Author: ageo

Home / Articles posted by ageo

ありのままで率直に生きなさい

父の日は、母の日と同じように教会から始まった。今から100年以上前、米国ワシントン州に、男手一つで6人の子供を育て上げた父親を想い、娘の一人であるソノラ・スマート・ドッドさんが、母の日と同様に父の日も設けてほしいと教会に提案し、6月に父の日礼拝を開いてもらったことがきっかけだと言われる。6月というのは父親の誕生月だったそうだ。戦後、この習慣は日本にまで広まった。

インターネットに「理想の父親ランキング]というのがあった。一位はタレントのつるの剛士さん、2位はお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史さん、3位はアイドルグループ「V6」の井ノ原快彦さん。彼らに共通するのは、家族を大事にし、家事・育児に励み、ユーモアのセンスがあること。昔ながらの頑固一徹、家事・育児は母親に任せ、仕事を取る、そんな父親は現代では敬遠されるようだ。

父親に対する御言葉が2つ思い浮かぶ。一つは、「父親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。」エフェソ6:4。もう一つは、「父親たち、子供をいらだたせてはならない。いじけるといけないからです。」コロサイ3:21。母親が子供に対してこのように書かれている御言葉はないので、恐らく父親は子供に対して厳しすぎるからではないか。父親が子供を叱る時、その真意が子供には伝わらずに、ただ厳しい父親の姿しか映らず、子供を怒らせたり、いらだたせたりするからだと思う。私も感情的になって叱り、「なぜ、あの時、叱られたのかわからない」と子供から言われたことがあった。そんな親のパワハラが、子供の心を萎縮させ、傷つけるのである。

むしろ、「主がしつけ諭されるように、育てなさい。」とある。口語訳では、「主の薫陶と訓戒とによって、彼らを育てなさい。」とあった。今日、「薫陶」という言葉を用いなくなったが、とても素晴らしい言葉だと思う。元々は陶器の世界で用いられた。香を焚いて香りを移し、粘土を焼いて陶器を作り上げる。そこから優れた人格の香で感化し、優れた人間を育てるという意味になった。主の香を受けて、私たちも主の香りを放つ者へとしつけられるのである。又、「いらだたせる」という言葉は、「過大な要求をする」という意味である。わが子に対して、過大な要求をすることはないか。子供に夢を抱くことはよいが、夢を押し付けてはならない。「よい学校に入れ」「よい仕事に付け」と、過大な要求をする時、子供はそのプレッシャーで押し潰されていく。私たちは神の作品として造られたのだから、ありのままで率直に生きなさい」と勧めようではないか。

幻を見る者へと変えられていく

ペンテコステは、主の復活から50日目に、主の弟子たちに聖霊が降り、聖霊の力を受けた彼らは大胆に福音を宣べ伝え、各地に教会が誕生した日である。その日、ペトロは集まってきた人々に対して、旧約聖書の預言者ヨエルの言葉を引用して、『神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたたちの息子と娘は預言し、若者は幻を見、老人は夢を見る。』使徒言行録2:17と語った。聖霊が注がれると、幻や夢を与えられ、教会が誕生していった。まさに幻(ビジョン)がなければ、教会は誕生しなかったとも言える。上尾教会も48年前、上尾開拓の幻が与えられた一握りの人(西川口教会の井置利男牧師と大原つゆ子さん)によって始められた。

ペンテコステの日に、誕生した教会の大きなしるしの一つは「祈り」であった。主の約束を信じ、待ち望んで祈っていた人たちの上に聖霊は注がれたのである。幻を見る者とは、祈る者である。祈りのあるところに、幻がある。幻は、人間的な目標とか期待とかというようなものではない。今日、少子高齢化の中で、教勢が振るわず、人間的には夢や希望を持ちづらい現実がある。「開拓伝道」という言葉は死語になり、教会の「合併」「閉鎖」という言葉を耳にする。財政面から牧師を招けない教会もある。しかし、そのような中で、神は私たちに幻を与え、夢を与えてくださる。私たちは、大いなる御業を成してくださる神を信じて、絶えず祈る者でありたい。

