新しい命に生きる

Home / 週報巻頭言 / 新しい命に生きる

イースターの出来事は、私達の人生を全く新しくさせるターニングポイントではないか。それは私達が復活の主を信じることによって、死は終わりではなく、死に打ち勝つ確かな希望と力が与えられるからである。「私達はバプテスマによってキリストと共に葬られ、その死に与るものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、私達も新しい命に生きるためなのです」ローマ6:4と、パウロは私達が主の復活の命に与るためには、主を信じてバプテスマを受けることが大切であると語る。バプテスマには「浸す」と言う意味がある。それは古い自分に死んで、主の復活の命によって、新しい自分に甦ることを表す。その古い自分が主と共に死ぬことによって、罪から解放され、主と共に新しい命に生きる者となる。

この「新しい命に生きる」ためには、自分の決意とか、意気込みによるものではなく、「キリストに結ばれる」ところから始まる。これが、救いでありバプテスマである。信仰を持ってバプテスマを受けた人は皆、キリストに結ばれる。誰でも新しくなりたいと願って生きているのではないか。しかし、どうすればよいか分からず、悩んでいる人もおられるだろう。しかし、キリストが死から復活して下さったことにより、新しい歩みへの道が開かれるのである。自分の力で頑張ることをやめて、神に全てを委ねるなら、神の大きな愛と恵みによって生かされることを見い出すだろう。それが、「キリストに結ばれる」者に、神が与えて下さる「新しい命に生きる」ことである。

バプテスマを受けるとは、罪の中を生きて来た古い自分と決別し、キリストと共に、新しい歩みを始める出発の時である。その出発の時を迎えて頂きたいと切に願っている。古い自分を十字架につけ、主にある復活の命に生かされて行くなら、どれほど生きることが楽になるだろうか。マルティン・ルターは人生の暗黒の時期を通った時、繰り返しある言葉を唱えた。それは、「私はバプテスマを受けている」という言葉である。「バプテスマによって、キリストの御名が私に刻印されたのだ。神の愛は、変わることはない」と言って、ルターは、失望落胆の沼に沈むことから救われた。

主が私達の罪を赦すために、十字架で死なれ、3日目に復活して下さったが故に、私達はもはや古い自分に戻ることはない。ですから、主を信じることによって、古い自分に別れを告げ、復活の主の命に満たされて、新しい人生の歩みへと踏みだそうではないか。今日のイースターを、人生のイイスタート(・・・・・・)にしたいものである。