくれない親に、失望するかもしれない。些細なことで親子喧嘩が起こり、家出したくなるかもしれない。しかし、礼拝を一緒に献げる中で、こんな罪深い私たちのためにも主が十字架にかかって全ての罪を赦してくださったことを知り、相手を責める心ではなく、赦す心が生まれてくる。

そして、子どもたちと一緒に礼拝を献げる恵みと喜びは、家庭の中にも賛美や祈りとなって満ち溢れていくことを経験できる。「親子聖書日課」で信仰が養われていく内に、朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。」ヨハネ6:27という主の言葉に応答して生きる生き方へ導かれるだろう。これからも、子どもたちと一緒に礼拝を献げる恵みと喜びを見出していきたい。

 

私たちには夢がある

マーティン・ルーサー・キング牧師が召天後50年経っても、彼の説教は心に迫ってくる。当時のアメリカは、白人と黒人が同じバスに乗ることさえ出来ず、黒人が白人から様々な差別を受けていた。彼は南部バプテストの牧師でありながら、公民権運動に立ち上がった。その時の説教が「I Have Dream(私には夢がある)」である。

「私には夢がある。ジョージアの赤土の丘の上で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、 かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルに向かい腰掛ける時が 来るという夢が。私には夢がある。いつの日にか、私の四人の幼い子供たちが肌の色によってではなく、人となりそのものによって評価される国に住む時が来るという夢が。」

私たちにも夢があるのではないか。全ての人の唇に、主をほめたたえる賛美が溢れる日が来ることを。世界から飢えも戦いも無くなり、互いに支え合う日が来ることを。私たちの子孫が、神と人に愛され、神と人を愛し、神と人に仕える者となることを。御心が天になるごとく地にもなることを。御国が来ることを。この夢に生きる時、私たちの家庭に、世界に、希望が生まれる。この希望こそ、私たちが自分を取り巻く困難な現実に飲み込まれず、罪の中に沈み込んでいくことを防ぐ力である。

ヤコブも兄エサウとのトラブルがあり、故郷を出て行った時、夢を見た。それは神の御使いが天にまで達する階段を上り下りするというものであった。そして、神の祝福の約束、「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」創世記28:15という言葉を頂いた。この夢が、ヤコブのそれからの日々を支えた。私たちに必要なのは、試練多き現実を前にして、どうしたら良い結果を生むことが出来るかという方策ではない。私たちに必要なのは、方策ではなく、神が与えてくださる夢である。神が共にいてくださり、私を守り、支え、導いてくださるならば、どんな現実があろうとも、必ず神の祝福があることを確信できる。

キリスト者とは、夢を見る者である。そして、そこから来る希望に生きる者である。この希望は、死でさえも私たちから奪うことが出来ない。主の復活の希望が与えられているからである。私たち上尾教会には夢がある。その夢が、神が与えてくださる夢ならば、神がその全能の力をもって実現してくださる。今年度も神が与えてくださる夢と希望の中を、一人一人が為すべき務めに誠実に励んでいきたい。

 

聖霊によって与えられるビジョン

教会にとって大切なことは何か。それは、ビジョン(幻)を持つことである。「幻がなければ、民はほしいままにふるまう。」箴言29:18(新改訳)。つまり幻がなければ、各自は自分勝手に舞うのである。そして、目標を見失い、バラバラの状態になってしまうのである。共同訳でも「幻がなければ民は堕落する。」という言葉の後に、「教えを守るものは幸いである。」と記す。幻を神から教えられた啓示の言葉として捉え、御言葉に聞き従わないと、民は堕落していく。そして「幻なき民は滅びる」のである。

「その後 わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し 老人は夢を見、若者は幻を見る。その日 わたしは奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。」ヨエル3:1-2。このヨエルの預言が、ペンテコステの時に成就した。今は、すべての人に神の霊が注がれている時代である。決して牧師や執事だけに神の霊が注がれているのではなく、老人にも若者にも、誰にでも神の霊が注がれている。この夢や幻は、聖霊によって見せて頂くものであるから、それを求めていく中で与えられる。単にこうなったら良いという、その人の願望ではなくて、こうなるように神は私たちの教会を用いようとしてくださっている。「自己実現」ではなく、「神実現」の夢であり幻である。そしてこれは、神の御業に仕える時、必ず与えられるものである。

