週報巻頭言

Home / Archive by category "週報巻頭言"

起きよ エルサレム

16世紀のドイツにフィリップ・ニコライという牧師がいた。彼が住んでいたウンナという町は、1597年にペストに襲われ、5千人に満たない町でわずか半年の間に1400人が亡くなった。ニコライは多い日には、30人もの死者を一人で埋葬しなければならなかった。その中には彼の二人の妹もいた。彼は常に死に直面していた。悲惨な現実であった。その中で、ニコライはひたすら市民の慰めを祈った。その祈りから生まれたのが、新生讃美歌257番「起きよ エルサレム」という讃美歌である。
1.「起きよ エルサレム その時来たれり」と ものみらは叫ぶ
「賢き乙女ら いずこにかありや」と 真夜中に響く
立ち上がりて ともし火取れ ハレルヤ 花婿来ませり 備えて迎えよ
2.ものみらの歌に シオンは目をさまし 急ぎ起き立ちぬ
月星輝き 恵みとまこと満ち 喜び溢れる
いざ来れよ イエス神の子 ホザンナ 祝いの宴を いざや分かち合わん
3.み使いと共に 「誉れ神にあれ」と 高らかに歌え
み座を取り囲む 天使らに合わせて 竪琴を鳴らせ 驚くべきこの喜び
たたえよ ハレルヤ絶えせず 主に向かい歌わん
ひたすら祈り、ひたすら聖書(特に、マタイ25:1-13)を読んだニコライは、死の恐怖におののく町の人々に永遠の命の喜びを指し示すために、この讃美歌を作ったのである。人々はこの賛美によって、天に迎えてくださる花婿なるキリストに信頼することによって、明けない夜はないことを知って、深い慰めを得たのである。
今、新型コロナウイルスの感染症によって、世界中の人々が不安や恐怖に慄(おのの)いているのではないか。その中にあって、私たちキリスト者は、ひたすら祈り、ひたすら聖書に親しむことによって、永遠の命の喜びを見い出していきたい。そして、死は終わりではない、主を信じる者には永遠の命が与えられることを、確信をもって宣べ伝えていきたい。上尾教会のサマーキャンプで奉仕してくださったウッズ宣教師の息子さんトレバー君のことを思い出す。トレバー君が10代で白血病に罹り、死を告知されて時、両親に「僕は、死は怖くないよ。天国が待っているから。友だちのいる大好きな仙台の教会に葬ってね」と言い遺していった。死は誰にでも訪れる。しかし、復活の主を信じるなら、死は絶望ではなく、復活の希望を抱かせるものである。

祝福を受け継ぐ

結婚式の翌日、家族全員で上尾教会の礼拝に出席することができた。日頃、それぞれの教会で主に仕えているので、私たち夫婦と5人の子供夫妻とその孫、21名が一緒に礼拝を捧げることは初めてのことだったので、感無量であった。私たち夫婦が結婚する時、主から与えられた御言葉は、ヨシュア記24:15「わたしとわたしの家は主に仕えます。」であった。教会の2階にも、この御言葉を木彫で掲げている。私だけが、また私たち夫婦だけが、「主に仕えます」と告白するのではなく、「わたしの家」である子供や孫たちも、「主に仕えます」と告白してほしい、そう願って祈りを絶やさず歩んできた。その甲斐があってか、子供たちも「主に仕える」ことを喜びとして歩んできた。
「祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。」1ペトロ3:9と記されている。私たちが何を受け継ぐのかといえば、それは「祝福を受け継ぐ」ことである。しかし、神の祝福を子供に受け継いで欲しいと願いながら、子供はさっぱり魅力を感じないということはないか。祝福を受け継ぐということを考える時、まず、神からいただく祝福がどれほど素晴らしいか、自らが真の魅力を感じることである。自らが祝福に与ることによって、周りの人にも祝福が及ぶ、そこに祝福が受け継がれていく秘訣がある。まず自らが祝福を受けることから始めたい。何を受けたかがその人の在り方を決めていくとするなら、何を受けてきたかを問わざるを得ない。ところが、私たちは往々にして良いものよりも、悪いものを受け継いでしまうことはないか。
批判ばかり受けて育った子は、非難ばかりします。敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦います。ひやかしを受けて育った子は、はにかみやになります。ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしている気持ちになります。心が豊かな人の中で育った子は、我慢強くなります。励ましを受けて育った子は、自信をもちます。ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります。公明正大な中で育った子は、正義心をもちます。思いやりの中で育った子は、信仰心をもちます。人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大切にします。他者の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます。「インデアンの詩」
何を受け継ぐかは大切である。神の祝福を受け継ぐなら、祝福に満ちた人生を歩むことができる。アブラハムが「祝福の源」になったからこそ、彼の子孫も祝福を受け継ぎ、「地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。」創世記22:18、ことができた。この連鎖は、私たちの家庭や教会、この社会をも変えていくのである。