幻を見ることは、決して楽なことではない。そこには犠牲が伴うからである。幻を見たペトロは、カイサリヤにいた百人隊長コルネリウスの家を訪ねるが、そのことを知ったユダヤ人たちから大きな非難を浴びることになった。幻を見たパウロは、彼に約束されていた地位や輝かしい将来などすべてを捨てて、命がけで福音を語る者となった。パウロはトロアスで「マケドニヤ州に渡って来て、わたしたちを助けてください」と叫ぶマケドニヤ人の幻を見た時、まだ行ったことのない地に足を踏み入れていく。幻を見るということは、犠牲を払って、一歩を踏み出していくことである。

幻を見ることに、年齢は関係ない。自分が生きている間にその幻が実現することを願うが、実現しなかったとしても、聖霊によって見せられた幻は生き続け、受け継がれていく。初めは一人の幻かもしれない。しかし、それはやがて教会の幻となっていく。聖霊がすべての人に注がれ、すべての者が幻を見る者へと変えられていく。ペンテコステの日に注がれた聖霊は、今も私たちに、大いなる幻を見せてくださる。

協力伝道の豊かさに感謝!

昨年10月に開かれた「連合結成50周年大会」の分科会で諸教会の課題を分かち合う時を持った。秋山純子さん(妻)は、上尾教会は9月の台風24号で牧師館の屋根が飛んで、その修理のために多額の費用がかかることが大きな課題だと分かち合ったところ、同じ分科会に出席していた連合会計の安藤正さんから「連合のきたかん2号ファンドに該当するので、申請を出してみてはいかがですか。」と勧められたそうだ。家に帰って、妻からその話を聞いたのだが、私は「上尾教会ぐらいの規模の教会は連合の支援に頼るのは申し訳ない。」と取り合わなかった。しかし、その後に開かれた連合委員長会議で安藤さんから、「上尾教会の牧師館屋根の修理代は該当するので、遠慮しないで申請してください。」と勧められた。確かに、「きたかん2号ファンド」の適用範囲に「事故・災害等、教会の施設、牧師館被災の復旧費支援。天変地異、第三者加害、過失による被災にかかわらず支援する。」とある。そこで執事会に諮り、「できる限りのご支援をして頂けましたら幸いです。」と、支援希望額は書かずに、申請書を提出した。

そして、連合役員会、連合委員長会議、最後に連合総会に諮られて、上尾教会への支援が承認された。その支援額は、なんと屋根修理代約138万円の内、保険会社から下りた約42万円を除いた自己負担額約96万円の全額を支援するとの決定であった。きたかん2号ファンドは潤沢に資金の積み立てがあるわけではない。それにも関わらず、190万円の積み立ての中から、その半分以上の支援金96万円を先週上尾教会の口座に振り込んでくださった。上尾教会が牧師館を買ってリフォームしたばかりのところに屋根が飛んで大変だと聞きつけた諸教会は、尊い献金で積み立てた「きたかん2号ファンド」を惜しみなく上尾教会のために捧げてくださったのである。

私は、マケドニア諸教会を思い出した。エルサレム教会の苦境を聞いたマケドニア諸教会はどうしたか。「彼らは苦しみによる激しい試練を受けていたのに、その満ち満ちた喜びと極度の貧しさがあふれ出て、人に惜しまず施す豊かさとなったということです。」Ⅱコリント8:2。マケドニア諸教会の人々は、苦しみを伴う激しい試みに遭い、極度に貧しくなっていた。しかし、その苦しみや貧しさの中で、「喜びが満ち満ちて」「人に惜しまず施すことができる豊かさ」に生きたのである。協力伝道とは、自分が富んでいるからできるのではない。むしろ、自ら痛みを負いながらも、他者の痛みを負う生き方である。協力伝道の豊かさに与った上尾教会も、その生き方に倣いたいものである。

小羊会 開始!