聖霊による夢や幻は、私たちの計画を超えていく。「マケドニア州に渡って来て、わたしたちを助けてください。」使徒言行録16:9というマケドニア人の幻をパウロが見た時、これを主の導きと信じ、パウロ一行は海を越え、ヨーロッパ伝道をすることになった。その最初の一歩は、パウロへ聖霊によって与えられた幻から始まる。幻というものは、全員が一度に同じ幻を与えられるというよりも、一人の人に与えられ、それが皆に共有されるようになっていく。そういうものであるのかもしれない。

すでに私たち教会は、会堂と牧師館という大きな賜物を頂いたが、「クリスチャンホームの形成」「信仰の継承」「開拓伝道」といった幻の実現はこれからの課題である。福音を伝えていくために、神は私たちの教会に何を求めているのか。何が必要で何が出来るのか、何をしなければならないのか。皆で夢を見、幻を見、それを語り合っていきたい。そして、夢や幻の実現を求めて、絶えず祈り合っていきたい。その時、私たちの心は燃やされ、希望を抱いて積極的に、主に仕えていくことが出来るであろう。聖霊による夢とは幻は、私たちを元気にする力を持っているのである。

語らずにはいられない

バプテスト教会の特徴は、信徒説教者が活躍してきたことである。バプテストの説教者は「樽説教者」と呼ばれて揶揄された。なぜなら、平日は樽や桶を作る職人、靴屋や鍛冶屋をしていて、日曜になると講壇で説教する信徒説教者だったからである。ジョン・バンヤンも「樽説教者」であった。17世紀英国で、貧しい鋳掛屋の子として生まれ、教育は僅かしか受けなかったが、25歳の時、バプテスト教会で受浸し、執事となって伝道を始めた。聖書を読んでいく内に、神から福音を語るように導かれた。そして、街角で、家庭で、集会で、福音を語り始めた。当時の国教会は信徒説教を禁じていたので、彼は捕らえられた。それでも彼は伝道を止めなかったために、12年間に亘って投獄された。その投獄中に、あの名著『天路歴程』を書くのである。それはバンヤンが福音を語ることを、神からの直接的な導きとして受け止めたからである。その故、迫害の中でも堂々と神の言葉を語り続けた。福音を語ることは国家や政府、教会の許可によるのではない。神が導いておられるから語らずにはいられないのである。

エレミヤも、神の言葉を自分は語らずにはいられないと告白している。「主の名を口にすまい もうその名によって語るまい、と思っても 主の言葉は、わたしの心の中 骨の中に閉じ込められて 火のように燃え上がります。押さえつけておこうとして わたしは疲れ果てました。わたしの負けです。」エレミヤ20: 9。エレミヤは周囲から相当な嘲りを受けていた。それは、不法なものであり、暴力を伴った。彼はあまりの苦痛に、もう主の言葉を語るのをやめようと思った。しかし、沈黙を保っていると、彼の心や骨から、メッセージが燃え上がった。押さえつけておくことはもはや不可能だった。主の救いに与った私たちにも、語らずにはいられないメッセージがあるのではないだろうか。

「信徒のための説教学」を一緒に学んだ鈴木宗一兄に、先週大宮駅西口のコンコースで夕方、路傍伝道する導きが主から与えられた。同伴してみると、幸子姉が連盟の「憲法改悪反対」の幟を持った前で、宗一兄が今の政治情勢の中で平和憲法が踏みにじられていることを、聖書の言葉を引用しながら、道行く人々に切々と訴えていた。その姿に感銘を受けた。平和憲法の大切さと福音の素晴らしさを訴えることは、決して無駄ではない。むしろ、この訴えこそ、主の救いに与った者の特権ではないだろうか。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はいない。この町には、わたしの民は大勢いるからだ。」使徒言行録18:9

 

わたしの羊を飼いなさい

「今から後、幸いな時も災いに遭う時も、豊かな時も貧しい時も、健やかな時も病む時も、互いに愛し、敬い、仕えて、共に生涯を送ることを約束しますか。」40年前の今日、私たち夫婦はこの誓約に、「はい、約束します」と答えて、結婚した。もし、牧師が疑って、三度同じことを聞いたとしたら、すぐに「はい、約束します」と答えただろうか?

