実りある伝道懇談会にするには

Home / 週報巻頭言 / 実りある伝道懇談会にするには

本日、伝道懇談会を迎えた。私たちに託された伝道の使命を果たしていくためにどうしたらよいか、収穫の主に願いつつ、皆さんで語り合い、知恵を出し合いたい。伝道とは「道を伝える」ことである。主の救いの道を伝えることである。主が私の人生にどれほど大きな救い(十字架の赦しと復活の命)を与えてくださったか、喜びをもって伝えることである。しかし、伝道という言葉は今日の教会ではあまり使われなくなった。かつては2~3日連続で行っていた「伝道集会」も集う人が少なくなり、一日だけの集会になった。それでも伝道は、教会にとって大切な使命である。

「高齢者伝道」・・高齢社会が進む中で、高齢者に対してどのような働きかけが必要か、又、高齢者に協力できることは何か、更に、高齢者としてどのように教会に仕えることができるか等について、それぞれの立場になって話し合ってみたい。三井住宅や第一団地・第二団地は高齢化が最も進み、独り暮らしの方も多い。対話する人を求めたり、病や死の不安を抱えている高齢者も多くおられることだろう。

「親子伝道」・・子どもを主に導くために、子どもに対して、親に対して、どのような働きかけが必要か、話し合ってみたい。親子が一緒に礼拝に出席するために、教会は何ができるか。教会と子育て中の親との話し合いの場は持っているか。子どもたちは周りの大人を見て、自分がどうあるべきかを学ぶ。私たちの信仰姿勢、どんな姿勢で教会生活を送っているか、子どもに見られていることを忘れてはならない。

「青少年伝道」・・現代を生きる青少年は教会に何を求めているのか。そして、教会は青少年に何を求めているのか。私たち教会に青少年の居場所はあるのか。かつて日本の教会は「青年の教会」と言われた。10代、20代の青年が聖書を求め、生きる目的を求めて、教会を訪れ、信仰に導かれた。しかし、今日、様々な問題を抱えて心病む青年が教会を訪ねるケースが多い。主は「御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。」マタイ9:35。心病む青年の居場所に教会はなれないか。

「迎える伝道」・・私たちの教会は地の利の良さから、新来者や外国籍の方も礼拝によく来られるが、どんな思いで来られているのだろうか。又、一回だけの方が多いので、継続して頂くために、どのような取り組みが必要なのか。個人的に親しくなると、集いやすくなるものである。「誰々さんがいてくれたから、安心して来れました」という声をよく聞く。親しくなるためには、どのような事に心がけるとよいのか。