奉仕の恵みーキリストのからだとしての教会   教会員

昨年の四月から成人クラスの分級のリーダーとして奉仕しています。引き受けた時は正直、不安でした。コミュニケーション力が弱く、人前で話すのも苦手で、祈祷会の分かち合いでも気が付くと下ばかり向いて話しているのです。こんな状態ですので、分級はおろか人との関係性を結ぶ事は長年の難題でした。日々、「栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。」Ⅱコリント3:18と解っていても、変わらない人生に打つ手はありませんでした。
そんな朝に、何とか解決をと思い、同じように祈っていた時、「あれ?」と思う間に、主が静かに語りかけてくださり自分が変えられているのに気が付いたのです。人間関係のABCが分かったのです。嬉しくなり感謝しました。長年(50年位)の願いがかなったのです。これまでの人間関係の苦手感が逆転していて、愛(いと)おしくなったのです。人間関係のABCとは、『人と話す時は、相手の顔をしっかりと見つめ、声音を感じながら、表情や仕草からも伝わるものを感じながら相手の話をよく聞く。そして自分の内側から真にうなずいて、言葉に気をつけながら受け止めながら話す』と言うことだと気づかされたのです。苦手意識は取り去られ、これからは人間関係を喜べる新しい人生が待っている感じがしています。
しかし、個人として変えられるだけではなく、日々変えられて、主の再臨の時、完成されるのは、キリストのからだなる教会が一つとしてであることが分かりました。皆で一つのからだとして教会が丸ごと完成されるのです。何と素晴らしい希望でしょうか。先の人も後からの人も一つのからだとして共に成長させられ、キリストのからだなる教会としての完成の望みなのです。
”教会にとっての「からだ」とは・・・「キリストにある交わり」の形成という努めを委ねられていることです。・・・私たちは違いを否定的に捕らえ過ぎてしまいがちです。むしろ、違いを積極的、肯定的に受け止め、違う者が聖霊によって一つとされる豊かさを喜ぶことで、キリストの体なる教会を形成することが大切です。私たちがキリストを主と信じて告白したとき、聖霊を受け、その聖霊によってキリストの十字架に示された神の無条件のゆるしの愛に心を向ける限り、教会の交わりは成長し続けるのです。”「神の同労者」P118~120
「キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。」フィリピ3:21

神様からのチャレンジ       教会員

2019年度、私は神様から新しいチャレンジを3つ与えられました。まず、年度が始まってすぐに開店休業中だった小羊会が再開しました。かなり長期の休業だったので対象のちびっ子達は小羊会の「こ」の字も知らず、むしろ新規開店。とにかく「小羊会=楽しい!」がメンバーに定着することを願いつつ回を重ね、対外行事にも出かけ、教会でお泊まり会もしました。すぐに壊れると思っていた段ボールのお迎えバス「こひつじ号」は、今や小羊たちの自主運営で今も大活躍中です。小羊たちの豊かな感性、パワーに圧されつつ、私はこの時間をどうプログラムしていくか、とても問われるこの頃です。

次に8月から、礼拝でいつも使っている「新生讃美歌」の検討委員会に陪席をさせていただいています。この讃美歌は刊行から16年経ちますが、委員会では次世代に向けて一曲一曲、歌詞やメロディなど細かく再検討しています。知らなかった背景、初めて歌う讃美歌また問題点など、その新しい出会いにワクワクします。今委員会で検討しているのはクリスマスの曲の辺りなので、今年のクリスマスの賛美に還元したいと思っています。

そして、この2月から私にとって教会生活初めての「受付」という奉仕が始まりました。月一回ですが、これが何とも新鮮で待ち遠しい奉仕となりました。いつもの私はバタバタと教会に駆け込んで分級室へ入り、分級が終わったらまたバタバタと奏楽の準備へ。オルガンからは皆さんのお顔がよく見えるのですが、礼拝後はまたバタバタと何かしらの事に追われて、気づいたら一緒に礼拝をしていても言葉を交わすことなく時が経ってしまっている方もいるという始末です。

さて、受付に座ってその日の聖書や讃美歌を整えながら、朝のご挨拶と共に皆さんをお迎え。普段なかなかお話できない方ともご挨拶ができて私の心はホッコリ。それぞれの分級室へ向かうのを見送りながらひと段落すると、あちこちから賛美が聞こえ、その後ロビーはとても静かな空間になりました。時折聞こえてくる笑い声をBGMに私はゆっくり「バプテスト誌」などに目を通す。なんて贅沢な時間!そして10時10分、宴もたけなわの中、分級終了のベルがよく聞こえるように、だけどうるさくならないようにとちょっとドキドキしながら鳴らして歩きました。次回はどんな時間になるでしょう。私の新しい三つのお役目を感謝します!

