Author: ageo

Home / Articles posted by ageo

主の忠実な管理者       教会員

私に今、与えられている奉仕は、友愛チーム(車での送迎)、伝道委員、会堂掃除(年4回)、雑草取り、礼拝時の受付(第4週)です。大変なのは、雑草取りです。夏の暑さ、冬の寒さ、雨の日など、天候に左右されます。始めるにあたり、継続できるか不安がありました。なんとか10年以上続けることができている恵みに、感謝です。

『主の忠実な管理者として』の教本から学びました。

私たちクリスチャンは教会員として、主に対する務めを果たす責任を持っています。「奉仕」などに気が乗らないこともあるでしょう。しかし、責任として、自分を強いてしなければなりません。私たちは、キリストの体の肢体です。もし、責任をないがしろにすれば、他の肢体(教会員)に負担をかけてしまいます。そのために、他の肢体に傷を負わせることさえあるのです。責任感も、御言葉をよって育まれます。なぜなら、責任を果たすことは、共に働く者に対する愛の行為だからです。

忘れてはならないことは、私たちが神によって選ばれたとするならば、その選ばれたことに対する責任は非常に大きい。選ばれた者は、選ばれなかった者以上に、きびしく問われる存在なのである。そして、選ばれたのは、神に「仕える」ために選ばれたのである。神の恵みを、福音を、地の果てまで宣べ伝えるために、選ばれたのである。そういう器として選ばれたのである。

主イエスは「明日のことを思い煩うな」と言われた。それは、明日は明日の風が吹くので、その場限りの生活をせよ、と言われたのではない。明日は、神のものだから、それは神に「委ねて」、むしろ、今日与えられた使命にしっかりと立って生きていく、それが大事だということである。

「主日礼拝」「祈祷会」を優先して、神にささげ、隣人に「奉仕」することへと広げる生活設計を立てましょう。

「だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」マタイによる福音書6:34

小さな奏楽者  教会員

私は小学2年生のクリスマスにバプテスマを受けて、その翌週から礼拝の奏楽者になりました。今からもう30年近く前の話です。あの時は特に不思議には思いませんでしたが、今考えてみると“なんて小さい子供がピアノを弾いていたんだろう”と思います。

当時、上尾教会には礼拝の前に「アッセンブリーアワー」というゴスペルを歌う時間がありました。私はその時間をとても楽しんでいたと思いますが、会衆の歌声を聞いて弾くというのには程遠く、何やら好き勝手に弾いていたと思います。弾く時になって、楽譜の用意をしておらずパニくる、会衆がついていけないスピードで弾く、ということも多々ありました。旧会堂ではアップライトピアノが壁に向かって置かれており、奏楽者は講壇に背を向けて座る状態でした。バプテスマがある時は、講壇を外してその下の水槽に水を貯めていたため、すぐ横でピアノを弾いていた私は、いつピアノの椅子が動いて私ごと水の中に落ちてしまうのではないかとヒヤヒヤしていました。またある時は、葬儀でピアノを弾くこともありました。自分のすぐ後ろに置かれた棺に泣きつく家族、その悲しみを背中に感じながら弾いたピアノはとても重たかったのを、子供ながらによく覚えています。

こんな私の奏楽人生ですが、いつもその奉仕の背後には教会の皆さんの祈りと励ましがありました。私が弾くピアノを皆さんが喜んでくださる、それが私にとっても嬉しかったです。旧会堂時代、人が入りきれなくなった時から1日に2回礼拝を捧げるようになりました。そうなると、奏楽も1日に2回まわってくることがあり、正直「面倒くさい」という空気を前面に出しながらピアノを弾いていたこともあります。それでもやはり、教会の皆さんは喜んでくださいました。「真奈ちゃん、今日もピアノよかったよー」と声をかけてくださいました。小さな奏楽者は、皆さんの忍耐と愛によって育てられてきたのです。

そして、神様もどんなにかこの小さき者の奉仕を喜んでいてくださったことでしょう。イエスを背中に乗せた子ロバのように、人間の目には取るに足りない者でも、主は十分に用いてくださるのです。余裕のない日々を過ごす私にとって、奉仕は時に負担に感じる時もあります。それでも、神様の喜んでいる姿を思い浮かべる時、なんとも言えない幸福感に心が満たされるのです。だからこれからも、与えられた賜物を用いていきたいと思います。

愛の共同体         教会員

私は、神をよく理解しないまま、「神を信じた」。現在、私は信仰告白委員、礼拝委員、財務委員、総務委員(慶弔委員)として神様に用いられている。驚くことに、慶弔委員を機に、キリスト教葬儀社に転職をした。私は、自分でも止められない急な流れに、今身を任せるしかない。

