Author: ageo

Home / Articles posted by ageo

与えられた命を大切にしたい

「東京バプテスト神学校デー」の時に、奈良教会の松原宏樹牧師の講演を伺い、命について深く考えさせられた。松原先生はNPO「みぎわ」を立ち上げて、家庭で暮らすことのできない子供の特別養子縁組を紹介し、ご自身の家庭でもダウン症と心臓に疾患のある一歳に満たない子供を育てておられる。先生がどうしてそのような思いに至ったのか。それは、日本で一年間に人口中絶数は、厚労省の統計では約20万人であるが、中絶の薬の量を考えると、その三倍の60万人、いや100万人とも言われている。2018年の出生数は91万人であることを考えると、約半数の子供の命が失われていることになる。出生前診断で、お腹の中の子供が障がいがあるかもしれないと診断された妊婦の90%が中絶を望む。その事を知った松原先生は、居ても立ってもいられなくなって、ドクターに「もう殺さないでください。私たちがなんとかしますから。」そう言って、子供の命を救う働きを続けてこられた。

今日、事故や事件で幼い命が失われる度に大きく報道される。どうしてその命が守れなかったのか、誰の責任か、大きく問われる。それほど命は大切なものである。しかし、お腹の中にいる子供に関しては、ただ親が望まなかっというだけで、合法的に殺されている。親の責任が大きく問われることもない。まさに日本は、「中絶大国」である。今日「少子化少子化」と叫ばれているが、実は、子供が生きる権利を奪われ、闇に葬られているのであって、少子化に至る原因がここにあるのではないか。

子供の命を軽く見るような日本の現状を主はどのようにご覧になるのだろうか。きっと憤りと深い悲しみを持っておられるに違いない。主は子供を退けられるどころか、「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。」マルコ10:14と言われ、「そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福された。」のである。そんな豊かな祝福を、主の方から子供たちを抱き上げて、与えてくださったのである。主は子供たちの人生を祝福しようと願っておられるのに、親の都合で妨げてはならない。

松原先生は、「神様はこの子を愛して、この子の人生に意味があるとおっしゃる。これに気づけるのはクリスチャンしかいないと思う。実は、聖書に“いと小さき者の一人にしたのは、わたしにしたのである。”と言われるように、主はそこにおられると、思われてならないのです。この働きを私たちは、これからも続けていきたいのです。」と言われた。誰の命も神の目から見るなら高価で尊いのである。私たちは、与えられた命を大切にしたい。

福音を宣べ伝えるためには

20年前、この会堂を建てた時、『上尾教会が求めてきた教会像』の中で、「私たちの教会の第一の使命は、地域に開かれた教会として、イエス・キリストの福音を宣べ伝えることです。」と宣言した。この宣言を今、深く噛みしめている。上尾教会が主の教会としてこの地域に提供できるものは何か、それは福祉でも教育でもない、主の福音である。主の福音が一人ひとりにどれほど豊かな人生をもたらしてくれるのかを宣べ伝えることである。そのために、特別な集会を企画し、案内のチラシをこの地域に蒔き、ホームページで広く案内してきた。その働きは、今後も続けていきたい。

20年経つと、この地域がどんな所か段々に分かってきた。三井住宅や西上尾第一団地は高齢化が進み、一人暮らしの方が多いこと、また、周辺には新しい住宅が次々と建てられ、若い世代が住んでいること。そのような異なる世代にも主の福音を届けるために、「泉のほとり」では、指圧、がんカフェ・認知症の方と共に生きる、終活、キリスト教式葬儀などのテーマで取り組み、また、子育て世代には、「プレクリスマス」などで、子供と楽しく過ごしてもらう企画が続けられている。

ビジネス界では「費用対効果」という言葉が使われ、かけた費用に対して、どれほどよい結果を得られたかが問われるが、福音宣教の世界は、「あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。」コヘレト11:1。その時は、無駄(徒労)に思えても、何年後・何十年後に実を結ぶということが起こるのである。「涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。」詩編126:5とは、真実である。

主の福音は、ただ言葉だけではなく、人格を通して語られる。三井住宅に建っている上尾教会は、近所の方から良きにつけ悪しきにつけ見られている存在である。近所の方に気持ちよく挨拶をするだけでも、教会に対する好感度は違ってくるだろう。

「毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」使徒言行録2:46-47。私たちは近所の方から「好意を寄せられる」存在になっているだろうか、それとも煙たがられる存在になってはいないだろうか。神への賛美は、おのずと隣人への愛に向けられるものである。「地域に開かれた教会として、イエス・キリストの福音を宣べ伝える」ためには、日頃からの私たちの信仰生活が証となっているかが問われている。

病者の祈り

大事を成そうとして 力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと 弱さを授かった
より偉大なことができるように 健康を求めたのに
よりよきことができるようにと 病弱を与えられた

幸せになろうとして 富を求めたのに
賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして 権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと 弱さを授かった

人生を享楽しようと あらゆるものを求めたのに
あらゆるものを喜べるようにと 生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが 願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず 心の中の言い表せない祈りは
すべてかなえられた
私はあらゆる人々の中で 最も豊かに祝福されたのだ
~ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩~

この患者は、最初、大きな仕事をなすための力、偉大なことを成し遂げるための健康、幸福になるための富、人々の称賛を得るための権力、人生を享受するための快楽を神に祈り求めたが、与えられたものは、病弱と貧困であった。これは、一般の人々の価値観からすれば敗北者の人生であり、失意の内に神を呪って死んでいったとしてもおかしくはない。しかし、この病者は、最後に「私の心の中の言い表せない祈りは すべてかなえられた。私はあらゆる人々の中で 最も豊かに祝福されたのだ」と神に感謝を捧げた。まさしく人生の大逆転が生じた。この転換を可能にしたものは一体何なのか。すべてを失いながら、なおも自分は最も祝福された者であると言いうる秘訣は一体何なのか。この詩の中には、その理由は書かれていない。しかし、一つだけ確かなことは、この病者が病気の苦しみの中で、自らの弱さと無力さを知り、神の前にひざまずいたことである。それによって、神との出会いを経験できたのである。天に召された方々の祈りも、病の中で、主に感謝を捧げられた、この病者の祈りがあった。私たちも自らの弱さを知り、神の前にひざまずく者でありたい。

第6回きたかん新しい教会フォーラムに参加しよう!

昨年の「連合結成50周年大会」では、諸教会が直面する課題と、連合の協力伝道に期待する声をたくさん伺うことができた。今日、少子高齢化が進む中で、「子どもがいない」「青年がいない」「担い手がいない」・・など、諸教会は厳しい状況に置かれている。もはや一教会の努力では、これらの課題に向き合うことさえ、困難な時代を迎えていると言える。

そこで、今日の教会の課題に応えていく目的で、「第6回新しい教会フォーラム」を10月5日に西川口教会で開催することになった。「信仰継承」「教会復興」「開拓伝道」「人づくり」について、連合としてどのような協力伝道ができるのか、具体的に提案し、皆さんからの率直な意見を聞きたいと願っているので、是非、参加してほしい。

今日、連盟も含めてキリスト教会では盛んにパラダイムシフト」という言葉が使われている。パラダイムシフトとは、厳密な定義はないが、「発想の転換」「見方を変える」「固定観念を捨てる」「常識を疑う」などから始まり「斬新なアイディアにより時代が大きく動くこと」まで、さまざまな意味で使われている。教会も今までの宣教のあり方では、今日の時代に対応できないところに来ているからである。

『キリスト教会のパラダイムシフト』(柴田初男著)という文章にこう記されていた。“教会は、建てられた地域において、「地の塩・世の光」となるように召されている。そして、「ローザンヌ誓約」以後に示された宣教観、教会観によれば、それぞれの地域に神によって派遣された宣教の民である教会が果たすべき務めとは、「言葉による伝道」のみではない。「行為・良き業」によってなされる「社会的責任」を遂行することにより、この世に和解と正義と平和をもたらすと共に、「地域に仕え、隣人と共に生きる教会」へとパラダイムシフトして行くことが必要であると言われている。すなわち、従来の「伝道のみ」という宣教観から脱皮して、より全人格的・包括的な宣教理解に立ち、地域に仕え、地域と共に生きる教会へとパラダイムシフトして行くことが、今求められていると言える。”

上尾教会も三井住宅に会堂が建って20年、地域の方々との交流によって、皆さんが教会に何を期待しているかが、少しずつ見えてきた。教会が何かあった時の居場所になって欲しい・・・それが災害時の避難所であったり、様々な病や重荷を負う自分や家族の悩みを降ろす場であったり、悲嘆に寄り添う慰め場であったり。教会がそんな居場所になれるように、日頃から隣人の声を聞き、地域と共に生きたい。