「何をするにしても、すべて神の栄光を現すためにしなさい。」Ⅰコリント信徒への手紙10:31

祈りについて    教会員

クリスチャンにとって一番大切な奉仕は何でしょうか?私は祈りではないかと思います。一人の魂が救われるためには、まずは祈ってくださる方がおり、今日私がここにあるのも、誰かの祈りによって支えられているからです。6年前より埼玉アシュラムに参加させていただくようになって、特に祈りの大切さを教えられています。

一年間同じグループ(ファミリーと呼びます)のメンバーのために祈り、一年間私は他のメンバーによって祈られています。一年後、アシュラムで再会した時、互いの祈りを思い、嬉しくなります。

私たちは祈りの最後に、「イエス・キリストの御名によって」と祈ります。イエス様を通して神様に祈りが届けられます。神様はイエス様によって私たちの罪を赦し、和解の道を開いてくださいました。神様は偉大で憐み深いから、ただ罪を赦してくださったのではなく、イエス様の十字架と復活によって、罪を赦して新たに生きる力を与えてくださったのです。和解させていただいた者は、イエス様を救い主と信じ、神様に大胆に祈ることができます。最近クリスチャンにとって、ごく当たり前の以上のことが、なぜか心のうちに響きます。

私は毎日「聖書日課」によってみ言葉をいただき祈ります。教会の友のため、アシュラムの友のため、職場の同僚のため、家族のため祈ります。水曜日は教会で皆さんと祈ります。時に自分の祈りが形式に流されているのではと反省させられます。できるだけお一人おひとりの状況にふさわしい祈りができたらと願います。一日の最後の祈り、「神様、今日も一日お支えいただきありがとうございました。感謝申し上げます。イエス様の御名によって祈ります。」何とも言えない平安を覚え、また、背後に友の祈りを感じます。

祈りはいつも、すぐ聞かれるわけではありません。神様には神様の時があります。教会にきておられる求道中の方々のためにも祈ります。その祈りの中から救いにあずかる方が起こされます。神様の御業です。

物理的な奉仕には、かなり限界がありますが、祈りは生涯継続できる奉仕と思います。祈り祈られて信仰生活を全うできればと思います。

「朝にはあなたの慈しみに満ち足らせ、生涯、喜び歌い、喜び祝わせてください。」詩編90:14

愛はすべてを完成させるきずな    教会員

私は、3月7日に婚約者と結婚式を控えており、準備の中で自分のこれまでの人生の歩みやこれからの歩みをよく考えることがあります。特に結婚カウンセリングの中で、”愛”とは何かの問いかけを神様より頂いています。

2019年12月4日、アフガニスタンにて襲撃された中村哲医師のニュースを通して、大きな悲しみを抱き、その活動の大きさを知りました。クリスチャンでもある中村医師は、過酷な地で医療の域を超えて、現地で生活している方々のために干ばつに対する水不足・食料不足に立ち向かっていたことに尊敬の念を持ちました。困窮により戦争が起こると考え、平和を実現しようと活動する姿は、私の心に深く残りました。中村医師の活動は、人のために心から尽くす、まさに”愛”なのだと感じます。

上尾教会での歩みも33年目を迎えようとしています。クリスチャンとしての大きな恵みは、神様の存在を知り、誰かのために尽くす喜びを感じることにあります。私自身、多くの方たちに祈られ、励ましと慰めから”愛”を与えられてきました。それは、見返りを求めた行動ではなく、相手のことを思う無償の愛でした。その愛に幼い頃から触れたことは、私の人生で大きな財産となっています。婚約者は、私の中にある教会で学んだ”愛“に惹かれたと言ってくれています。神様が結婚を整えてくださっているのだと強く感じました。

マザー・テレサは、「愛の反対は憎しみではなく、無関心です。」と言いましたが、私たちは、自分のことだけに関心を払い、周りにいる人のことに無関心であったり、傍観者であったりすることがあるのではないでしょうか。私も、すぐに自己中心になり、神様の存在を忘れることがありますが、これからは、主と共に歩み、人を愛することを求めて生きたいです。