小羊会はじまるよ〜\( ˆoˆ )/!

 

小羊会とは、月一回行われる小学生対象のいわばクラブ活動のようなもの。いつも教会に来ている小学生がメンバーです。上尾教会ではプレ小羊として、4歳のお友だちも一緒に始まりました(≧∀≦)

 

みんなをお迎えに「こひつじ号」発車!

みんなー!乗って〜〜

さぁ!小羊会へ  しゅっぱーつ!!

 

これからみんなが使う「こひつじかいノート」に名前を書いて、さっそく今日のメインイベント!

 

「自分でお弁当を作っちゃおう〜❣️❣️」

 

いつもはママが作ってくれるお弁当。今日はからっぽのお弁当箱に、自分で好きなものを好きなだけ入れちゃう!

リーダーは、一口ゼリーだらけのお弁当ができちゃうかな?お野菜は入れないかな?と勘ぐっていましたが、「どうしようかなー?」「これと…も一つこれと…」と出来上がっていくお弁当箱をのぞくと、意外にも彩りもバランスもバッチリのお弁当が出来上がり〜〜!

じゃん!(≧∇≦)!

 

神さま

このお弁当をありがとうございます!いっぱい食べて元気な心と身体にしてください😌

 

いっただっきまーす!

自分で詰めたお弁当は格別に美味しいねー!

みんなきれいに完食👍❗️

また来月ね(^o^)/♪♪

 

 

 

方向転換 ~神の恵みによって   金丸 真(仙台長命ヶ丘キリスト教会牧師)

この度は、上尾教会の皆様と礼拝をささげることができる恵みをいただき、神に感謝いたします。私は仙台で生まれ、仙台で育ちました。大学卒業後、児童館職員として働いていましたが、神の招きによって献身し、福岡有田バプテスト教会の牧師となりました。そして現在は、不思議なことに、子どもの頃から通っていた出身教会である仙台長命ヶ丘キリスト教会の牧師として立たされています。思い返すと、私の歩みは悔い改めの連続でした。

「悔い改め」と聞くと、私たちはどんなイメージをもつでしょうか。なんだかうつむいて、自分の罪を悔いるという、少し暗いイメージがあるかもしれません。しかし新約聖書において、普通「回心」、「悔い改め」と訳される「メタノイア」という言葉の原意は、必ずしも「悪い事を悔いて改める」という倫理的な意味ではありません。むしろ、自分勝手に生きてきた歩みから神の方向に「方向転換する」という意味で理解したほうがよいと言われます。そう考えると、キリスト教会が宣べ伝えている「悔い改め」は、新しい生き方への「方向転換」であり、明るい希望に満ち溢れている出来事であるとも言えます。

私たちは、立ち止まれないような忙しさの中で日常を生きているのかもしれません。なんだかおかしいと気付きながらも立ち止まれない、聞かなければいけない声があるはずなのに、語らなきゃいけない言葉があるはずなのに、目に見えない何かにくるまれて、急かされるように時間と共に流されていく日々。教会は、そんな日常の中で貴重な「立ち止まれる場所」です。心を静め、立ち止まって自分の歩みを振り返り、隣人の命に思いを馳せ、神に「方向転換」できる場所。しかもそれは努力や根性で成し遂げられるものではなく、様々な出来事との出会い、様々な命との出会い、そしてイエス・キリストとの出会いの中で心が開かれ、その心の窓に神さまからの風がびゅーっと吹きぬけたとき、成し遂げられる方向転換です。

そのような、神の恵みによって起こる方向転換が、今日から始まる一週間の歩みの中で起こりますように。私たちが勇気をもって立ち止まり、本当の自分らしさを獲得し、他者の命を喜び、イエス・キリストと共に生きる豊かさを深く知る者となりますように、心からお祈りします。