愛は無関心であってはならない

Home / 週報巻頭言 / 愛は無関心であってはならない

最近、米軍基地や原発問題を漫才にした、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」が話題になっていたので、私もyou tubeで観た。すると、その笑いの中にも、笑えない事実が指摘されていることに気付かされた。

「東京で行われるオリンピックは?日本全体が盛り上がる」「沖縄の基地問題は?沖縄だけに押し付ける」「楽しいことは?日本全体のことにして」「面倒臭いことは?見て見ぬふりをする」「在日米軍に払っている金額は?9465億円」「そういった予算は何という?思いやり予算「アメリカに思いやりをもつ前に沖縄に思いやりをもて!」と観客席を大いに盛り上げて、最後に「だから本当に危機を感じないといけないのは?被災地の問題よりも、原発問題よりも、基地の問題よりも、北朝鮮問題よりも、国民の意識の低さ!」そして観客席に向かって、「お前たちのことだ!」と締めくくった。

お笑い業界では、時事ネタ関連はタブー視されており、クレームなどのリスクを考慮してあまり触れるグループはないようだが、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏はこのような風潮に疑問を投げ掛け、遂に時事ネタを大々的に披露した。「社会問題に関心はなかった」という村本さんは、友人でジャーナリストの堀潤さんから沖縄の歴史を学び、「沖縄戦で10代の少年が銃を持たされ、今も米軍基地の7割が集中する。それは理不尽。日本にとって沖縄は何なのか」という疑問を素朴に感じたという。

そして、「日本で本音をいうと炎上する。うそばかり建前の国だ。ゴールデンのお笑い番組で辺野古、原発という言葉が出ただけで大騒ぎする。笑いは王様や権力の上にある存在だと思う。リア王では芸人(道化師)が王の間違いを指摘した。社会に牙をむき、かみつくのが芸人だが、首輪をされた芸人ばかりでテレビがつまらない。基地や原発のネタの後、お笑いをやって初めて『ありがとう』と言われた。その言葉を各地で返したい。沖縄や仮設住宅で一生懸命訴える人の話を聞き、フラストレーションをお笑いに変える。無色の空気やニュースにネタで色を付けたい。」と持論と抱負を語っていた。

マザーテレサは、「愛の反対は、憎しみではなく、無関心である。」と言ったが、この社会の只中に存在する教会、私たちキリスト者も、社会の出来事に無関心であってはならない。理不尽なこと、差別や偏見で苦しむ人がいるなら、自分の表現方法を用いて、声を上げていこう。「主の愛に生きる教会」として、わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」ヨハネ15:12この主の掟の実践が問われている。