Author: ageo

Home / Articles posted by ageo

召天者に倣う

親しい人たちが次々と亡くなっていき、「年を取ると言うことは寂しいことだ」との声を聞く。確かに、同世代が少なくなるのは寂しいことである。しかし、主を信じる者にとっては、天国での再会の日が近づいていることも確かである。「やがて天にて」という賛美の中に、「やがて天にて喜び楽しまん 君にまみえて勝ち歌を歌わん」とあるが、天国は私たちには想像がつかないほど、「喜び楽しむ所」である。その天国を待ち望むと、死ぬことへの恐れも消えていくのではないか。有名な詩編23篇4節に、「死の陰の谷を行くときも、私は災いを恐れない。あなたが私と共にいてくださる。」とある。主を信じる者にとっては、復活の主が共に歩んでくださることで、死はすでに主によって滅ぼされており、「死の谷」はもはや、「死の陰の谷」にしか過ぎない。

ですから、鈴木正久牧師がガンで余命わずかと知らされた時、「私は『死を待つ』のではなく、『キリストの日』に向かって歩みを進めているのです。」と、天国の希望を語ったのである。上尾教会の墓石には、フィリピ3章20節のみ言葉、「わたしたちの本国は天にあります。」を取って、「我らの国籍は天にあり」と刻んでいる。この世の国籍や故郷は一時的なものだが、私たちの国籍は天にある。なんという特権、なんという祝福ではないか。天に国籍があるかないかの区別がはっきりとする主の再臨の日が、必ずやって来る。その日、主を信じるものはパウロが言うように、「わたしたちの本国は天にあります。」と告白し、天の御国に凱旋することができるのである。

私たちは、今しばらく、この地上を生きて行かなくてはならない。その私たちの道のりにおいて、召天された方々の信仰に倣う必要があるのではないか。パスカルは、「私たちは、天に召された故人から受けたものを、私たちの人生の中に活かすことによって、いわば、故人を自分の内に再び生き返らせることになる。なぜなら、故人の願いが、そのまま私たちの中にあって、今もなお、生きて働いているからだ。」と語る。パウロも「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」 フィリピ3:17と語る。それは、自分を誇るのではなく、一方的な主の十字架の贖いによって救われ、福音宣教の戦いに生かされている自分に倣ってくださいと言っているのだ。召天された方々も、「兄弟たち、皆一緒にわたしに倣う者となりなさい。」と同じことを、私たちに語りかけているのではないか。信仰の戦いを立派に戦い抜き、本国である天国に帰って行かれた上尾教会の召天者に倣って、私たちも信仰の歩みを最後まで全うさせて頂きたい。

信仰のおのずから起こるとき

伝道懇談会では、とてもよい話し合いが出来たのではないか。信仰をどのように継承していったらよいのか、沢山の意見が出された。その意見を聞きながら、「伝える」ということと、「伝わる」ということの間には大きな違いがあると感じた。一生懸命、主の福音を伝えているつもりであっても、相手に伝わっているのは、福音の豊かさではなく、親の強引さであったり、一方的な話しであったりする。それが、福音から子供の心を遠ざけていることも確かだ。「お母さん、黙って私の話を聞いてほしいの。答えはいらないわ。聞いてくれるだけでいいの」子供からそう言われて、話すのではなく、聞くことに徹したことがよかったと思う、との発言に共感を覚えた。

「伝わる」ためには、相手を理解することが必要である。それは丁度、日本のリレーが特長とする、「アンダーハンドパス」と同じである。頭ごなしに信仰のバトンを渡すのではなく、相手を理解して下から信仰のバトンを渡すことである。そのためには、待つことが大切である。「愛のおのずから起こるときまでは、ことさらに呼び起こすことも、さますこともしないように。」雅歌2:7(口語訳)とあるが、「愛」「信仰」に言い換えるならば、「信仰のおのずから起こるときまでは、ことさらに呼び起こすことも、さますこともしないように。」となる。信仰は強制されて信じるものではなく、自由で自発的なものである。だから、そうなるまで待つことである。その時が来ると信じて、見守り、待つならば、やがて「おのずから起こるとき」がやってくるであろう。

待つということは、「祈る」ということでもある。「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。」詩篇62:1(新改訳)「黙って」とは、単に、何も言わず黙しているということでなく、私のたましいよ、神の内に安息を見いだして、安心しなさい。どんな状況においても、慌てることなく、神にすべてを委ねて、神を信頼し、神を待ち望んで祈りなさい。」ということである。なぜなら、すべての必要、助け、導き、救いは、すべて神から来ると信じるからである。根拠のある大丈夫!である。

私たちは待つことが苦手ではないか。しかし、信仰の継承には、祈って待ち望むことが求められている。信仰は親から子供に財産のように譲り渡して、引き継ぐような性質のものでない。信仰は神の深いみ旨による選びであって、神から与えられる賜物、贈物である。その賜物は、待てば待つほど、大きな喜びとなって返ってくる。「信仰のおのずから起こるとき」がやってくるように、待ち望もうではないか。