「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。」

コロサイの信徒への手紙 3章12~14節

 

主の忠実な管理者       教会員

私に今、与えられている奉仕は、友愛チーム(車での送迎)、伝道委員、会堂掃除(年4回)、雑草取り、礼拝時の受付(第4週)です。大変なのは、雑草取りです。夏の暑さ、冬の寒さ、雨の日など、天候に左右されます。始めるにあたり、継続できるか不安がありました。なんとか10年以上続けることができている恵みに、感謝です。

『主の忠実な管理者として』の教本から学びました。

私たちクリスチャンは教会員として、主に対する務めを果たす責任を持っています。「奉仕」などに気が乗らないこともあるでしょう。しかし、責任として、自分を強いてしなければなりません。私たちは、キリストの体の肢体です。もし、責任をないがしろにすれば、他の肢体(教会員)に負担をかけてしまいます。そのために、他の肢体に傷を負わせることさえあるのです。責任感も、御言葉をよって育まれます。なぜなら、責任を果たすことは、共に働く者に対する愛の行為だからです。

忘れてはならないことは、私たちが神によって選ばれたとするならば、その選ばれたことに対する責任は非常に大きい。選ばれた者は、選ばれなかった者以上に、きびしく問われる存在なのである。そして、選ばれたのは、神に「仕える」ために選ばれたのである。神の恵みを、福音を、地の果てまで宣べ伝えるために、選ばれたのである。そういう器として選ばれたのである。

主イエスは「明日のことを思い煩うな」と言われた。それは、明日は明日の風が吹くので、その場限りの生活をせよ、と言われたのではない。明日は、神のものだから、それは神に「委ねて」、むしろ、今日与えられた使命にしっかりと立って生きていく、それが大事だということである。

「主日礼拝」「祈祷会」を優先して、神にささげ、隣人に「奉仕」することへと広げる生活設計を立てましょう。

「だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」マタイによる福音書6:34

小さな奏楽者  教会員

私は小学2年生のクリスマスにバプテスマを受けて、その翌週から礼拝の奏楽者になりました。今からもう30年近く前の話です。あの時は特に不思議には思いませんでしたが、今考えてみると“なんて小さい子供がピアノを弾いていたんだろう”と思います。

当時、上尾教会には礼拝の前に「アッセンブリーアワー」というゴスペルを歌う時間がありました。私はその時間をとても楽しんでいたと思いますが、会衆の歌声を聞いて弾くというのには程遠く、何やら好き勝手に弾いていたと思います。弾く時になって、楽譜の用意をしておらずパニくる、会衆がついていけないスピードで弾く、ということも多々ありました。旧会堂ではアップライトピアノが壁に向かって置かれており、奏楽者は講壇に背を向けて座る状態でした。バプテスマがある時は、講壇を外してその下の水槽に水を貯めていたため、すぐ横でピアノを弾いていた私は、いつピアノの椅子が動いて私ごと水の中に落ちてしまうのではないかとヒヤヒヤしていました。またある時は、葬儀でピアノを弾くこともありました。自分のすぐ後ろに置かれた棺に泣きつく家族、その悲しみを背中に感じながら弾いたピアノはとても重たかったのを、子供ながらによく覚えています。

こんな私の奏楽人生ですが、いつもその奉仕の背後には教会の皆さんの祈りと励ましがありました。私が弾くピアノを皆さんが喜んでくださる、それが私にとっても嬉しかったです。旧会堂時代、人が入りきれなくなった時から1日に2回礼拝を捧げるようになりました。そうなると、奏楽も1日に2回まわってくることがあり、正直「面倒くさい」という空気を前面に出しながらピアノを弾いていたこともあります。それでもやはり、教会の皆さんは喜んでくださいました。「真奈ちゃん、今日もピアノよかったよー」と声をかけてくださいました。小さな奏楽者は、皆さんの忍耐と愛によって育てられてきたのです。

そして、神様もどんなにかこの小さき者の奉仕を喜んでいてくださったことでしょう。イエスを背中に乗せた子ロバのように、人間の目には取るに足りない者でも、主は十分に用いてくださるのです。余裕のない日々を過ごす私にとって、奉仕は時に負担に感じる時もあります。それでも、神様の喜んでいる姿を思い浮かべる時、なんとも言えない幸福感に心が満たされるのです。だからこれからも、与えられた賜物を用いていきたいと思います。

愛の共同体         教会員

私は、神をよく理解しないまま、「神を信じた」。現在、私は信仰告白委員、礼拝委員、財務委員、総務委員(慶弔委員)として神様に用いられている。驚くことに、慶弔委員を機に、キリスト教葬儀社に転職をした。私は、自分でも止められない急な流れに、今身を任せるしかない。