上尾教会は、イエス・キリストをかしらとする「愛の共同体」である。私たちは、このキリストにある交わりの共同体の体をしっかりと整えて初めて、神の福音を隣人に宣べ伝えていける。しかしながら、信徒の高齢化が進み、奉仕者が限られてきた。従って子育ても終わり、車の運転が可能で、時間の余裕のある私が、4つの奉仕を任されているのである。何度も奉仕が多いというアピールをしてきたが、一笑に付される。とても私に、これらの賜物があるとは思えない。なので、秋山牧師は、気の毒なぐらい熱心に私を教え育ててくださるのである。

かつて執事をしていた時、神学校の信徒説教の学びをさせて頂いた。そこでの気づきが、私の教会観を変えた。信仰告白委員になり、キリスト教の信仰告白の歴史から、各教会の信仰告白文を学ぶことにより、自分の教会をそれまでと違った角度から考えることができた。総務委員として奉仕をしていると、教会の教勢、会堂の設備、備品、奉仕、教会員のことに目を向け、財務委員として現在の教会の経理全般を考えるようになった。私は、様々な学びをすればするほど、知恵や技術ではなく、「祈り」の大切さを知る。神様でなければできないことだらけである。まさに、身をもって「愛の共同体」を感じるのである。

しかし、奉仕ができないから神様との関係が浅いというのでは決してない。神様は、全ての人に対し、それぞれの形で神様との関係を深めていくご計画がある。神様は、お一人おひとりを愛してくださっているからである。力のない自分がどう用いられるか、計り知れないが、楽しみになる。私は、自分に与えられた奉仕を通して、教会での主にある交わりを豊かにし、神様との関係を深めていきたいと心から願う。そして、神様の愛をこの教会で、一人でも多くの人に伝えていければ幸いだ。

「キリストにより、体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっかり組み合わされ、結び合わされて、おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、自ら愛によって造り上げられてゆくのです。」エフェソの信徒への手紙4:16

 

命にもまさる恵み

生きる上で一番大切なものは何か。それは「富」でも「名声」でもなく、「命」である。主イエスも、「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか。」マルコ8:36‐37と言われ、富や名声、財産をどんなにたくさん得たとしても、自分の命を買い戻すことができないほど、命は大切なものであると教えられた。それ故に、親はわが子が危険な目に遭いそうな時、「あぶない」「ダメ」と大声で自分の命を守ることを教えるのである。

それほど大切な命であるが、先週の祈祷会で学んだ詩編63:4には、「あなたの慈しみは命にもまさる恵み。」と記されていた。主の慈しみは、命を超える恵みとして私たちに与えられているという。この「命にまさる恵みとは何か。そのことを考えていた時に、星野富弘さんの詩を思い出した。いのちが一番大切だと思っていたころ 生きるのが苦しかった いのちより大切なものがあると知った日 生きているのが嬉しかった」この「いのちより大切なものがあると知った日」とは何か。それは星野さんにとって、主イエスに出会った日。主に出会い、罪を赦していただき、神と共に生きる永遠の命に与った時から、不自由な生活の中でも、生きているのが嬉しくなったのではないか。

樋野興夫先生も、命が尊いことは確かですが、“自分の命よりも大切なものがある”と思ったほうが、私たちは幸せな人生を送ることができるようです。“命が何よりも大切”と考えてしまうと、死はネガティブなもの(命の敵)になり、ある時を境に死に怯えて生きることになります。命よりも大切なものを見つけるために、自分以外のもの、内から外に関心を向けてください。あなたに与えられた人生の役割や使命が見えてくるでしょう。」と語られていた。

「自分の命より大切ものがある」と気づく時、愛や信仰、正義や自由のために自分の命を投げ出しても惜しくないと思えるのではないか。アウシュビッツで「私は妻子あるこの人の身代わりになりたい」と申し出て代わりに死んだコルベ神父にとって、見ず知らずの人の命は自分の命より大切なものであった。『平和の祈り』の中に、「死ぬことによってのみ、永遠の命に生きることを深く悟らせてください」という言葉があるが、その永遠の命に与るために、自分の命を捧げることもいとわないとする行動(使命)が生まれるのではないか。「使命」とは、「命を使う」身を削ることである。主は私たちのために尊い命を捨ててくださった。それによって、罪赦され、永遠の命に与ることができた。この主の慈しみに応えるところに、「命にまさる恵み」に与ることができるのである。

