主を賛美するために民は創造された

Home / 週報巻頭言 / 主を賛美するために民は創造された

人は何のために創造されたのか。詩編102編19節には、“後の世代のために このことは書き記されねばならない。「主を賛美するために民は創造された。」”とある。主を賛美する」こと、これが私たちが創造された目的である。アウグスティヌスは、「人間はあなた(神)に向けて創られました。人間は、小さいながらも被造物の一つとして、あなたを讃えようとするのです。喜んで、讃えずにはいられない気持にかきたてる者、それはあなたです。あなたは私たちを、ご自身に向けてお造りになりました。ですから私たちの心は、あなたの内に憩うまで、安らぎを得ることができないのです。」(『告白』)と語る。

もちろん、神を賛美しない生き方もあるだろう。どちらを向いて生きるのも自由である。「わたしたちは舌で、父である主を賛美し、また、舌で、神にかたどって造られた人間を呪います。同じ口から賛美と呪いが出て来るのです。」ヤコブ3:9-10とあるように、私たちは毎週、礼拝で主を賛美するが、その同じ口で、人の悪口を言い、非難し、呪うことはないか。では、私たちはどうしたら良いのか?語らなければ良いのか?そうではない。私たちは実際、多くの人に大目に見てもらって、赦されながら語っている。そして、究極的には天の父である神に赦されながら語っている。赦されなければ語れない存在、赦されなければ生きられない存在、それが私たちである。その事を忘れないで、主への感謝を賛美し、人を慰め、励ます言葉を発していきたい。

先日、「メディカル・カフェ」で樋野興夫先生から、どんな言葉や姿勢が人を慰めるかを学んだ。その中で、宝塚歌劇団の舞台裏に貼られているブスの25ヵ条」に気をつければ、生きる力を引き出す寄り添い方になると教わったので、下記に紹介したい。

1.笑顔がない 2.お礼を言わない 3.おいしいと言わない 4.目が輝いていない

5.精気がない 6.いつも口がへの字の形をしている 7.自信がない 8.希望や信念がない 9.自分がブスであることをしらない 10.声が小さくイジケている 11.自分が最も正しいと信じている 12.グチをこぼす 13.他人をうらむ 14.責任転嫁がうまい 15.いつも周囲が悪いと思っている 16.他人に嫉妬する 17.他人につくさない 18.他人を信じない 19.謙虚さがなくゴウマンである 20.人のアドバイスや忠告を受け入れない 21.なんでもないことにキズつく 22.悲観的に物事を考える 23.問題意識を持てない 24.存在自体が周囲を暗くする 25.人生においても仕事においても意欲がない

「主を賛美するために民は創造された。」のだから、これとは正反対に生きたい。