復活の主がペトロに三度、「あなたはわたしを愛しているか。」と尋ねた。その度に、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存知です。」と答えた。三度目に問われた時、「ペトロは、イエスが三度目も、『わたしを愛しているか』と言われたので、悲しくなった。」ヨハネ21:17とある。「悲しくなった」とは、情けなくなったということであろう。主が十字架につけられる前夜、「あなたのためなら命を捨てます。」と言っていたペトロが、自分の身の危険を感じて、鶏が鳴くまでに三度主のことを知らないといった。その事を思い出して、身のすくむような思いから「悲しくなった」のである。

結婚もそうだし、クリスチャンになることもそうだと思う。その時には、真剣な思いで誠実に約束したことでも、揺らいでしまうことがある。様々なことが起こる現実の中で、かつて自分が約束した言葉がその力を失い、約束した内容が見失われることがある。ただ惰性で夫婦として生活し、ただ惰性で信仰生活を送ってしまうことがあるのではないか。そうした時にこそ、「主よ、あなたは何もかもご存知です。」と受け止め、すべてを主にお任せし、主のもとに立ち帰ることこそ、信仰生活の要である。

主は三度も、「わたしの羊を飼いなさい。」と命じられた。ペトロが「羊飼い」にふさわしい才能の持ち主であったからではない。むしろ、迷える羊のようなペトロ自身が、主のような羊飼いになることを命じられた。私たちは「主の羊」として養われつつ、「主の羊を養う者」として、お互いを配慮し合い、支え合って生きていくことが求められている。「主の羊」である私たちが、「主の羊」である隣人と共に生きること、そして、お互いに「主の羊を飼う者」として責任を担い合う、「相互牧会者」でありたい。

このように、お互いを生かし合い、お互いに責任を負うという隣人愛のゆえに、クリスチャンの生き方は、ただ自分の好き勝手に「行きたいところへ行く」というものではなく、「行きたくないところへ連れて行かれる。」ヨハネ21:18という課題も負わされている。しかしそれは、「強いられた恩寵(恵み)」である。主は私たちにも、「わたしの羊を飼いなさい。」と命じられている。そのために、「強いられた恩寵」をあえて頂きたい。

私たちの心が燃える

私たちは「キリストの復活」という出来事が、本当にあったのかどうかを客観的に証明することはできない。復活はあくまでも私たちがそれを信じるかどうかという一点にかかっている。それは主の弟子たちも同じであった。ルカによる福音書24章には、主の処刑後、二人の弟子が故郷であるエマオへと向った時のことが描かれている。

この二人の弟子は、主がイスラエルをローマの支配から解放してくださる方だと信じ、望みをかけていたが、その主が十字架につけられ、3日目に甦ったと仲間の婦人たちから聞かされた時、にわかには信じられなかった。望みを絶たれた彼らに残された唯一の道は、エマオへ帰り、かつて捨てたはずの生活に戻ることであった。道々、悲しげに論じ合いながら歩いていた二人の弟子に、主はすぐ横にきて、一緒に歩いて話しかけてくださった。しかし、この方が、彼らには主であるとはわからなかった。