上尾教会は、イエス・キリストをかしらとする「愛の共同体」である。私たちは、このキリストにある交わりの共同体の体をしっかりと整えて初めて、神の福音を隣人に宣べ伝えていける。しかしながら、信徒の高齢化が進み、奉仕者が限られてきた。従って子育ても終わり、車の運転が可能で、時間の余裕のある私が、4つの奉仕を任されているのである。何度も奉仕が多いというアピールをしてきたが、一笑に付される。とても私に、これらの賜物があるとは思えない。なので、秋山牧師は、気の毒なぐらい熱心に私を教え育ててくださるのである。

かつて執事をしていた時、神学校の信徒説教の学びをさせて頂いた。そこでの気づきが、私の教会観を変えた。信仰告白委員になり、キリスト教の信仰告白の歴史から、各教会の信仰告白文を学ぶことにより、自分の教会をそれまでと違った角度から考えることができた。総務委員として奉仕をしていると、教会の教勢、会堂の設備、備品、奉仕、教会員のことに目を向け、財務委員として現在の教会の経理全般を考えるようになった。私は、様々な学びをすればするほど、知恵や技術ではなく、「祈り」の大切さを知る。神様でなければできないことだらけである。まさに、身をもって「愛の共同体」を感じるのである。

しかし、奉仕ができないから神様との関係が浅いというのでは決してない。神様は、全ての人に対し、それぞれの形で神様との関係を深めていくご計画がある。神様は、お一人おひとりを愛してくださっているからである。力のない自分がどう用いられるか、計り知れないが、楽しみになる。私は、自分に与えられた奉仕を通して、教会での主にある交わりを豊かにし、神様との関係を深めていきたいと心から願う。そして、神様の愛をこの教会で、一人でも多くの人に伝えていければ幸いだ。

「キリストにより、体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっかり組み合わされ、結び合わされて、おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、自ら愛によって造り上げられてゆくのです。」エフェソの信徒への手紙4:16

 

命にもまさる恵み

生きる上で一番大切なものは何か。それは「富」でも「名声」でもなく、「命」である。主イエスも、「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。」マルコ8:36‐37と言われ、富や名声、財産をどんなにたくさん得たとしても、自分の命を買い戻すことができないほど、命は大切なものであると教えられた。それ故に、親はわが子が危険な目に遭いそうな時、「あぶない」「ダメ」と大声で自分の命を守ることを教えるのである。

それほど大切な命であるが、先週の祈祷会で学んだ詩編63:4には、「あなたの慈しみは命にもまさる恵み。」と記されていた。主の慈しみは、命を超える恵みとして私たちに与えられているという。この「命にまさる恵みとは何か。そのことを考えていた時に、星野富弘さんの詩を思い出した。いのちが一番大切だと思っていたころ 生きるのが苦しかった いのちより大切なものがあると知った日 生きているのが嬉しかった」この「いのちより大切なものがあると知った日」とは何か。それは星野さんにとって、主イエスに出会った日。主に出会い、罪を赦していただき、神と共に生きる永遠の命に与った時から、不自由な生活の中でも、生きているのが嬉しくなったのではないか。

樋野興夫先生も、命が尊いことは確かですが、“自分の命よりも大切なものがある”と思ったほうが、私たちは幸せな人生を送ることができるようです。“命が何よりも大切”と考えてしまうと、死はネガティブなもの(命の敵)になり、ある時を境に死に怯えて生きることになります。命よりも大切なものを見つけるために、自分以外のもの、内から外に関心を向けてください。あなたに与えられた人生の役割や使命が見えてくるでしょう。」と語られていた。

「自分の命より大切ものがある」と気づく時、愛や信仰、正義や自由のために自分の命を投げ出しても惜しくないと思えるのではないか。アウシュビッツで「私は妻子あるこの人の身代わりになりたい」と申し出て代わりに死んだコルベ神父にとって、見ず知らずの人の命は自分の命より大切なものであった。『平和の祈り』の中に、「死ぬことによってのみ、永遠の命に生きることを深く悟らせてください」という言葉があるが、その永遠の命に与るために、自分の命を捧げることもいとわないとする行動(使命)が生まれるのではないか。「使命」とは、「命を使う」身を削ることである。主は私たちのために尊い命を捨ててくださった。それによって、罪赦され、永遠の命に与ることができた。この主の慈しみに応えるところに、「命にまさる恵み」に与ることができるのである。