「信仰の継承」と「クリスチャンホームの形成」

この2つのテーマについて、本日の伝道懇談会で学び合い、話し合えることを大いに期待している。どちらのテーマにも明快な答えがあるわけではないだろう。「これでいいのかしら」と、主に問いつつ、苦闘しながら、主の導きを求めているのが現状であろう。その思いを分か合い、祈り合うことが伝道懇談会の意義でもある。

「子供は私の手をとっくに離れたので、信仰の継承など今さら無理だ」と思う方がいるかもしれない。しかし、信仰の継承は、必ずしも「親から子へ」ということではない。「子から親へ」とその逆もある。私の母が夫に先立たれ、不安な日々を送っていた時、「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」マタイ11:28との主の言葉を紹介して、「主にすがるなら、平安が与えられるよ」と伝えた。すると、今まで元気な時には、私の話を聞こうともしなかった母が、80歳の時に主を信じて、バプテスマの恵みに与った。だから、幾つになっても、諦めてはならない。

家族は、私たちの信仰の姿勢をよく見ている。何を大切にし、何を信じているのか、言葉ではなく、行いを見ている。「私たちの中で殆どの者は、まず最初に信仰について考え抜いた上でキリストに対する理性的決断を下してキリスト者になったわけではなく、むしろただ年長者たちを見て育つ中で自然と信仰に導かれたのであって、そのようにして私たちは自分がもっとも重要とみなす価値の殆どを受け継いできた。」ウイリアム・ウィルモン。罪多き者であっても、「自分もあのようになりたい」と、家族から慕われる誠実な信仰生活を送りたい。間違っても、「あのようになりたくない」と言われてはならない。

「信仰の継承」「クリスチャンホームの形成」は、家庭として取り組むだけではなく、教会として取り組むべきことがある。神の家族の一員として、その人に接していくことである。義也の言葉に、「僕は、牧師の家庭に生まれ、五人兄弟の三番目ということもあって、いろいろと気を配る立場にいました。弟であり、兄である自分。でも、教会では、皆秋山義也とし接してくれて、時に怒られ、時に心配され、時に褒められ、本当に愛されて育ってきました。だから、僕は教会が大好きだし、これからも神様に“こんな僕ですが、これからも一生教会に行きますから、どうぞよろしく”と言わせていただきます。」とあった。

思春期には、受験、恋愛・結婚、就職など悩みは尽きないだろう。又、結婚後も夫婦関係や親子関係の悩みなどがあり、真剣に聞いて、共に祈ってくれる人がいたら、どれほど支えられるだろうか。教会の交わりと祈りこそ、欠かせないものである。

忘れてしまわない   武 章子

先週の月曜日、8月の「首相官邸前でゴスペルを歌う会」に出かけてきた。18時から1時間、先月まではまだ薄明るくて、リュックに常備の懐中電灯は出番の無いまま終わっていたが、今回はしょっぱなから何だか薄暗い。でもまだ8月だよね~と思う抵抗も虚しく、30分もすると街灯がつき始め、老眼の目には歌集の文字が判別しにくくなってきた。毎年、17時過ぎても明るいと「日が延びてきた!」とわけもなく嬉しくなり、反対に19時の明るさが陰ってくると「あ~ またどんどん暗くなるのが早くなるんだ」とつまらない気持ちになる。この日はそのつまらなさを今年初めて感じた日となった。次回のゴスペルは確実に懐中電灯の登場だ。

確かに今年も残すところ三分の一となった。そうこうしているうちに2018年の年賀状が発売され、教会ではクリスマスの準備に追われ始めるのだろう。

しかし、まてまて。時の流れは確かに速いがそれに呑み込まれている場合ではない。ゴスペルの会の中で、沖縄から遠く離れて暮らしている私たちが日常の中でどうしたら沖縄を覚えていられるか、いろんな方の工夫を聞いた。さんぴん茶(沖縄のスタンダードなお茶)を飲む、沖縄の新聞を取る、SNSを使って毎日沖縄の最新情報に目を通す…。沖縄問題に留まらず、東日本大震災で津波の起きた時間に腕時計のアラームをセットして、毎日その時間を覚えている方もおられるとのこと。私たち上尾教会でも毎年8月を平和月間とし、毎日曜日いろんな形で、72年前に何が起こってきたのか、今、日本で世界で何が起きているのかを、知り祈る時を持った。

マスコミもこの時期は平和関連の特別番組や記事が多いし、先日の「24時間テレビ」では被災地の今、避難生活の現状が伝えられ、当たり前のように過ぎていく日常の中で、立ち止まり今一度考える機会を与えられた。それはとても大切なことなのだが、季節行事になってしまわぬようにと心のどこかで警鐘が鳴る。共謀罪法も憲法改憲も鳴りを潜めているが、決して無くなったのではないこと、被災地のニュースは殆ど無くなったが理不尽を強いられた人々の心と生活が決して元に戻ったわけではないこと…。日本だけでなく世界に目を向けた時、知ること考えることはもはや個人の範囲を超えてしまうだろう。だからこそなのだ。一人一人の生活の中で「忘れてしまわない」何か小さなことを持ち寄り、その小さなことは繋がり合い、神様の平和を求める祈りとなるようにと願う、9月の始まりである。