二人の弟子は、後で振り返ってみて、「あの時、私たちの心は燃えていたではないか」と思い出した。“二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。”ルカ24:32。二人が「心が燃える」経験をしたのは、聖書がわかるようになった時である。「わかる」というのは、単に知的に理解するということではない。知的充足を覚えても、心は燃えることはない。わかるというのは、キリストの生と死と復活が自分のためであると気づくことである。主が死なれ、そして復活されたのは、まさにこの私のためであったと気づく時、心が燃えるのである。「主は、私の気づかないうちから私と共に道を歩いてくださり、私の目を開いてくださった。私の進むべき道を、主は復活によって切り開いてくださった。」と気づく時、誰でも 「たちまち目からうろこのようなものが落ち」使徒言行録9:18を経験できる。

有名な「エマオの途上」の絵は、なぜ夕暮れではなく、朝の場面として描かれているか。それは、復活の主と共に歩む道は、前方に広がる光へと進んで行く道であり、次第に暗くなって行く歩みではないことを表しているからだ。主の死後、婦人たちは、主の遺体の葬りをすることで、最後の慰めを見出そうとした。それが敗北後、人の出来る精一杯のことかもしれない。しかし、主は、無力で儚い救い主ではなかった。復活を信じる私たちは、死に支配されない、死を越えた望みに生きることが出来るのである。失意の底にある時も、エマオ途上の弟子たちと同じように、主が共にいて、歩んでくださる。私たちも御言葉を聴く中で、いつも「心が燃える」ものがありたい。

献金のスチュワードシップ   (教会員)

お金は生きてくうえで、とても大切です。なくてはならないものです。だから自分の手から離すときにとても勇気がいります。私たち夫婦が結婚するときに、当時宮原教会の牧師であられた岩波先生が何回かに分けて結婚カウンセリングをしてくださいました。その中で一番心に残っているのは、献金のお話です。先生はこうおっしゃいました。「献金をしているといつの間にか、『いくら献げたか』と手放すお金のほうにばかり気をとられてしまいます。でも10分の1献げても、あなたの手には10分の9も残っているのです。だからあなたに委ねられているのは、10分の1献げるかどうかではなく、10分の9をどう管理するかですよ。」この言葉は、献金袋にお金を入れるときにいつも思い出します。神様からいただいている日々の恵みに比べれば、私がお返ししているものはわずかにも関わらず、すぐにお金に気を取られてしまう弱い者です。

昨年、ついに祈り続けていた牧師館が与えられました。ただ、与えられたとは言っても、タダでもらったわけではなく、その背後には、多くの祈りと献げものがありました。牧師館購入が臨時総会で決まり、いよいよ献金額を書く用紙が配られました。さて、どの数字を書こうか・・これは皆さんも悩まれたのではないでしょうか。私も色々と考えました。我が家は夫婦で献げましたので、当然、インドにいる夫とも話しました。勇気をもって、私が「このくらい献げたい」と金額を言ったら、反対するかな~と思っていた夫はすぐに「真奈ちゃんが決めたならそれでいいよ」と言ってくれました。クリスチャン夫婦とはいっても、献金の話で険悪ムードになったことは数知れず。かつて岩波先生の話を聞いた時も、「自分はそんなに献げられない」とうつむいていた夫の姿を思い出し、彼の信仰を成長させてくださった神様に感謝しました。

牧師館購入を通して、私は本当に多くの恵みをいただきました。お金では買うことのできない喜びをいただきました。主は私たちの祈りに応えてくださいました。なんと感謝なことでしょうか。今、日本では、銀行にお金を預けていても、微々たる利息しかつきません。でも、天国銀行にお金を積んでおくと、神様はとてつもない利息をつけて私たちに返してくださいます。だから恐れることはないのです。

礼拝中、うちの娘たちは後ろの方で遊んでいますが、献金の時間になると立ち上がり、100円玉を握りしめ、献金当番さんが来るのをいまかいまかと待ちわびています。こんなに嬉しそうに献金している人はなかなかいないと思います。私もこの子たちの姿をみて、喜んで献げられる人になりたいと思う今日この頃です。

「十分の一の献げ物をすべて倉に運びわたしの家に食物があるようにせよ。これによって、わたしを試してみよと万軍の主は言われる。必ず、わたしはあなたたちのために天の窓を開き祝福を限りなく注ぐであろう。」マラキ書3章10節