主に望みをおく人は新たな力を得る

主に望みをおく人は新たな力を得る

「主に望みをおく人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」イザヤ40:31。今年度のこの聖句を、噛みしめている方も多いことだろう。私たちの人生には、病気や心労のために、弱ることや疲れることが何と多いことか。先週のアシュラムの時、一人の方が証をしてくださった。癌にかかり、医師からは「もはや手術ができない状態です」と言われて落ち込んでいた時、アシュラムの仲間が色紙に慰めの言葉を贈ってくださった。その言葉に励まされ、手術をしてくださる医師にもめぐり逢い、関西の病院にまで行って手術を受けられた。「私はこんなに元気になりました。神様に委ねるとはどういうことか学びました。生かされた命を神様のために用いたいです。」その言葉に、私たちもどれほど励まされたことだろうか。

外的条件が整った人が「新たな力を得る」のではない。そうではなくて、「主に望みをおく人」が疲れから解放され、「新たな力を得る」のである。私たちは、常に何かができる自分の方に目を向けがちだが、「望みをおく」ことの中心は、自分の無力さを認めながら、ただ主の救いを必死に待ち望むことである。できるとか、できないとかの人間的な枠を超えて、神の御業に期待することである。今、「主に望みをおく人」の心に、主ご自身が入って来てくださり、死に打ち勝たれた主の力が働くのである。

私たちの造り主に望みをおく信仰以外に、弱り果てた心を再び強くし、命を得る道はない。私たちが今、疲れ果てているならば、命の根源である神への信頼を失っていないかどうか点検してみる必要がある。私たちは、いずれ死に至る。そういう意味において、私たちは徐々に弱り果てていく存在である。それなのになぜ、「鷲のように翼を張って上る」ことができるのか。それは、「わたしを信じる者は、死んでも生きる。」ヨハネ11:25と主が言われたように、主を信じる者に、「永遠の命」が与えられたからである。だから、「死ぬことなく、生き長らえて 主の御業を語り伝えよう。」詩118:17という主から託された、尊い、喜ばしい使命が私たちには与えられている。

神の恵みを語り伝える時、人は生きている喜びを最も感じることができる。この喜びは、この世からは決して得ることができない喜びである。私たちは主から新たな力を得て、「主に望みをおく私は、鷲のように強く生きることができる。」と主を証し、行く先々で、主の御業を語ることができる。主に望みをおく、「信仰の翼」があれば、たとえ困難な状況にあったとしても、そこから飛び立つことができるのである。

みんな「おんなじいのち」

「ずっとこの生活を続けたいから、もう(放火は)繰り返さない。こんな気持ちになったのは初めて」小柄な男性が米寿の祝いにもらった色紙と花のポットを自室で誇らしげに見せてくれた。北九州市に住む福田九右衛門さん(88)は軽度の知的障害があり、前科11犯。だが、刑務所を最後に出所した2016年から3年以上、穏やかに地域生活を営んでいる。福田さんを支えるのは同市のNPO法人「抱樸(ほうぼく)」約30年間ホームレス支援の活動をしてきた牧師の奥田知志理事長(56)が設立した。法人本部の「抱樸館」の中にある「ついのすみか」と呼ばれる天涯孤独な人のための施設が、福田さんの住まいだ。

福田さんは74歳だった05年12月末、刑務所を出所。行くあてもなく、万引をして警察に保護されたり、自治体の福祉事務所に連れていかれたりした。だがどの公的機関もその場限りの対応に終始し、福田さんに居場所を提供することはなかった。出所から8日後の06年1月上旬。寒さをしのいでいたJR下関駅の木造駅舎を追い出されると、未明にライターで火を付けた旅行パンフレットを駅舎脇の段ボールに投げ入れ、駅舎を焼失させた。逮捕後、動機について「刑務所に戻りたかった」と供述。累犯障害者の象徴的な事件だった。

事件の4日前、福田さんが立ち寄った北九州市でホームレス支援の新年の炊き出しをしていた奥田理事長は「あの時に巡り合っていれば…」と、痛恨の思いで逮捕後から面会や手紙のやりとりを重ねた。08年3月の山口地裁判決は懲役10年。奥田理事長は「社会の中で生き、死んでいくのがあなたの責任。待ってるよ」と伝えた。福岡県の「地域生活定着支援センター」の運営も受託するなど環境を整え、約束通り、仮出所した福田さんの身元引受人になった。「それまで刑務所に迎えに来てくれた人はいなかった。うれしかった」福田さんは今も当時の感激を口にする。出所後には下関駅を訪れ、謝罪。一時はふらっと行方をくらますなど不安定な時期もあったが、今はすっかり落ち着き、奥田理事長と一緒に、経験を語る講演活動もしている。

抱樸のモットーは「おんなじいのち」属性や条件で人を排除しない。成育歴や疾病などは解決できなくても、トラブルや困り事に家族のように寄り添う。仲間が亡くなったときは、すぐそばの東八幡教会で見送る。看取りまで関わり続けるのだ。

「全国新聞ネットニュース」より