キリストの平和

「キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。」

コロサイ3:15

「キリストの平和」とは、なんと慰めと希望に満ちた言葉であろうか。「キリストの平和」とは、ただ戦争がなく、深刻な悩みがないということではない。キリストの平和」とは、平和そのものであるキリストが与えてくださる平和であり、心が騒ぎ、おびえるような時にも、キリストによって心の中が平安にされていくことである。そして、この平和はいついかなる状況の中でも、キリストによって与えられる平和である。

私は30代の時に、腎臓がんを患い、右腎臓を摘出するという試練を経験した。その時、3人の子供は小さく、この先、我が家は、教会は、どうなるのだろうかと不安に襲われた。その時、私を慰め、支えてくれたのは、主と主の御言葉であった。 「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」エレミヤ29:11。「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。」ヨハネ14:27。このような御言葉によって、私は、この試練にも主が最善の御計画を備えておられることを知って、それ以後、どんな結果が待っていようとも、全てを主に感謝して、主に委ねることにした。すると、不思議なことに、心の中に平安が満ち溢れていった。

平和の主がどんな時にも共にいてくださる。自分の心を自分で満たすことができず、渇き、またそれ故に、人を責め、傷つけてしまうような私たちを、赦し、満たしてくださる主が共におられる。平和を作り出すことができない私たちの所にやってきて、その臨在をもって平和を満たす主がおられる。不安や疑い、分裂や絶望の最中にいる私たちに、主は十字架の血潮をもって、和解の手を差し伸べてくださる。

「キリストの平和が、わたしたちの心の隅々にまで、行きわたりますように。」こどもさんびか34番。「キリストの平和」は私たちの心の隅々にまで行きわたる。そして教会は、キリスト者はそれを証言するために立てられている。「キリストの平和」の使者として、自分の置かれた、家庭や地域、学校や職場、に遣わされていきたい。「キリストの平和」が、あの方の中にも、この方の中にも、行きわたりますように。

 

カトリック松が峰教会を訪ねて

先日、妻の実家のある宇都宮に行った時に、初めて市内にある「カトリック松が峰教会」を訪ねた。聖堂に入って、その壮大さに圧倒された。当教会(旧宇都宮天主堂)は1888年に創立し、その後松が峰町に移転、1932年にスイス人建築家マックス・ヒンデルの設計で、現在の大聖堂が完成した。正面に2つの尖塔をもつ、本格的なロマネスク様式の荘厳な聖堂である。鉄筋コンクリート造りであるが、外壁、祭壇、柱など、ほとんどが大谷石で造られている。国の登録有形文化財に認定されており、宇都宮のシンボルのひとつとなっているが、戦争の災禍を受けた教会でもあった。

1945年宇都宮大空襲の時に、大屋根が焼け落ち、終戦後の資材が乏しい中で修復が行われ、2年後には完成し、信者たちの精神的な拠り所となってきた。また、聖堂にはアンジェラスの鐘が取り付けられ、近隣に美しい音色を響かせていたが、太平洋戦争が激化した1943年、貴金属供出のため、鐘は国へ没収された。しかし、戦後、鐘の再現を望む声が高まり、1982年信徒と市民の献金で、鐘が再現された。鐘を聞く人々が一人でも多く、愛や平和について考えてくれることを願いながら・・・毎日曜日やクリスマス、元日、その他の祝日、結婚式に鳴らされている。

そこで頂いた週報の「今、選択のとき」という文書が心に留まったので、紹介したい。

今、世界も日本も危機的状況の中にあります。自国中心主義が広がり、極右勢力の台頭による難民、移住者への排斥、また紛争やテロが頻発するなど、世界全体が暴力的になりつつあります。その背景には、想像を絶する冨の格差があり、またそこへ軍需産業の利権がからむなど、歯止めが効かなくなってきています。

残念ながら、日本はその流れの中に組み込まれるというよりも、積極的にその傾向へと突き進んでいます。多くの人が「ぼんやり」させられているうちに、日本政府は平和憲法の精神を無視して軍事力一辺倒の政策で突き進んでおり、市民への監視、情報コントロールを強力に進めてきています。国連特別報告者が「メディアの公平性や独立性」「プライバシーや表現の自由」について数次にわたって強い懸念を表明していることは記憶に新しいところです。・・・・この現実の中に教会は派遣されています。私たちを派遣し、共に歩んでいるキリストはどこに向かって歩めと呼びかけているのでしょうか。その声を聴きつつ現実を直視し、流れに身を任せるのではなく、自覚し、決意し、平和を選び取っていきたいものです。個人として、教会として。   (2017.8.6 松浦悟郎 名古屋教区司祭)