Author: ageo

Home / Articles posted by ageo

主のところに連れていく

親にとっても、教会にとっても、信仰の継承は切なる願いである。主の救いにあずかり、一緒に御国に行って欲しいからである。しかし、信仰の継承がなかなかうまくいかないことも事実である。「小さい頃は教会に連れて来ていたのに、今ではすっかり行かなくなりました。」と嘆く親のなんと多いことか。信仰の継承がスムーズにいっていたら、日本のクリスチャン人口は増え、教会はもっと成長したであろう。では、なぜ信仰の継承がうまくいかなかったのか。そのヒントは次の主の言葉にある。

「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」マルコ10:14。子供たちが近くに来ることを主は強く望まれた。子供たちは主に近づくことで、主から直接教えを受け、信仰が育まれる。私たちの思いで、子供の信仰が育つのではない。ひたすら主に触れることができる環境を作ってあげれば、あとは主が計らってくださる。「子供たちをわたしのところに来させない。」とは、「私が責任をもって子供の信仰を育みます。」との主の強い決意の表れである。

そのために必要なことは何か?それは「共にいる」「共にする」「共にあずかる」ことである。「共にいる」とは、礼拝、祈祷会、教会の交わりの場に共にいること。時々、子供がいたのではゆっくりと御言葉も聞けないので、子供は家においてきましたという方がいるが、これでは子供の信仰は育たない。「共にする」奉仕や献金、伝道を共にする。教会の掃除、チラシ配り、募金など、一緒に奉仕することによって、「神と人に仕える」ことが身につく。「共にあずかる」福音のすばらしさを一緒に味わう。「親子聖書日課」で霊の糧を日々共にいただき、祈り合うなら、「共育」されるだろう。

「子供たちをわたしのところに来させなさい。」のあとにある「妨げてはならない。」という言葉にも注目したい。私たちは様々な障害物をそのまま放置して、子供が主のところに来る環境を悪くしているのではないか。例えば、子供が部活や習い事、受験勉強で疲れているから、礼拝を休ませようとする。それが親の配慮だと思っているとしたら、大間違いである。むしろ、子供たちが主に触れる機会を沢山作ることが、私たちのすべきことである。現代は、子供も忙しく、疲れ、病んでいる時代である。子供たちに、神がおられ、神から愛されていることをしっかり伝えていくなら、子供たちはその愛に気づき、神に仕える人になるのではないか。どんな時にも、子供たちを主のところに連れていく、それが親の務めであり、教会の務めである。

 

神の福音をいかに語ればよいのか

10月20日より、東京バプテスト神学校のライブ授業「信徒のための説教学」が始まった。教室のある茗荷谷教会まで通えない教会からの要望で、初めての試みとして、自分の教会で共同受講ができるようになった。参加教会と人数は、上尾教会5名、前橋教会8名、浦和教会8名、多摩川教会2名、相模中央教会10名である。

パソコンにプロジェクターを繋ぐと、大きな画面になり、本教室と各教会の参加者の授業風景が写し出され、講師や参加者との意見交換もできるので、2時間の授業はほどよい緊張感の中で、あっという間に進んでいく。特に、信徒として説教を聞くという立場から、説教を語るという立場に至る中で、どんな準備が必要である かを講師から学び、参加者から意見を聞けることは得難いことである。来年、2月末まで毎週金曜日の夜の授業が続くので、学びが祝されるように、祈って頂きたい。

丁度、先週の祈祷会では、テサロニケの信徒への手紙一2章を学んだ。そこではパウロが「わたしたちの神に勇気づけられ、激しい苦闘の中であなたがたに神の福音を語った。」2:2と述べていた。この「神の福音」とは、パウロが考え出した新しい福音ではない。天地を造られた神が、独り子であるイエス・キリストの十字架と復活という出来事をもって与えてくださった福音である。時代と共に、その伝え方や表現方法は変わるだろう。しかし、伝えられる神の福音の内容は変わることはない。

この神の福音を語ることが説教であるが、それは必ずしも、人に喜ばれるためではなかった。当時のユダヤ人から見るなら、自分たちが大事にしていた割礼や律法遵守を、救われるための絶対条件ではないと語るパウロの説教は受け入れることができなかった。しかしパウロは、私が伝える神の福音は、「人に喜ばれるためではなく、わたしたちの心を吟味される神に喜んでいただくためです。」2:5と語る。

もちろん、パウロは神の福音を語ればよいと考えたのではない。「わたしたちはあなたがたのことをいとおしく思っていたので、神の福音を伝えるばかりでなく、自分の命さえ喜んで与えたいと願ったほどです。」2:8「自分の命さえ喜んで与えたい」という、この愛がなければ、神の福音といえども相手の心に届くことはない。「母親がその子供を大事に育てるように」2:7、「父親がその子供に対するように、あなたがた一人一人に呼びかけて、神の御心にそって歩むように励まし、慰め、強く勧めたのでした。」2:11-12。忍耐強く子供を育てる両親の愛が、神の福音を語る説教者には求められている。

 

伝道は教会で実を結ぶ

この会堂で最初の礼拝が捧げられたのは、1999年10月31日のことであるから、来週で18年目を迎える。月日の経つのは、本当に早いものである。上尾教会が目指してきた「地域に開かれた教会」が実現していることは嬉しいことである。三井住宅の自治会館は今月末には完成する予定であるが、その建て替えに伴い、約半年間上尾教会が仮集会所になって、毎週、住民の方が教会に入って来られるようになった。それによって、教会に対する敷居が低くなったことは、間違いない。私も住民の方々と随分親しくなり、教会の集会に誘いやすくなった。12月11日には、コーラス「泉の会」の方々と一緒にクリスマスをお祝するので、大いに期待したい。

「伝道は、関係で始まり、愛で育まれ、教会で実を結ぶ。」とよく言われる。まったく面識のない時は、誘っても来てくださらない方が、一度親しくなると、安心して来てくださる。教会員になった皆さんの中にも、親がクリスチャンだった、子供のころ教会学校に行っていた、ミッションスクールに行っていた、という方が多いのではないか。ですから、日頃から関係作りに心がけていきたい。地域の様々な会合に積極的に参加していると、住民の方々がむしろ教会を宣伝してくださったりする。

福音を伝えても、愛がなければ、信仰に導かれることは少ないだろう。だから「むしろ、愛に根ざして真理を語り」エフェソ4:15と、福音の真理を語る上で、愛に根ざすことが必要だと、パウロは語る。この「愛」を、日本人に伝道したキリシタンの宣教師たちは「お大切」と訳した。それは「相手を大切にし、また何よりも神は私たちを大切に思ってくださっている。」という表現であった。一方的に福音を語ってもなかなか伝わらないが、相手の気持ちを大切にして思いやるところに、福音は伝わるのである。「一方通行」の伝道ではなく、共に福音にあずかる「双方向」の伝道を心がけたい。

いつの時代も、伝道は「教会で実を結ぶ」ものである。教会から離れてしまうと、信仰は独りよがりのものになり、豊かな実を結ぶことはできない。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」ヨハネ15:5と主は言われたが、「キリストの体」なる教会につながる時、人ははじめて信仰の実を豊かに結ぶことができる。上尾教会につながって、一緒に豊かな実を結ぶ人が起こされることを期待して、伝道の業に励んでいきたい。